« 12/18 甲子園ボウル(法政-立命館) | トップページ | 藤田元司元監督、死去… »

1/9高校サッカー決勝(鹿実-野洲)

 野洲 延長戦制し初優勝!(スポニチ)

 目が覚めた。

そのくらい今年の高校サッカー選手権は衝撃的だった。

「フィジカルの鹿実対個人技の野洲」。そういう前評判にふさわしい展開で、両チームとも持ち味を出し切ったと思う。

2連覇を狙う鹿実は立ち上がりから積極的に攻め、後半の運動量が心配になるくらいだった。しかし、その後半34分に野洲を攻め続けて同点ゴールを奪い、110分間戦い抜いた。しかもエースの栫を出場停止で欠いたにも関わらず…

野洲の個人技もすばらしかった。しかし、それ以上にクリエイティブなサッカーをしていることに驚かされた。特に延長後半7分、大きなサイドチェンジから決勝ゴールにいたるパスのつなぎには何度もどよめきが起きた。「おー、おー、うぉー!」という感じ。

「高校サッカーを変え」ることができたかどうかはっきりするのは次の大会以降だろう。ただ、自分の高校サッカーのイメージは変わったことは確かかな。そして、もうひとつ。野洲とユースサハラカップを制したエスパルスユースとが対戦したらどうなったんだろう?ちょっと見てみたかった…

|

« 12/18 甲子園ボウル(法政-立命館) | トップページ | 藤田元司元監督、死去… »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/8085395

この記事へのトラックバック一覧です: 1/9高校サッカー決勝(鹿実-野洲):

« 12/18 甲子園ボウル(法政-立命館) | トップページ | 藤田元司元監督、死去… »