« 応援します、新城選手と別府選手 | トップページ | トライアル&エラー(7/18 鹿島アントラーズ) »

変化。(6/28 ヤクルトスワローズ)

遅くなりましたが、久しぶりに東京ドームに行ってきました。
3月にオープン戦に来て以来なんだけど、公式戦は今季初めてです。

さっそくG-Po(ジーポ)のエントリー。ふと機械をのぞき込むと、

去年 7試合
今年 1試合

と表示されていました。
うーん、早くも去年の自分超えは難しくなっています。

ジャイアンツ 7−1 スワローズ

東京ドームの周りも、いろいろ変わっていました。

0906281

フィギュア(?)が設置されていたり、
08日本シリーズ第2戦 でサヨナラホームランを放つラミレス選手とのこと)

0906282_2

原監督の等身大人形(?)が設置されていて、グータッチできるようになっていたり。

写真にはありませんが、25番ゲートの中にも原監督の腕をかたどった機械が設置されていて、グータッチをすると「ナイス、ホームラン!」という声がでるようになっていました。
…やっている人はあまりいませんでしたが。

 

今季初めてということで、応援団の方から歌詞カードをもらいました。すると一緒に小さい紙片もついてきました。見ると「号外」と書いてあって、新しくできた松本の応援歌と「Gフレア」という新しい応援が書いてありました。
何回も読み返しましたが、文字だけではさっぱりイメージがつかめませんでした。

先発投手は内海。ヤクルトは石川。

1回裏:
先頭の坂本がセンターオーバー2ベース。すると耳慣れない曲が始まる。いきなりの新応援(Gフレア)。
「え!?いきなり?」
戸惑ったものの、後ろの常連らしき人たちにならって、なんとか合わせる。
鈴木尚広のセカンドゴロで1死3塁。小笠原のセンター前へのライナーに青木がダイビングキャッチを試みて、後逸。坂本がホームに還って、さらにボールがセンターを転がる間に小笠原は3塁へ。この後、ラミレスの犠飛でもう1点を追加。2−0。

2回裏:
先頭のイ・スンヨプがファースト左を破るヒット。しかし、牽制で誘い出されてしまってタッチアウト。「…」微妙な雰囲気が漂う。
この後、木村拓、内海と倒れてあっさり攻撃終了。

4回表:
3回までパーフェクトに抑えていた内海。先頭の飯原にライト前に初ヒット。バントなどで1死3塁のピンチ。
3番・青木の打球は、前進守備の木村拓の正面。それでも飯原はホームを衝いてタッチアウト。デントナも倒れ、なんとか0点でしのいだ。

5回表:
先頭のガイエルがヒットで出塁。すると内海は1塁走者・ガイエルを気にしているようで、牽制を入れる。ガイエルの足を警戒しているのか、宮本に投げにくいのか。
その宮本はライト・谷の前へヒット。ガイエルは一気に3塁を狙う。完全にセーフのタイミングだったんだけど、ガイエルの手がベースから離れたところを小笠原がタッチしてアウト。
もしライトが強肩の亀井だったら、ガイエルは2塁に止まって無死1・2塁のピンチになっていたはず。ついている。
相川、川島慶三と打ち取って、この回も0点でしのいだ。

5回裏:
石川はヒットを打たれている割には球数が少ない。まあ、積極的に打ちにいっているからだろうけど、術中にはまっているとも言えるのかも。1死から、好調の坂本に緩い変化球を3球続けて、センターフライに打ち取られる場面がありました。

6回裏:
先頭の小笠原がヒットで出塁。1死2塁となった後、谷がセンターオーバーの3ベース。待望の追加点。3−0。
ここで「スパルタンX」が始まりました。去年は 北海道限定応援と言っていた気がするんだけど、やるようになったのかな?
続く阿部が四球で1死1・3塁となって、イ・スンヨプ。追い込まれてからの当たりは、右中間スタンドの最前列付近で弾んだ。6−0。

7回裏:
ヤクルトの投手は押本に交代。小笠原の2ベースで坂本が生還。7−0。小笠原に代走・松本が出て、なおも1死2塁のチャンスだったんだけど、ラミレスがサードゴロ、代打・亀井もキャッチャーファールフライで1点止まり。

8回表:
この回からラミレスに代わって、大田がサードに入る。この交代がアナウンスされると、歓声が起こりました。
1死から相川にレフトスタンドに運ばれる。7−1。前日 に続いて東京音頭を聞いてしまった。こちらが本家本元(?)。まあ、どちらも聞きたくなかったんだけど。

8回裏:
「(4番)大田まで回せ!」という声が上がりました。
昔、長嶋一茂が4番・サードに入ったとき(もちろん守備から)に同じような声を聞いたことを思い出しました。その時は本当に回ったんだけど、大田は、この回8人目の打者。さすがに難しかった。というか、三者凡退…

9回表:
先頭・飯原の打球はサード、大田へ。異様な雰囲気になったんだけど、確実にアウト。最後は、青木の打球を坂本が軽快にさばいて試合終了。7−1。内海は完投勝利。

 

ヒーローインタビューで、内海は「10連勝する」と宣言しました。おいおい、と思っていると、アナウンサーも「これからの10連勝に向けて一言」とか言い出す始末。

すると、2次会でもさっそく「このまま一気に10連勝」コールがありました。よく見ると、画用紙にマジックで「このまま一気に10連勝」と書いて掲げていました。仕事早すぎ。
あとで聞いた話だけど、ベンチ裏で内海は「10連勝」発言を撤回したとのこと。撤回も早すぎ。

2次会では、例の松本の応援歌と新応援「Gフレア」をやりました。やっぱり、どちらも覚えるまで時間がかかりそう。

続いてスパルタンXもやりました。覚えてみれば、かなり燃える曲。このまま使ってもいいなと思いました。
この試合で、スパルタンXを使った理由について応援団の方が説明しているようでしたが、聞き取れませんでした。NOAHの三沢社長が亡くなった追悼の意味もあるんだろうか…

 

25番ゲートのところまで来ると、さきほどの機械の前に人だかりができていて、「ナイス、ホームラン!」「ナイス、ホームラン!」と原監督の声が何度も響いていました。
さっきまで見向きもしていなかったのに…

 

帰りの電車から虹が見えました。まるで海と天を一直線に結ぶような虹でした。

 

69G-po(ジーポ)+10G-po(My HERO:イ・スンヨプ)

|

« 応援します、新城選手と別府選手 | トップページ | トライアル&エラー(7/18 鹿島アントラーズ) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/45482509

この記事へのトラックバック一覧です: 変化。(6/28 ヤクルトスワローズ):

« 応援します、新城選手と別府選手 | トップページ | トライアル&エラー(7/18 鹿島アントラーズ) »