« 7/23 清水1-2京都@雨の西京極 | トップページ | 8/7 日本U-21@中国 »

7/30 ヴァンフォーレ甲府(サテ)@御殿場

 静岡ダービーに行けなかった代わりに、来月の富士山ダービーの前哨戦(?)に御殿場まで行ってきました。

 メンバー表を見ていると、急に周りがざわついてきた。で、視線の先を見ると、長谷川健太監督、大木監督にU21の反町監督と井原コーチ!

 噂には聞いていたけど、まさかこんな(失礼!)ところまで来るとは、正直思ってもいなかった…

恐れ入りました。

清水エスパルス3-2ヴァンフォーレ甲府(オフィシャル)

 天気は曇り。しかし、雨が降っていた影響か、蒸し暑い。ピッチもかなり滑りやすかった。

 フォーメーションはお互いトップと同じ。しかし、試合が始まると、甲府はアライールが前に位置することが多く、ほとんど3-4-3だった。

 キックオフ直後、左CBの岩下のイエローなどバタついたが、すぐにゲームを支配。特に浩太、山本真希のボランチコンビがよく動く。しかし、攻めながら得点できない。

  •  山本真希は個人技でDF裏に出るが、横パス…
  •  浩太は中央からFKを蹴るもののキーパー正面(まさか噂のナックルシュート??)
  •  左からのクロスを矢島が外す…

 そんな前半28分、縦へのフィードにDFが一瞬混乱。ボールを拾った田森がループ。前に出ていた山本海人の頭を越えて右隅に。0-1。

 その直後の31分。今度は矢島が縦パスに反応。GKをかわし、左の角度の無いところからシュート。このシュートはカバーに入ったDFに当たったが、ピッチに足をとられてゴールを許し、1-1。

 前半残りの時間も攻め続けたものの点は取れなかった。交代要員が実質、財津一人なので、飛ばしすぎているのが心配。

 後半開始。甲府は、中盤でバランスをとっていた奈須に代えて堀井。

 後半も始めのうちはエスパルスペース。ただ開始直後の立て続けのCKを逃すなど、やっぱり点が取れない。

 なんとか後半18分、岩下の縦パスから矢島が裏に抜け、前に出てきたGKの脇を抜けるシュート。右隅に決まって、ようやく勝ち越し。

 後半24分には太田に代わって財津。財津がFWに入り、岡崎が左サイド。

 しかし、前半から飛ばしていたために運動量が落ち、甲府に支配される。

 後半27分、甲府のMFが無理な体勢で右(エスパの左)サイドにはたくが、意表をつかれたのか無人…。一気に深くえぐられ、低く速いセンタリング。DFが何とか体に当てたもののファーサイドに上がってきた田森がボレーシュート!2-2。

 終了直前、再びエスパルスの時間帯になり、ロスタイム。財津が倒されて得た、右ペナルティエリアすぐ外からのFK。ファーサイドで森岡が折り返し、岩下がグラウンダーのシュート!3-2。さすがに叫んでしまったよ。

 終了後、選手のコールや「ヴァンフォーレ」コールをしていると、聞きなれた音楽…

歌ってしまいました、「王者の旗」。サテライトでも使われているとは知らなかった。ちょっと得した気分。

あと個人的な感想

  • 矢島:孤立した印象。おそらく強引に前を向くプレースタイルの影響だと思う。それでも2得点はさすが。メリハリをつけて、パス・トラップの精度を高めれば…
  • 真希:うまかったです。でも、もっと思い切りよくいってもいいのでは?
  • 平岡:経験ある須藤とのマッチアップ。まずまずやれていたと思う。
  • 浩太:よかったです。
  • 田森(甲府):2得点のほか、いいミドルあり。同じ大学のOBとして本当にうれしかったし、トップ目指して頑張ってください。

|

« 7/23 清水1-2京都@雨の西京極 | トップページ | 8/7 日本U-21@中国 »

エスパルス」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/11172437

この記事へのトラックバック一覧です: 7/30 ヴァンフォーレ甲府(サテ)@御殿場:

« 7/23 清水1-2京都@雨の西京極 | トップページ | 8/7 日本U-21@中国 »