« 「完勝」(4/29 柏レイソル@日立柏) | トップページ | つなぐ(5/4 東京ヤクルト”アトムズ”) »

ねばり(5/3 東京ヤクルト”アトムズ”@神宮球場)

少し遅くなってしまったけど、GWのことです。

2週連続での神宮球場。今回は六大学野球ではなく、プロ野球。
この3連戦は「ヤクルトアトムズ復活シリーズ」。
ということで、ヤクルトの選手は「アトムズ」時代の復刻版ユニフォームを着用してプレー。球場近くや通路で見かけるヤクルトファンの多くが復刻版ユニフォームを着ていた。

ヤクルトファン、恐るべし…

そういう自分は、「アトムズ」が「鉄腕アトム」からきているということも知らなかった…

ところで、これが今年初めてのプロ野球観戦。
試合前に、新加入の選手の応援歌を覚えようと歌詞カードをもらったんだけど、去年からいる選手でも応援歌が変わった選手が何人もいて(高橋由・阿部・清水・亀井)、覚えるのが大変だった。

先発は内海。ヤクルトは新人左腕の村中。
1回表:1死から坂本が四球で出塁。早くもチャンス…と思いきや、牽制に誘い出されてアウト。

2回〜7回:村中は、初回あっさり四球を出したので調子が悪いのかと思いきや、その後はずっとノーヒットに抑える好投。
一方の内海は、ランナーを出しながらも抑えるピッチング。確か7回裏だったと思うけど、 ゴンザレスが横飛びに抑えたり、坂本がうまくさばいたり、守備も集中していたように思う。

8回裏:この回から山口がマウンドに。代わったのは4番・高橋由伸のところで、谷が9番に入る。
次の回は9番からなんだけど、いくらなんでもおかしい。まさか、由伸まで…
2死からヒットを打たれたものの、今度は逆に牽制で誘い出して挟む。ところがファースト・小笠原からの送球がランナーに当たり、サードへ進めてしまった…。なんとか次の打者を抑えたからよかったけど。

9回表:「この回、ヒットが出ないと…」ノーヒットノーランが近づいている気がした。
先頭の谷も簡単にアウトに…
しかし、亀井が何球もファウルに。次第にファウルするたびにどよめきが起こるようになった。何球粘ったか分からなかったけど(後から調べるとファウル9球/計14球)、亀井は右中間フェンスの上の方を直撃するツーベース。
これで雰囲気が変わり、「ヒットパレード」の曲が始まった。
「たかだかヒット1本で、”ヒットパレード”もないもんだ」と後で思い出して笑ったんだけど。

そんな中、坂本がフライで2アウト。小笠原を打席に迎えるところで、コーチがマウンドに行き長い打ち合わせ。そして3三振をしていた小笠原を敬 遠。
次の山口に代打・大道が右方向に鋭いライナー、セカンドの頭上を越えて、バックホームに備えて前を守っていたライト・センター間を抜ける。この間に1塁走者の小笠原までホームインして2−0。

ここで五十嵐に交代したものの、ラミレスが三遊間へ内野安打。
阿部が右中間ギリギリにホームラン。5−0。

9回裏:藤田がガイエルを打ち取った後、西村が抑えて試合終了。

勝敗を分けることになった、9回表の小笠原のところでの打ち合わせ。スポーツ新聞をいくつか見る限りでは、ベンチが敬遠を指示したよう。理由は、

「(小笠原を)大道と比較した。」(荒木コーチ:サンスポ)

そうかもしれないけど、それなら右投手に交代して万全を期したほうが確実だったかも。走者を溜めるのだから。
いずれにしても、これで村中が一回り成長したのは間違いない気がする。

|

« 「完勝」(4/29 柏レイソル@日立柏) | トップページ | つなぐ(5/4 東京ヤクルト”アトムズ”) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/41184354

この記事へのトラックバック一覧です: ねばり(5/3 東京ヤクルト”アトムズ”@神宮球場):

« 「完勝」(4/29 柏レイソル@日立柏) | トップページ | つなぐ(5/4 東京ヤクルト”アトムズ”) »