« 7月のエスパルス | トップページ | 8/14浦和@埼玉(ナビスコカップ) »

7/30 筑波大(練習試合@三保)

エスパルス5-0筑波大

 最近、エスパルスを生で見れなかったので、三保に行ってきた。

 少し涼しくなってきた4時にキックオフ。1本目はボランチに枝村、右に 山本真、左に兵働、トップ下に澤登が入ったほかはフルメンバー。エスパルスは右サイドを中心に何回か形をつくるものの、得点できなかった。平山のいない筑波大も、藤本淳吾のFKなど、惜しい場面があったものの得点できない。

「さすが筑波」

 そう思っていたとき、中央でこぼれたボールを山本真が持ち込み、切り返し、冷静にゴール。1-0

 30分を終わったところで、審判が笛。「そうか、今日は30分×3か」

 2本目は澤登に代わって久保山。2本目は筑波大に押し込まれる時間が続く。特に前からのプレッシャーを高木和道が受ける形になり、ボールがおさまらない。しかし、エスパルスがカットして速攻。右の山本真からグラウンダーの速いクロスを久保山がスライディングで合わせて2-0。さらに2本目の終わりごろ、山本真の左CKに森岡が合わせて3-0。

 3本目。だんだん疲れてきて、記憶があいまいになってくる。

 3本目で大きく入れ替え。和田がセンターに入り、2本目途中から出ていた財津が市川に代わって右サイド。ボランチも伊東、岩下のコンビになり、左に村松、右に純平(2本目途中に久保山に代わった)。さらに西野、岡崎が入る。

 意外にも3本目が安定していた。本職とは違う位置に入りながら、和田と財津はそつなくこなし、財津は純平とのコンビで何度も起点になった。得点は純平のFKかCKに、マークが西野(たぶん)につられたところを、ファーの岡崎がダイビングヘッド。4-0。その後、西野が何度かシュートを外して3本目終了。

 「さ、帰ろうかな」と思って準備したが、誰も帰らない。ま、まさか…

すると筑波大の選手がピッチへ。30分×4本とは…

 4本目に左にまわった純平が、ゴール左前から決めると、10分過ぎくらいに北嶋と交代。拍手が起こる。テーピングでぐるぐる巻きの痛々しい右足だったが、気合は入っていたらしく、完璧なオフサイドを2回とられた。何回かボールに絡んだものの、まだ動きは戻っていないよう。

 結局、5-0。とりあえずメンツがたつような得点になった。筑波大もなかなかよかった。サッカーって楽しいものだなって、久しぶりに思えた。

|

« 7月のエスパルス | トップページ | 8/14浦和@埼玉(ナビスコカップ) »

エスパルス」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/5235847

この記事へのトラックバック一覧です: 7/30 筑波大(練習試合@三保):

« 7月のエスパルス | トップページ | 8/14浦和@埼玉(ナビスコカップ) »