« クローザー?(10/4 中日ドラゴンズ) | トップページ | エース、再び(10/11 法政ー早稲田1回戦) »

伝説になるために…(10/5 中日ドラゴンズ)

1週間以上も経ってしまい、いまさらな感じだけど書いておきます。

前の日は(東京六大学野球を見ていて)遅れてしまったけど、この日は試合開始1時間前に到着。中に入ってみると、自分の席の周りは、この日も熱心に応援する人が多かった。

ジャイアンツ 3−0 ドラゴンズ

先発は上原とチェン。1週間前にナゴヤドームで0−1の投げ合いをした2人。ここは予想通り。ただ、中日の打線からは和田とウッズの名前が消えていた。前日にCS進出が決まって休ませたんだろうけど、正直、ありがたかった。

ジャイアンツの打線にも変更があって、2番にライト・亀井、8番にセカンド・寺内。寺内は木村拓也が当たっていなかったからだろうけど、右の谷を左の亀井に代えたのにはびっくりした。守備を重視したんだろうか?

1回表:先頭のイ・ビョンギュに、初球をセンター前に弾き返される。バントで1死2塁になったものの、井端、森野を打ち取って無失点。

1回裏:先頭の鈴木尚広がレフトスタンドにホームラン。こんなに早くチェンから得点できるとは思わなかった。亀井が倒れた後、小笠原の当たりもライトポール際へ。思わず叫んでしまったけど、ファール。小笠原は四球を選んで2死1塁も、ラミレス、イ・スンヨプと三振。1−0。

2回表:中村紀のヒットから1死1・3塁のピンチ。谷繁はセカンド右へのゴロ。勢いが弱くて難しい当たりで、1点は仕方ない…と思ったが、寺内ー坂本が素早く動いて併殺。なんとかしのいだ。

4回裏:珍しいことに、ラミレスがショートへの内野安打。チャンスと思ったのも一瞬。イ・スンヨプが併殺で、あっという間に2死。それでも阿部がファールで粘る。そして、ついにとらえた打球は、歓声を上げるライトスタンドのはるか上を飛んで行き、2階バルコニー席に飛び込んだ。2−0。

5回裏:先頭の寺内が1塁方向へセーフティーバント。投手のチェンとファーストの中村紀の間で混乱。慌てて送球したものの高く逸れ、ボールはライト前を転々。寺内は一気に3塁へ向かったが、イ・ビョンギュの送球にタッチアウト。それでも、ベンチに戻る寺内には拍手が送られた。

8回表:好投の上原に代打が出たため、この回から豊田。豊田は谷繁の代打・立浪、チェンの代打・和田を連続三振。イ・ビョンギュにはヒットを打たれたものの、荒木のゴロを坂本がダイビングキャッチして2塁封殺。

8回裏:代打がでたチェンに代わって高橋。また左投手。前の試合もそうだったけど、徹底して左投手を起用してくる。鈴木尚広、亀井と打ち取られたものの、小笠原の当たりはレフトスタンドへ。この日3本目のソロホームランで、3−0。

9回表:前日打たれたクルーンが登板。いきなり井端にヒットを打たれるが、森野を三振に打ち取る。これで立ち直るかに見えたけど、中村紀、平田と連続四球。「昨日と同じじゃないか!」という声と「クルーン、がんばれ!」という声援が入り混じる。ここで代打はウッズ。ホームランが出れば逆転という場面。クルーンは、ウッズのバットを折って2塁併殺。なんとか逃げ切った。3−0。

2次会では、この試合に活躍した選手の応援が終わると、引退した清原選手の応援をした。
久しぶりの「とんぼ」、侍ジャイアンツの前奏、そして応援…。思わず力が入る。「キ・ヨ・ハ・ラ!」

終わって満足した気持ちでいると、応援団員の声が聞こえてきた。「次は桑田選手です」
また力が入った。

中日はCS出場が決まって力が抜けていた感じ。そんな中日から上げた1勝でも、連敗は避けたい状況で、苦手なチェンが相手だっただけに貴重な1勝だった。

88G−Po(ジーポ)。※10月の試合はポイントが固定です。

|

« クローザー?(10/4 中日ドラゴンズ) | トップページ | エース、再び(10/11 法政ー早稲田1回戦) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クローザー?(10/4 中日ドラゴンズ) | トップページ | エース、再び(10/11 法政ー早稲田1回戦) »