« 完封負け…(10/4 明治ー法政1回戦) | トップページ | 伝説になるために…(10/5 中日ドラゴンズ) »

クローザー?(10/4 中日ドラゴンズ)

急いで神宮球場を後にすると、東京ドームへ。
席に着いた時には1回裏の攻撃が始まるところ。さすがに30分(13時30分頃終了〜14時開始)では少しきつかった。

ジャイアンツ 3−4 ドラゴンズ

ちょっと驚いたのは、自分の席の周りには熱心に応援する人が多かったこと。たまたまそういう人が集まったのか、シーズンも残り少なくなったからか…

先発はグライシンガー。中日は山本昌。
ここのところずっと、相手の先発は左投手ばかり。最後に右投手が先発したのがいつだったか思い出せないくらい。で、この日も2番に木村拓也、6番に谷を入れ、右打者が多い打線。

1回裏:2死から小笠原とラミレスがヒット。1・3塁のチャンス。イ・スンヨプがフルカウントから見逃し三振。

2回表:この回先頭の森野にライトポール際に運ばれ、先制されてしまう。0−1。

4回裏:攻撃が始まるとき、応援団の方が「昨日の清原選手の引退スペシャルを見ましたか?」と訊く。周りから「見た〜」という声が上がる。番組の中で、応援が力になると言っていたとのこと。その部分は見なかったな…と思っていた直後、小笠原がレフトスタンドへソロホームラン。1−1。同点に追いつく。

5〜7回:グライシンガーは走者を出しながらも要所を抑えるピッチング。山本昌はほとんど走者も出さない。あっという間に、試合は終盤に入ってしまった。

8回裏:山本昌に代打が出たため、この回から高橋が登板。ようやく代わってくれたかと思ったんだけど、やっぱり左投手。グライシンガーの代打・大道、鈴木尚広、木村拓也で三者凡退。

このイニングの合間(だったと思う)、オーロラビジョンに他球場の経過が映し出される。レフトスタンドから歓声が起こったのは、中日とCSを争う広島が大量リードを奪われていた(確か13−3くらい)から。「(CSが決まったようなものだから)もう、いいじゃないか」というような声が、あちこちから聞こえてきた。

そうして始まった9回表。マウンドに上がったのはクルーン。そうだった…。後攻の時には、同点でも9回に起用することが多かったんだ。(勝ち越し=サヨナラのため、温存しても仕方ないという考えだと思う)

そのクルーンは、先頭の和田に四球を与えると、バントの構えをする4番・森野にも四球。ウッズを三振に打ち取って立ち直るかに見えたが、中村紀の時に暴投。1死2・3塁。中村紀の打球は、前進守備から必死に下がる鈴木尚広のはるか上を越えていき、バックスクリーン右に吸い込まれた。3ランホームラン。さすがに言葉が出なかった。1−4。
リードを奪われてから越智が登板。四球と死球でピンチを作ったが、なんとか抑えた。

9回裏:中日は、抑えの岩瀬が登板。小笠原は三振したものの、ラミレスがレフト線2ベース。イ・スンヨプが四球。1死1・2塁。ホームランが出れば同点のチャンス。長打を期待してか、谷に代えて左打者の高橋由伸。三振で2死。それでも、阿部が四球で満塁。さらに、坂本がレフト前に抜ける2点タイムリー。1点差となって2死1・2塁。越智の代打は、またも左の亀井(右打者がほとんど残っていなかった)。結局、ショートゴロで試合終了。3−4。

1日に2連敗というのは、精神的にきつかった…。しかも、翌日の中日の先発は、ほとんど打っていないチェンが濃厚。それを考えると、さらに暗くなった。それでも、岩瀬を追いつめたことは明日につながると言い聞かせながらドームを後にした。

88G−Po(ジーポ)。※10月の試合はポイントが固定です。

|

« 完封負け…(10/4 明治ー法政1回戦) | トップページ | 伝説になるために…(10/5 中日ドラゴンズ) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/42693284

この記事へのトラックバック一覧です: クローザー?(10/4 中日ドラゴンズ):

« 完封負け…(10/4 明治ー法政1回戦) | トップページ | 伝説になるために…(10/5 中日ドラゴンズ) »