« ノーガード(9/13ヤクルトスワローズ) | トップページ | 完封負け…(10/4 明治ー法政1回戦) »

リターン(9/14 ヤクルトスワローズ)

2日連続の観戦です。連休のデーゲーム(13時30分開始)とあって、子どもが多かった。

ジャイアンツ 3−2 スワローズ

先発は高橋尚成。高橋尚成も今年3試合目。観戦10試合中、バーンサイドと高橋尚成が3試合ずつだから、なんか偏っている…
この日、バーンサイドに代わって1軍登録されたイ・スンヨプが6番・ファーストで先発。
ヤクルトの先発は、前回の登板でプロ初勝利を上げられた由規。

1回表:高橋尚成は3者三振。ストレートが走っている。最初から飛ばしているよう。
1回裏:鈴木尚広が四球で出塁。さらに2死からラミレスも死球で出塁するもののチャンスをつぶす。

2回裏:先頭のイ・スンヨプが放った打球は、鋭いライナーでレフトスタンドへ。1−0。

3回裏:鈴木尚広がショートへの内野安打で出塁。2番・脇谷のときにエンドランを仕掛けるものの、サードゴロで1死2塁。小笠原がライト線2ベースで、2−0。ラミレスもセンター前に抜けるタイムリーで3−0。送球の間にラミレスは2塁に進んで、なお1死2塁だったけど、このチャンスは生かせなかった。
それにしても、走者を出した時の由規は、投球間隔が長すぎ。

4回表:1死から青木がライト線2ベース。4番・畠山のときに青木が3塁に走る。畠山は無理にセカンドにゴロを打ち(ランエンドヒット?)、2死3塁。飯原はショートフライ。

5回表:1死1塁、福川にカウント2−3から暴投。阿部がボールを見失っている間に、スタートを切っていた走者は一気に3塁に進んで1死1・3塁。ここで由規だったけど、全くバント(2塁走者を3塁に送る)の構えをしない。打撃はよかったかな…と考えているうちに、レフト深くへ犠飛。3−1。

6回表:2死1塁で、飯原の打席。高橋尚成が牽制したときに、1塁走者・青木が完全にひっかかって、飛び出してしまいアウト。際どい判定に青木は抗議したけど、覆らなかった。
6回裏:阿部の四球で2死1・2塁。坂本の当たりは、浅めに守っていた右中間を破るかに見えたが、青木が好捕。由規はストレートと縦に割れる変化球(スライダー?)がよくて、打ち崩すことができなかった。

7回表:この回も高橋尚成が続投。もう球数も100球を越えている。2死をとったところで、「間隔が空いたとはいえ、7回まで投げたのは大きい」と言っていたところ、川島慶三にレフトスタンドへ運ばれてしまった。3−2。福川にもヒットを打たれて、由規の代打・志田はセンター前へ鋭い当たり。鈴木尚広は、少し見てからスタートを切ってキャッチ。「うーん…」思わずうなってしまったけど、正面のライナーで距離感をつかみにくいことを考えたら、厳しすぎたかも。

8回表:この回から豊田が登板。最近、打たれる事が多かった豊田だけど、きっちり三者凡退。

9回表:3連投になるクルーンがマウンドへ。どうやら故障はしてなかったようで、一安心。しかし、先頭の畠山に死球。飯原は投手の頭を越すゴロ。ショートの坂本が振り向きざまにセカンドへ送球するも、高くてセーフ。無死1・3塁。「昨日と同じじゃないか!」という声が聞こえてきた。
ここから田中浩がセカンドフライ。川島慶三も三振。代打・ユウイチの時に盗塁が決まって2死2・3塁。さらにワンバウンドしたボールを止めた際に、阿部が負傷して中断。それでも、ユウイチを三振に打ち取って、逃げ切った。3−2。

この2試合は、北海道の応援団が来ているということで、2次会には北海道限定の「スパルタンX」をやった。曲は知っていたんだけど、全然合わなかった(多分、自分にリズム感が無いのが原因)。
「これで北海道に帰れます」応援団員の一人が言うと、大きな拍手が起こった。

53G−Po(ジーポ)

|

« ノーガード(9/13ヤクルトスワローズ) | トップページ | 完封負け…(10/4 明治ー法政1回戦) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/42473999

この記事へのトラックバック一覧です: リターン(9/14 ヤクルトスワローズ):

« ノーガード(9/13ヤクルトスワローズ) | トップページ | 完封負け…(10/4 明治ー法政1回戦) »