« 打開(10/19 サテライト ジュビロ磐田@三保) | トップページ | 11/1 コレオグラフィ@国立競技場 »

最も長い8回…(10/25 中日ドラゴンズCS第4戦)

「今日で決めたいな」
「(クライマックスシリーズで)優勝したら泣くかも」
駅からドームへ向かって歩いていると、はずんだ声がいくつも聞こえてきた。1年前に連敗した後の雰囲気とはまるで違った。
前日の引き分けたことで、勝てば日本シリーズ進出決定という試合。

ジャイアンツ 6−2 ドラゴンズ

先発は高橋尚成。今年4試合目。「またかよ」という気持ちも無いではなかったけど、やはり、1年前のクライマックスシリーズ(CS)第3戦で負けたことを思い出してしまう…。中日の先発は、苦手にしているチェン。

この日はポールに近い席。それでも「満員御礼」が出る試合で、チケットを取れたことがうれしい。

1回表:イ・ビョンギュのヒットからバントなどで2死1・3塁までいったが、和田を打ち取った。

3回表:2死から荒木がヒット。その荒木を牽制で誘い出す。イ・スンヨプが2塁へ送球してアウト…と思ったら暴投。2死3塁になったものの、森野を打ち取った。

4回裏:攻撃が始まる前に、初戦で負傷した鈴木尚広の応援。少し驚いた。先頭の木村拓也がヒットで出て小笠原。チェンが投げた球は、小笠原の手首を直撃。騒然とする中、小笠原はスタッフを振り切って1塁へ向かおうとする。結局、ベンチに下がって治療した後で1塁へ。ラミレス、イ・スンヨプが倒れた後、谷の当たりはレフト線に落ちるタイムリー2ベース。木村拓也が帰り1点を先制。
坂本もレフト前ヒットで続いて、小笠原がホームイン。2塁から谷もホームを狙ったものの、和田に刺された。2−0。
この回の攻撃中、「ヒットパレード」をやった。いつもは終盤に使うことが多いんだけど、短期決戦ということと、内野席にもオレンジのタオルを持ってきている人が多かったからかな。

5回裏:5回表にチェンに代打が出て、清水昭に交代。攻撃が始まる前、5回表の守備から下がった小笠原の応援。「このまま増え続けるんじゃないだろうなあ…」
先頭の鶴岡がショートへの内野安打で出塁すると、高橋尚成のバントと亀井の四球などで、2死2・3塁。打順は、小笠原に代わって入った寺内。鋭いライナーがセンターに飛んだものの、前に出ていた森野が下がってキャッチ。

6回表:1死から森野の鋭い当たりは、ファーストへのライナー。少しほっとした。それは少し早かった。「あ!」ウッズの当たりはレフトスタンド上の看板を直撃した。2−1。

7回表:先頭の中村紀が2ベース。前日に、クルーンの速球が直撃した人間とは思えない。井端がバントで送って、1死3塁のピンチ。高橋尚成は、谷繁をショートゴロ(前進守備だったため走者はそのまま)、代打・平田をセカンドフライに打ち取った。

8回表:7回裏に高橋尚成に代打が出たため、山口が登板。山口は前の日に3回を投げていたので、心配。すると応援団の人から紙テープが配られた。
こういうことを始めると、打たれたりするんだよなあ…と思っていると、イ・ビョンギュのヒットとバントで1死2塁。森野のゴロは木村拓也が左に動いて抑えたものの、投げられず1死1・3塁。続く打者は4番・ウッズ。あっという間にピンチになってしまった。
ここで山口に代わって越智。それでも、ベンチに戻る山口には拍手が起こった。
そのウッズは、ライトポール際に大きな当たり。ポール際の席だったので、ボールの軌道がはっきり分かった。「切れろ、切れろ!」周りの人と叫ぶ。わずかに切れてファール。すると、珍しいことに、内野席から自発的に応援が起こった。何と言っているのか聞き取れなかったんだけど。
そのウッズの打球は右中間へ。ライトの谷がキャッチし、3塁走者はタッチアップ。と、1塁走者が大きく飛び出している。「ファースト!」しかし、森野はヘッドスライディングで戻りセーフ。追いつかれてしまった。2−2。しかし、越智は和田を三振に打ち取って、勝ち越しは許さなかった。

8回裏:先頭の寺内が3塁線を破る2ベース。そして、ラミレス。打った瞬間には分かった。「行け!」でも、すぐボールを見失ってしまった…。ベンチ前で、ラミレスがシスタージャビットとパフォーマンスをしたのは見たんだけど。
イ・スンヨプ、谷が四球。ここで高橋から同じ左腕の長峰に交代。坂本がバントで送って1死2・3塁。鶴岡が三遊間を破るタイムリー、1点を追加。5−2。代打・大道はセカンドフライに倒れた後、また投手が代わって、同じ左腕の小林。亀井がセンター前に運んで、1点を追加。送球の間に亀井が2塁へ進んで、なお2死2・3塁。木村拓也は三振に倒れたものの、4点を奪って、6−2。
この回、再び「ヒットパレード」を使った。確かラミレスかイ・スンヨプの打席から始めて木村拓也の打席まで続けた。投手交代の時は中断したものの、さすがにきつかった。

9回表:前日、中村紀に死球をぶつけてマウンドを降りたクルーンが登板。その中村紀を三振、続く井端はライトフライに打ち取る。「早いよ!」と思わず言ってしまったのは、まだテープの芯が抜けていなかったから。谷繁が四球。ようやく芯が抜けた。「マーク・クルーン」コールの中、代打・立浪を三振に打ち取った。6−2。
一斉にオレンジのテープが投げ込まれた。自分も思い切り投げたが、途中で見失ってしまった…
「これで、ようやく日本シリーズに行ける」

胴上げとセレモニーの後、チャンピオンフラッグを持って場内を1周…。
素晴らしい時間が続いたおかげで、2次会は短くなってしまった。それでも、(22時を過ぎたため)アカペラで歌った「ビバ・ジャイアンツ」は印象的だった。

外に出ると、ラミレスの応援歌を歌っている集団がいたり、大騒ぎだった。祭りのような夜だった。

|

« 打開(10/19 サテライト ジュビロ磐田@三保) | トップページ | 11/1 コレオグラフィ@国立競技場 »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/42916366

この記事へのトラックバック一覧です: 最も長い8回…(10/25 中日ドラゴンズCS第4戦):

« 打開(10/19 サテライト ジュビロ磐田@三保) | トップページ | 11/1 コレオグラフィ@国立競技場 »