« 公開。 | トップページ | 全治6週間… »

05/03/05サンフレッチェ広島

 長谷川健太監督が就任しての開幕戦。今年はプレシーズンマッチがなく、練習試合も非公開ばかりだったため、正直、日本平に行きたくてしょうがなかった。だけど結局、TV観戦…

 新生エスパルスのシステムは4-4-2。DFは右から市川、斉藤、森岡、山西。MFはボランチが伊東テルと杉山浩太。右が復帰した佐藤由紀彦、左に韓国からきたチェ・テウク。FWにチョと久保山。

 キックオフ後、徐々に広島のペースに。しかし、4バックのDF陣が最後のところでふんばり、点を与えない。

 エスパルスは、速攻で左からテウクが鋭い突破を見せ、右からも由紀彦が攻めあがる。しかし、中央の人数が少ないせいか得点することはできなかった。結局、前半を終わって0-0。少し、欲求不満。

 

 後半、急に暗くなった。TVでよかった、ほんの少し思う。

 後半になっても広島のペース。池田昇平が体を張った守備と、セットプレーからの高いヘッドで苦しめる。(こんないい選手だっけ?)

 後半10分頃に佐藤由紀彦が負傷し、担架で運ばれる。すかさず澤登が入る。
「やけに早いなあ?」と思っていると、「このプレーの前に、すでに痛めていたようです」とのレポート。…嫌な予感。

 その後も守る展開が続いたが、後半20分過ぎ、久保山のセンタリングを相手DFがどうしたことかスルー。エスパルスの選手の前へ。ワントラップするとファーサイドへシュート。1-0。アナウンサーが「澤登!」と叫んでる。
やっぱ何が何でも行くべきだった、と思い直す。

 1点入った後、急にエスパルスペース。伊東テルや杉山浩太が積極的に上がり、いい感じ。テウクのセンタリングに、チョと久保山がスライディング!数cm足りなかった。

 後半30分頃、久保山に代えて高木和道。その数分後、クリアボールを拾われてアーリークロス。これをファーで茂木がダイレクトで決め、1-1。

 追いつかれたエスパルスは、杉山浩太から高卒ルーキーのFW財津へ交代。しかし、次第にロングボールが多くなり、チャンスを作ることもできなかった。1-1。

 新しいサッカーが見え隠れするゲームだった。去年とは違うけど、新しいサッカーができたわけでもない。発展途上かな。次のゲームでは、もう少し見えるかも。

|

« 公開。 | トップページ | 全治6週間… »

エスパルス」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/3201330

この記事へのトラックバック一覧です: 05/03/05サンフレッチェ広島:

« 公開。 | トップページ | 全治6週間… »