« 11/5 日本-スペイン@秩父宮 | トップページ | 12/18 甲子園ボウル(法政-立命館) »

11/20 柏レイソル@柏

 もう入れ替え戦まで終わってしまって、いまさら感が強いけど、まだ「怒涛の1週間」を書いてなかったので。

 あの平松の決勝ゴールから1年。今年も柏と残留をかけて、同じ11月20日に対戦。ただし、去年と違うのはアウェイの柏での試合、ということ。勝ち点差は1で、負けると入れ替え戦圏内。

 駅から20分近く、道に迷いながら歩いて、やっと日立柏サッカー場に到着。残留の寄せ書きを書いた後、入場。SS席だったものの、運よく周りはオレンジだらけ。

 柏サッカー場は、噂どおりコンパクトなスタジアムで、ピッチが近いだけでなく、売店に行くのもトイレに行くのも簡単。癖になりそう。その代わり、スタンドも小さい。チケットが取りにくかったわけだ。

 キックオフまでにスタンドもほとんど埋まり、 緊迫した雰囲気。

 そしてキックオフ。右からパスがレイナウドに通る。ほんの一瞬の隙に反転してシュート。そのまま右サイドに突き刺さってしまった…。前半15秒のことらしい…

 攻めるしかなくなった。そして攻め続けた。この日初めて右サイドに入った久保山積極的に攻める。「ゴール」コールを何回したかわからない。しかし、決定的な場面で決めきれないまま、前半終了。

 急に不安に襲われた。今日はツキに見放されている。このままツキに見放され続け、入れ替え戦でも同じだったら…

 落ちてたまるか。

 引き上げてくる選手に叫んでしまった。「後半、絶対、逆転してくれ!」

 後半も攻める。が、やっぱり追いつけない。そんな中、後半15分頃、レイソルの小林亮が痛んで矢野貴章に交代。矢野貴章は、リードしているのにも関わらず、右サイドを積極的に上がり、山西と何度もマッチアップ。

 エスパルスも久保山に代えてテウクが左に。テウクもスピードに乗って何度も駆け上がる。メインスタンド側のサイドが激しくなってきた。

 で、後半30分。兵働のCKからPKになるわけだけど、正直、反対側で何があったのかよくわからなかった。PKとわかってからもチャンスとは思えなかった。PKを外して負けた、前節の横浜戦と同じ時間。ただ蹴るのは先週のチョ ジェジンではなくマルキーニョス。そのマルキーニョスは中央に蹴り、同点!いったい、どういう神経をしてるんだか…

 その直後、今度はレイソルがFKのチャンス。ここで、ペナルティエリア内で兵働が倒されて、クレーベルが一発退場。エスパルスに流れが来ている。と言っても、相変わらずシュートは正面か枠の外。

そんな後半44分、チョ ジェジンが左のスペースに落としたところにテウクが走りこんできてシュート!ボールがニアを抜けた瞬間、叫んだ。周りの見知らぬエスパサポと抱き合った。

 ロスタイムは5分近くあった。はっきり言って長かった。カウンターをしたテウクが、あっさりセンタリングを上げたことに、先ほどのゴールの事も忘れて文句を言ったりもした。

 そしてタイムアップ。選手がサイド、バック、メインのサポーターに挨拶した後、監督がもう一度、サイドスタンドに向かい挨拶。この1勝は大きかった。結局、去年と同じ後半44分の決勝点。だけど、来年はこういう演出はいらないから。ほんと寿命が縮む…

|

« 11/5 日本-スペイン@秩父宮 | トップページ | 12/18 甲子園ボウル(法政-立命館) »

エスパルス」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/7319619

この記事へのトラックバック一覧です: 11/20 柏レイソル@柏:

« 11/5 日本-スペイン@秩父宮 | トップページ | 12/18 甲子園ボウル(法政-立命館) »