« 9/19法政-立教 | トップページ | 9/23アントラーズ@鹿島 »

9/20立教-法政(1千勝達成!)

 ついに1千勝に王手!ということは、ほとんど話題にならない。この日の主な話題は、プロ野球再開。いや、もちろん、それは大変いいことなんだけども…

 先発は福山。1回表、いきなり多幡にタイムリーを打たれ、0-1。しかし、4回裏、無死満塁から松浦の犠飛でまず同点。そして続く田中彰が、バックスクリーン左まで飛ばす豪快な3ラン!4-1。一気に盛り上がる。一瞬、後藤武敏(現:西武)が上重から打ったホームランを思い出してしまった。

 こうして流れをつかんだ法政は、6回に、この日先発に入った御手洗のタイムリーで1点、7回には大引のレフトへの2ラン。この時、1千勝は確実と思われた。

 しかし、野球はコワイ。8回、好投の福山が乱れ無死満塁にされると、多幡に押し出しの死球。そして、続く4番・比嘉にライトスタンドへ。あっという間に1点差に迫られる。ここで、前日好投の平野貴をマウンドへ送り、後続を抑える。

 しかし、9回、バント処理の乱れ等から再び無死満塁。迎える多幡に、今度は押し出しの四球(もしかしたら8回が四球で9回が死球かも。記憶が混乱してる)。ついに6点差を同点にされる。さらに、前打席本塁打の比嘉。しかし、ここでマウンドにあがった中野が1塁ゴロ、ホーム封殺。一息つく。しかし、次の打者がスクイズ!運よく投手正面で中野が冷静に処理し、ホームゲッツー。なんとか同点でしのいだ。

 試合は延長戦。中野、平田両投手が好投して、どちらも点がとれない。12回表、比嘉をなんとか打ち取った後、打たれ、ついに勝ち越し点を与えてしまう。しかし、この攻撃で平田に代打を送ったため、試合が動く予感があった。

 12回裏、立教は前日の先発、日野をマウンドへ。先頭の普久原が倒れた後、2番・山下がレフト前へ。このとき判断よく2塁まで進む。続く大引の打球は3塁を強襲し、拾いなおしたサードが山下をタッチにいくがセーフ。内野安打で1死1・3塁。ここで代打・犬童。ライトフェンス際への打球は、一度ライトがグラブに入れたものの落球。同点2塁打になり、なおも2・3塁。続く松浦健を敬遠したところで、田中彰への初球が暴投!3塁走者が手を上げながらホームイン。8x-7。

 最後は暴投によるサヨナラ勝ちとなったが、そこまで双方とも粘り強く戦い、素晴らしい試合だった。野球の面白さと怖さが全て入ったような試合。このような試合が1千勝目になったことは、偶然ではないような気がする。

|

« 9/19法政-立教 | トップページ | 9/23アントラーズ@鹿島 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/1491867

この記事へのトラックバック一覧です: 9/20立教-法政(1千勝達成!):

« 9/19法政-立教 | トップページ | 9/23アントラーズ@鹿島 »