« 2008大晦日に | トップページ | 「破れジンクス」 »

距離…(1/2 帝京 ラグビー大学選手権準決勝@国立競技場)

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

さっそくですが、2日の大学選手権準決勝です。正月に国立競技場に来ることができたことに感謝です。本当は天皇杯と2日連続の予定だったんだけど…

第1試合では東海大(関東リーグ戦1位)−早稲田大(関東対抗戦2位)の試合では、早稲田が36−12で勝ち。
「…大丈夫か??」
と言うのも、東海大はリーグ戦で接戦の末敗れた相手。その東海大が対抗戦2位の早稲田に24点差がついたのだから、対抗戦1位の帝京大との試合は…。

法政大学 10−36 帝京大学

さすがに国立競技場ではグッズが多く売られていた。昔からあるフラッグだけでなく、ジャージ、タオル等…。いつから、こんなに売るようになったんだろう?
そう思いながらも、法政のタオルを購入。しっかり乗せられています。


第1試合が終わった後、帰った人がかなりいたんだけど、席はバックスタンドのかなり上の方。国立はピッチが遠く、間近に見えた瑞穂が懐かしかった。
陽の当たる所では暖かかったものの、バックスタンドから見て右から左(スコアボードの方から反対側)に、強い風が吹いていた。


瑞穂で負傷者が多く出て、気になる先発メンバーをチェック。入り口で配られたメンバー表では、瑞穂の先発メンバーと同じで一安心。でも、試合が始まると、FB城戸の代わりに木島が左WTBに入り、竹下がFBに回っていた。
前半は法政が風上。キックを使って攻め込み、強力な帝京大FWと直接ぶつかることは避けたいところ。そして、なるべくリードしてハーフタイムを迎えたい。


前半10分、法政がペナルティキックを獲得。難しい距離・角度だったけど、文字が決めてゴール成功。3−0。
しかし、その後、法政陣深く入られて、帝京大ボールのスクラムを繰り返す。一度、マイボールにしたものの、帝京FWのプレッシャーに反則をしてしまい、相手ボールスクラムになってしまった。帝京大は、ペナルティキックを得てもスクラムを選択する徹底ぶり。前半19分、スクラムから出たボール、前めでタックルしたように見えたが、決まらず、ついにトライを許す。キックは外れて、3−5。


その後も攻められ、自陣からなかなか出ることができない。スクラムだけでなく、ラインアウトもうまく絡まれてキープできない。「サインが読まれているのかな??」と思わず疑ってしまったほど(スローが乱れたり、呼吸が合わないような場面も見られたので、サインは関係ないかもしれない)。守備の場面でも、タックルして止めたと思っても外されたり、押し込まれる場面があった。そうして、前半25分にもトライを許してしまい、3−10。


こうした中、前半30分頃には、かなり遠い位置からペナルティキックを狙って外してしまう。ラインアウトが安定していればタッチに蹴って…という選択もあったんだろうけど。
前半35分頃にも帝京大にトライを奪われてしまい、3−17。
結局、このまま前半終了。風上なのにほとんど攻めることができなかった。風下に立つ後半は…。でも、まだ14点差。後半早い時間に1本トライを返せば…。


そんな後半開始直後、右WTB舩木が外をスピードで抜かれてトライ。スペースがなく、止められると思ったんだけど、抜かれてしまった。ゴールも決まって、3−24。先に返すどころか、3本差。さらに後半10分、またトライを奪われてしまい、3−31。
さすがに言葉が出なかった。

このトライの後から、法政が攻めるようになる。点差が開いて、開き直ったのか、帝京に隙ができたのかは分からない。素早く展開して、早いリズムでボールを出す。
「なんで、これを前半からできないんだよ。」
思わずグチを言ってしまう。それでも、なかなか帝京大DFを崩せなかったものの、後半28分、交代で入っていた荻山がゴールエリア右にトライ。ようやく初トライ。ゴールも決まって10−31。

試合終了間際、スクラムが乱れて、トライを奪われてしまった。直前にHO山森が下がっていた影響があったかもしれない。その直後、10−36でノーサイド。


セットプレイを中心に、帝京大にやられてしまった印象が強かったです。でも、法政のリズムで試合ができていた時間(トライを奪った前後)もあったので、そこは自信を持ってもいいのかなと思います。
厳しい日程の中、負傷者が多い中で、ここまでやってきた選手の皆さんには感謝です。
「しかし、国立では勝てないなあ…」
思わずつぶやいてしまった。法政ラグビー部のことではなく、自分のことです。

|

« 2008大晦日に | トップページ | 「破れジンクス」 »

スポーツ」カテゴリの記事

ラグビー」カテゴリの記事

法政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/43616187

この記事へのトラックバック一覧です: 距離…(1/2 帝京 ラグビー大学選手権準決勝@国立競技場):

« 2008大晦日に | トップページ | 「破れジンクス」 »