« 3/17 柏レイソル | トップページ | 7/15 アメフトW杯決勝(日本ーアメリカ) »

アメフトW杯開幕(日本‐フランス)

 久しぶりの更新です。

 日本代表、祝・決勝進出!

 川崎で行われている第3回アメリカンフットボールワールドカップで、連覇中の日本代表はスウェーデン代表を48−0で破り決勝進出。

 というわけで(?)、自分が行ってきたアメフトW杯開幕戦について…

 バスを降りて等々力競技場まで少しの距離、看板とバルーンがすぐに目についた。といっても、他に特別なものがあるわけではなく、いまいち微妙な盛り上がり。

 席についてビールを飲みながら、プログラムをパラパラ見る。…さっぱり見当がつかない。というのも、まずアメフトの国際試合を見た事がない。アメリカは強いんだろうけど、その他の国はどのくらい強いんだろうか?
 しかも緻密なチームプレーを要求されるアメフトで、代表チームはどこまで組織的なプレイができるんだろう?9日間で3試合という強行日程で…

 オープ二ングセレモニーの後、日本の攻撃で試合開始。も、あっさり止められパント、フランスの攻撃に。しかし、そのフランス最初の攻撃で左から山中がうまくQBをつかまえ、セーフティ。意外な形で2点を先制。
 次第にリズムをつかみ、インターフェアもあって、深く攻め込むと最後は石野のランで最初のTD。

2本目のTDはパス。冨沢が右にキープすると見せて、左の米山へパス。そこから
エンドゾーンまで20ヤード近くを走り抜けた。ヨコハマボウルで何回も試していたプレイ。

第2Qも、まずセーフティで追加点。これはフランスQBが自分からニーダウンするという、今まで見たこともないもの。1試合に2回もセーフティを見たこと自体、初めてだけど。さらに冨沢から、今度は右の米山にパスが通ると、米山は鋭いランで相手選手をかわして2本目のTD。前半を24−0。

 この頃からビールが回り始め、後半はよくわからなかった。

で、覚えてることだけ…

  • 高田はよかった。ランもパスもすばらしく、改めてフィジカルの凄さに驚いた。あのインターセプトはどうかと思うけど。
  • 簡単に46ヤードを決めた(ように見える)金親もよかった。
  • フランスはパントの時のスナップが安定しないようだった。
  • 攻撃が代わったときに、スナップ前から時計を回すことに驚いた。
  • そもそも、1Q12分て一体…(1日2試合の日もあるからだろうけど)
  • 最後はファンブルリカバーTD。48−0。こんな大差になるとは思わなかった。それにしてもファンブルが多い試合だった。

 それにしても、ビールで覚えてないくらいなら、指定席とる必要ないだろう…

 なにやってるんだろう、自分。

|

« 3/17 柏レイソル | トップページ | 7/15 アメフトW杯決勝(日本ーアメリカ) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/15693284

この記事へのトラックバック一覧です: アメフトW杯開幕(日本‐フランス):

» アメフトw杯 2007 [癒し☆スペシャル]
アイドル歌手グループ『smap』の木村拓哉の弟が、高知県の女性と結婚しているって...アイドル歌手グループ『smap』の木村拓哉の弟が、高知県の女性と結婚しているって本当ですか?(続きを読む) アメフトW杯のアメリカ代表はどんな... [続きを読む]

受信: 2007/07/17 00:06

« 3/17 柏レイソル | トップページ | 7/15 アメフトW杯決勝(日本ーアメリカ) »