« 連勝…(4/12 川崎フロンターレ) | トップページ | スーパーサブ?(5/24 サテライト ヴァンフォーレ甲府@愛鷹) »

10年ぶりの大敗…(4/19 ジュビロ磐田@エコパ)

ダービーに行ってきました。
場所はエコパ。05年の天皇杯準決勝以来だから4年ぶり。
ちょっと来ないうちに、建物が増えましたね。

エスパルス 0−3 ジュビロ磐田

 

2階に席を確保して、スタジアム前の「しおや」で買ったしおや丼(だったかな?)で昼食。牛タンが柔らかくて、なかなかおいしかった。
「日本平で食べられるものを、わざわざアウェイで食べなくても…」という気持ちが吹っ飛ぶくらい。

エスパルス側のサイドスタンドが早くから埋まり、2階席の緩衝地帯近くに置かれた横断幕の間で見ている人もいました。

そんなエスパサポをどよめいたのが、試合前のシュート練習。
選手の一人(山本真希かな?)が放ったシュートが看板を直撃。もの凄い音とともに看板がへこんでしまった。
「タ○ガーショットだ!!」
思わず叫んでしまった。でも、外したら意味ないような…

試合が始まる頃になると、ジュビロ側もメイン、バックスタンドを中心に埋まっていって、トータルでは五分五分くらい。

 

前半:
青空が広がって、風があったものの、試合に影響を与えるようなものではなかった。むしろ暑いくらい。
エスパルスボールでキックオフ。

試合が始まってすぐ、岡崎とヨンセンの連携があまりうまく行っていないのがわかりました。
重なってしまったり、ボールを落とした所に誰もいなかったり。

前回のブログで、

「試合ごとにヨンセンがフィットしてきている感じ」

と書いたばかりだったんだけど。

それでも、中盤が出足よくボールを拾って、サイドのスペースを衝く。これにジュビロのパスミスが多かった事もあって、エスパルスが支配する展開。

それで、CKなどのセットプレーからのチャンスが多くなりました。

  • 前半10分過ぎ。ジュビロDFのクリアをブロックし、最後は岡崎がシュート。これが右からのCKになって、ファーで岩下がヘッド、惜しくも右に逸れる。
  • 前半20分過ぎ、やや右の位置からFK。淳吾が蹴ったボールは、かなり落ちたんだけど、逸れてしまった。
  • 前半30分過ぎにも、やや左の位置からFK。淳吾が流して、山本真希がシュートも防がれる。CKになって、岩下がヘッドを叩きつけたがボールはバーを越えていった。
押していながら得点できない展開に、「岡崎」コールや「フローデ・ヨンセン」コールを何度やったかわからない。
結局、0−0のまま前半終了。

 
「こういう時は危ないんだよな…」
思わずつぶやいてしまったんだけど、なにか危険な兆候を感じとっていた訳ではなく、「取れる時に取っておかないと危ない」という過去の経験から出た言葉。
本気で「危ない」とは考えていなかった。

 
後半:

後半5分過ぎ、ゴール前での混戦をなんとかしのいだ後、純平が接触して倒れたんだけど、岩下も倒れている。よく見ると、足がつっているようだった。
「最近は(足がつることは)なかったのになあ…」
後から思い返してみると、これが最初の兆候だった気がする。

後半10分、クロス(?)に飛びだした西部が相手選手に接触して倒れてしまう。この隙に中央のイグノにつながれて、ゴールを奪われてしまった。0−1。
近くにいた一人は、しばらく西部をヤジり続けた。
変なところで楽観的な自分は、これが逆にきっかけとなって、思い切った攻撃をするようになるかもしれないと考えていた。

後半16分、淳吾に代わって原一樹。
一樹はFWに入って、岡崎がMFに下がった。
交代で入った一樹が積極的に動いたことで、流れが再び来るかと思ったんだけど、徐々に押され始める。

後半27分、純平に代わって辻尾。
トップの試合に辻尾が出場するのは久しぶりだけど、持ち味のスピードで、サイドからの攻撃を活性化することを狙ったんだろう。

この交代からすぐ(記録を見ると1分後)、裏に出た長いパスに青山とイグノが競り合う。
それほど危険な場面には見えなかったんだけど、青山がスピードで振り切られてしまい、左隅にゴール。0−2。

その直後、青山から永井に交代。青山はベンチ前に戻ったところで、しきりに足を伸ばす。
このとき、はっと気がついた。
前半からイグノを相手にしていて、青山と岩下のコンビにかなりの疲労が蓄積しているんじゃないか…

青山を永井に代えてDFを1人減らした事で、磐田の攻撃を止める事が出来なくなってしまった。
中盤の選手も、運動量が落ちた上に意識が前に行っていて、カバーすることができなかった。
で、後半35分、前田に決定的な3点目のゴールを奪われてしまった。0−3。
この失点で、近くにいた何人かは席を立って、帰ってしまった。

ロスタイム、原一樹がワンツーから抜け出してシュートを放ったものの、バーの上だった…

 
結局、0‐3の大敗。
前半の押している時間に点を取っていたら、
1点目の失点がなければ、違う展開もあったかも。
まあ、言ってもしょうがないことなんだけど。

それにしても、ダービーで、こんな大敗を見たのは10年ぶり。
ノボリのPKで先制しながら2‐5で敗れ、さらに乱闘寸前までいった、あの試合以来。
ただ、あの試合のときほど熱くなれなかった気がするのは、得点できなかったからだけだろうか。

|

« 連勝…(4/12 川崎フロンターレ) | トップページ | スーパーサブ?(5/24 サテライト ヴァンフォーレ甲府@愛鷹) »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/44723001

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりの大敗…(4/19 ジュビロ磐田@エコパ):

« 連勝…(4/12 川崎フロンターレ) | トップページ | スーパーサブ?(5/24 サテライト ヴァンフォーレ甲府@愛鷹) »