« 決着。(11/9 西武ライオンズ 日本シリーズ第7戦) | トップページ | ターンオーバー(12/21 立命館パンサーズ 甲子園ボウル in 長居) »

森岡引退。(12/6 京都サンガ@西京極)

今回は、残念ながらTV観戦です。

エスパルス 3−1 京都サンガ

まずは、試合の方を簡単に。
この日も好調で、序盤からゲームを支配。
前半35分過ぎ、高木純平のクロスを枝村が折り返し、こぼれたボールを矢島が押し込んで先制。
試合が再開された直後、山本真希が右サイドで裏をとって、ペナルティエリア右角から少し入ったところからシュート。ゴール左隅に決まって、2−0。
後半、京都が対応してきて危ない場面もあったものの、後半35分ころ、原一樹が素早く切り返して裏に抜けてゴール。
その後、柳沢に1点を返されたけど3−1で勝利。

試合が終わった後、サンガ・森岡隆三選手の引退セレモニーが行われました。
「サンガ」と書いたけど、自分の中では、今でもエスパルスの一員。中継してくれたスカパーには、本当に感謝です。

セレモニーでは、森岡に京都の選手、スタッフが1本ずつバラの花を渡していきました。
伊東テルがオレンジのユニフォームを手渡した時には、こらえきれずに目をぬぐっていました。
そして、家族(奥さんが日本代表、上のお子さんが京都、下のお子さんがエスパルスのユニフォームを着ていた)が花束を手渡した時には号泣していました。

それでも挨拶のためにマイクを握ったときには、いつもの落ち着いた静かな声でした。
挨拶のほとんどは感謝の言葉(エスパルスやサンガの選手・スタッフ・サポーター、そして家族)で、最後に「15年間、最高に楽しかったです」と締めくくりました。

そして、場内を1周。エスパルス側スタンドからだったけど、サポーターからの握手とプレゼント(花束、マフラー、パルちゃんなど)の前に、あっという間にもみくちゃになってしまいました。
で、バックスタンド辺りまでいったところで、残念ながら中継終了。

夜になって、メルマガで森岡選手の感謝の言葉が届きました。
でも、感謝の言葉を言うのはこちらの方です。


森岡選手、本当にお疲れさまでした。

|

« 決着。(11/9 西武ライオンズ 日本シリーズ第7戦) | トップページ | ターンオーバー(12/21 立命館パンサーズ 甲子園ボウル in 長居) »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/43339906

この記事へのトラックバック一覧です: 森岡引退。(12/6 京都サンガ@西京極):

« 決着。(11/9 西武ライオンズ 日本シリーズ第7戦) | トップページ | ターンオーバー(12/21 立命館パンサーズ 甲子園ボウル in 長居) »