« 距離…(1/2 帝京 ラグビー大学選手権準決勝@国立競技場) | トップページ | 期待と…(2/21 練習試合サテライト ジュビロ磐田) »

「破れジンクス」

ちょっと、がっくりきました。

2月22日のスポーツ報知の紙面、「ちょっといい話」という記事を読んだときのことです。「破れジンクス」という題名で、稲葉篤紀選手のことが書かれていました。

「一度も甲子園に出場できなかった中京高(現・中京大中京)時代などを例に挙げ「俺が4番を打って、勝った記憶がないんだよね」と苦笑い。

えーと、法政の4番だった94年秋、1敗もできない状況から3試合連続で延長戦を勝ち、11季ぶりの優勝をしたのは記憶にないんでしょうか??

まあ、当時の山中正竹監督に、

「春は不動の4番、秋はニンベンが付きました(=不働)」(優勝パレード後の報告会にて)

と言われたように、このシーズン、打撃が不調だったから数に入れなかったのかもしれないけど。

ただ、矛盾するようだけど、稲葉選手には過去にとらわれないでほしいです。前を向いて、WBCを全力で戦ってほしいです。

と書いていたら、今日(2月24日)のオーストラリア代表との強化試合に4番で出場して、2安打(1本は2ベース)。心配はいらないようですね。

自分は、94年秋法明2回戦の9回表、同点に追いつくきっかけを作った稲葉選手の2ベースを忘れません…

|

« 距離…(1/2 帝京 ラグビー大学選手権準決勝@国立競技場) | トップページ | 期待と…(2/21 練習試合サテライト ジュビロ磐田) »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法政」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/44147368

この記事へのトラックバック一覧です: 「破れジンクス」:

« 距離…(1/2 帝京 ラグビー大学選手権準決勝@国立競技場) | トップページ | 期待と…(2/21 練習試合サテライト ジュビロ磐田) »