« 今季初勝ち点(3/15 ジェフ千葉@フクアリ) | トップページ | とりあえず首位(3/23 ナビスコカップ東京V) »

今季初(3/20 ナビスコカップFC東京)

今日は、もうナビスコカップ第2節ですが、第1節です。

この日、今季2度目の現地観戦。
朝から小雨がぱらつき、運転に影響がでるほどの強い風。こういう天候のとき、気にかかることは一つ。「パルちゃんショーはできるかな?」
無事に「世界のパルアツ」が見られ、一安心。

エスパルス 3−1 FC東京
      ↑3の倍数だ

この天気とナビスコカップということで、観客も少なかった。開幕戦のときは席を取るのに苦労したのに…

そしてナビスコカップということで、メンバーも入れ替え。西澤・矢島の2トップ。もっとも、ここまでの公式戦3試合全部、FWの組み合わせが違ったりする。

試合が始まると、この西澤・矢島がよかった。調子がよいだけでなく、西澤が起点となって矢島につなぐ連携がよかった。
その一つが開始直後(前半2分)の先制点の場面。西澤のポストプレーから、矢島がドリブルで左サイド裏に抜ける。内に切り返して、戻ってきたDF2人を抜き去り、右足でゴール。あっという間だった。

こうして試合を優位に進めていたが、FC東京はサイドからチャンスを作るようになる。とくに右サイドを突いてきて、そこから左に大きくサイドチェンジをするパターンが多い。児玉がなんとか対応していたものの、前半15分にクロスを平山に決められ、同点。

この後は五分五分の展開。
前半30分頃、西澤がエリア内で反転しようとして倒されPK。淳吾がPKを決めて勝ち越し。

FC東京は、後半からFWカポレを入れて2トップにして反撃。
何回も危険な場面を作られたものの、守りきると、後半21分にFKから高木和道が押し込み、3−1。
この後は高木和道を中心にDF陣が踏ん張り、今季ホーム初勝利。で、初花火に初「王者の旗」。やっぱりホームで勝つのはいいですね。

この試合で、ようやく明るい兆しが見えてきた感じ。以下はメモです。

高木和道はゴールだけでなく守備にも活躍したし、陰のベストプレイヤーだと思う(矢島に投票したんだけど…)。

本田拓也について。開幕戦ではあれだけ気になったにも関わらず、だんだん選手の一人として見られるようになってきた。そのくらいなじんでいるように見える。勝ち越し点を奪った後に、立て続けにファウルを受けた場面は心配したけど…
後は、終了間際に、ゴール前でFKを与えたようなプレイがなくなれば…

辻尾は攻守に課題が見つかったかな。まあFC東京の長友(明治大学との天皇杯から半年も経たないうちに、再び対戦することになるとは…)の調子もよかったということもあるけど。それはともかく、A契約おめでとう。

|

« 今季初勝ち点(3/15 ジェフ千葉@フクアリ) | トップページ | とりあえず首位(3/23 ナビスコカップ東京V) »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/40587871

この記事へのトラックバック一覧です: 今季初(3/20 ナビスコカップFC東京):

« 今季初勝ち点(3/15 ジェフ千葉@フクアリ) | トップページ | とりあえず首位(3/23 ナビスコカップ東京V) »