« 戸田選手。(本物) | トップページ | 8/9巨人-西武(2軍) »

FEVER PITCH

 たった2,3日で読み終わってしまった。「ぼくのプレミア・ライフ」(N・ホーンビィ、新潮文庫)。
この本は、アーセナルの熱狂的なファンの著者の自伝(のようなもの)で、いかにアーセナルが著者の人生に影響を与え、または象徴するものだったかをつづっている。(簡単にまとめすぎだが)

 で、一番この本を読んで思ったことは、「これは自分のことか?

 私はホームゲームの全てを観戦しているわけではないし、試合中に「いつものように負けるだろう。」とは決して思わない。(むしろ後半30分過ぎに2点負けていても、「まだ何とかなるんじゃないか」と考える人間だ。)

 しかし、問題はそういったことではない。アーセナルの調子が著者の精神状態にも影響を及ぼすのと同様に、私もエスパルスや巨人から影響を受けている。また、何度もチームから離れようとしながらもできないでいる、というのも身に覚えがある。(エスパルスは1stステージ3勝だったが、その理由で出かけなかったことはない。)

 他にも痛いほど、共感できるところがあった。自分もおそらく、この著者のような生活を送っていくんだろうな、というのが一番の感想。できることなら、この著者ほどひねくれてしまう前に、エスパルスにはもっと勝ってほしいなあ。もっと日本平に行くようにするから…

|

« 戸田選手。(本物) | トップページ | 8/9巨人-西武(2軍) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/1088531

この記事へのトラックバック一覧です: FEVER PITCH:

« 戸田選手。(本物) | トップページ | 8/9巨人-西武(2軍) »