« 9/26アルビレックス新潟 | トップページ | 10/2ジュビロ@エコパ(アウェイ)) »

10/2法政-明治

 今日はスカパーで観戦。TVで六大学を見るなんて、東京MXTVが中継してた時以来。いったい何年ぶりだろう。(FC東京の中継をするようになって、切られたんだよなあ

 試合は1回表、法政が1死から山下のうまい右打ちから、2死1・3塁のチャンスを作る。ここで、松浦健が体勢を崩しながら1・2塁間を破り先制。さらに田中彰も2・遊間を抜け、幸先よく2点を入れた。
 1点を返された後の2回、2死から山下が3塁線を破る2塁打。続く大引がセンター前にはじき返す。本塁をついた山下と、タッチにいった捕手(返球がレフトよりだった)が接触し、弾いたボールがベンチに飛び込む。2塁を回っていた大引に2進塁があたえられ、ホームイン。4-1となった。
 さらに、3回には田中彰がレフトへ2試合連続のホームラン。さらに植野のソロで2点を追加。6-1として試合を決める、と書きたいが、立教戦では2イニングで6点差を追いつかれている。実際、この試合もここから明治の反撃にあった。

 3回裏、止めたバットに当たったようなヒットと四球で迎えたピンチ。暴投で1点が入り、さらに2・3塁のピンチにセンター深い打球を、返球を焦ったのか普久原が落球、2点が入る。先発の福山はここで下敷領に交代。

 4回表、山下がヒットで出塁した後、四球で満塁。ここで松浦健が三遊間の真ん中を破り、1点追加。続く田中彰が、2打席連続でレフトスタンドへ運び、さらに4点追加。11-4。
 5回表、2死から山下がセンター前に運ぶ。2盗後、3番の大引が左中間スタンドへ運び、13-4。
しかし、その裏には明治も原島が、ライトスタンドへライナーを叩き込み、13-6。7回裏にも、押し出しで1点を返し、13-7。完全な打撃戦、今季初めの巨人みたいな乱戦になってしまった。

 8回表、法政がさらに追加点。松浦健が出塁すると、大当たりの田中彰。1試合3ホーマーとサイクルの期待がかかる中、打球は右中間を破る。3塁を狙おうとしたが、3塁には松浦健がいたためストップ(直後、中継ミスによりホームイン)。サイクルはならなかった。と思う間もなく、代打・村上がライトスタンドへホームラン。16-7。
 9回裏に1点を返されたものの、最後は中野が締め、先勝した。16-8

 sky-Aの中継には、試合後、植野と田中彰のインタビューがあった。植野は締まった表情で、田中彰は顔満面に笑みを浮かべてのインタビューだったが、二人とも、チームはいい雰囲気にあり、この勢いで明日以降も勝っていきたいというようなことをいっていた。たぶん、本当にいい雰囲気なんだろう。

 個々の選手で目に付いたことは、山下の打撃センスのよさ。あの右打ちの技術は素晴らしい。神宮で見たときにはいい選手だな、というくらいの印象しかなかったが、TVで見て凄さがわかった。田中彰は、最初の打席でかなり振り回していた。根本(常総)を思い出すくらい…。しかし、うまく打ってる(ように見える)打席もあったので、力だけじゃないのかもしれない。

|

« 9/26アルビレックス新潟 | トップページ | 10/2ジュビロ@エコパ(アウェイ)) »

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/1573536

この記事へのトラックバック一覧です: 10/2法政-明治:

« 9/26アルビレックス新潟 | トップページ | 10/2ジュビロ@エコパ(アウェイ)) »