« 8/26 FC東京 | トップページ | 本田(拓)、Jリーグ特別指定選手に »

9/9 東大-法政(東京六大学)

 フクアリに向かう前に、神宮球場へ行き、秋の開幕戦を観戦。

 後の予定があるだけに「乱打戦になったらどうしよう…」と心配していたが、予想に反しての投手戦。

 東 大 - 法 大 1回戦(東京六大学野球連盟)

1回表:早大総長の始球式(いい球でどよめいた)で開始。すぐに金光監督が球審のところに行き交代を告げる。サードの續木に代わって佐藤康。偵察要員だったんだろうか? 

1回裏:2死から、大引が三遊間を破り、すかさず盗塁。4番・西川の当たりは3塁前に高く弾む打球。サードが猛ダッシュしたが、勢い余って弾いてしまう。さらに西川の盗塁の後、金丸がライナーでレフトスタンド前列に運び3点を先制。

3回表:7番からの攻撃も3者凡退。「あれ?もしかして…」

4回~5回:東大・重信、法政・平野の好投で、どちらもチャンスをつかめない。

6回裏:西川が四球。次はホームランを打っている金丸だったが、バントの構え。「え!」と思ったが、バスターでショートゴロ。西川がスタートを切っていたため、1死2塁。しかし、このチャンスも得点できなかった。

7回表:この回も3者凡退。スタンドもざわつく。「(完全試合は)上重以来か」とか「(法政のノーヒットノーランは)福山以来か」という声が聞こえてくる。自分も1つのアウトごとに緊張し、安堵して、また緊張する。

8回表:先頭の4番・升岡にセンター前にライナーで運ばれる。「あー…」あっさり終わってしまった。ただ、その後はきっちり抑えた。

8回裏:大引が、右にいい当たりを打つもののライトフライ。西川が久しぶりにセンター前にライナーで弾き返す。2死後に盗塁を決めると、大澤はサードの顔付近のライナー。グラブに当てたものの、後ろにそらして(記録はヒット)ようやく追加点。

9回表:いきなり死球。無四球試合も逃してしまう。しかし次の打者にも死球、完封さえ怪しくなってしまった。1死2・3塁となった後、次の打者はセカンドゴロ。ここでサードランナーは、セカンドが前進守備をとっていなかったにも関わらず、ホームに突入しなかった。結局、最後は平野が三振に打ちとって4-0で完封勝利。

 試合時間は2時間かからなかった…

 完全試合は達成できなかったものの、開幕試合ということを考えれば、課題が残ってよかったともいえるかな。そう納得することにしよう。

|

« 8/26 FC東京 | トップページ | 本田(拓)、Jリーグ特別指定選手に »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/11871126

この記事へのトラックバック一覧です: 9/9 東大-法政(東京六大学):

« 8/26 FC東京 | トップページ | 本田(拓)、Jリーグ特別指定選手に »