« 早朝の地震 | トップページ | さあ、走り出せ!(9/5 ヤクルトスワローズ) »

歴史的大勝(8/22 ジュビロ磐田)

スタジアムに着いた時には、もう開門時間を過ぎていて、メインスタンドのアウェイ側の席になってしまいました。
まあ、ダービー当日にのんびりSBSカップを見に行って、しかも第2試合の途中まで見ていたんだから仕方がない…

当然、スタンドの雰囲気も試合前から熱くなっていました。
オレンジウェーブのパフォーマンス中にもマーチなどの応援を行うくらい。

とは言っても、この時点ではいつものダービーと変わらないように見えました。

「いつも」と違ったのはウイイレ対決。終了間際にエスパルスが連続ゴールで追いついて4−4という熱戦だったんだけど、盛り上がりは…

エスパルス 5−1 ジュビロ磐田

アウスタでも西から東へ強い風が吹いていて、それほど暑さを感じませんでした。

水曜日の京都戦は出場停止だった枝村が先発に戻りました。

 

前半:
風上から攻めるエスパルスボールでキックオフ。
風上を生かして先制して、イ・グノにスペースを与えないようにしたいところ。

試合開始直後、右CKからファーで岩下がボレー。これが決まってあっという間に先制。1−0。前の人とハイタッチをかわす。

その数分後、相手FKがDFに当たって方向が変わり、あわやゴールという場面がありましたが、山本海人が素晴らしい反応でCKに逃れました。

前半10分頃、短いパス交換から右サイドを駆け上がった市川にパス。フリーの市川は深い所から丁寧なクロスを上げると、中央に飛び込んできたのは枝村。珍しいヘディングシュートが決まって、ゴール。2−0。たったの10分で2回目のハイタッチ。

前半20分を過ぎた頃、裏に飛び出した兵働にロングパス。兵働はトラップして前を向くと左足で鋭くシュート。これがゴール右隅に決まって、3−0。
「あの飛び出し、あのトラップ、あのシュート…」
アストロビジョンで、ゴールシーンを見返した後で言いました。
「自分の知ってる兵働じゃない…」
…兵働、ゴメン。

その後もエスパルスは中2日とは思えない運動量と集中で、ゲームを支配。
何度もクロスをはね返す岩下と青山のCBコンビ、サイドを駆け上がる市川と太田宏介、中盤でボールを奪い展開する伊東テルと本田拓、積極的に攻撃参加する兵働と枝村、ハードワークしてタメを作るヨンセンと岡崎。

思わず緩みそうになるところを、「3点差では、まだ分からない」と言って自分を引き締めました。
「ソースはさっき(試合前)のウイイレだ」
…間違っていないよね?

前半終了間際、CKから1度は海人が防いだものの、こぼれたボールを前田に押し込まれて3−1。
その直後、岡崎が裏に抜けて決定的なシュートを放ったものの、バーに弾かれてしまった。
このまま、前半終了。
「最後の1点が余計だったなあ…」

 

後半:
後半はジュビロが風上。ただ、前半に比べると風は少し弱くなったようでした。

ジュビロは、後半から2人交代。
その交代のためかどう分からないけど、後半はジュビロにボールを支配される展開。
青山と岩下が相手のクロスをはね返すものの、セカンドボールを拾われて苦しい時間が続きました。

そんな後半10分過ぎ、右サイドから岡崎がクロス。ファーサイドに流れたところを、枝村がトラップしてからシュート。飛び出していたGKは防ぐことができず、ゴール。4−1。ハイタッチを交わした…て、しつこいか。
押し込まれていた時間に1回のチャンスをものにできたことが大きかった。

後半22分、ジュビロは3人目の交代。
中2日であること、序盤から精力的に動いていることを考えると、エスパルスの選手も疲労しているはず。そこで、
「そろそろ交代を考えてもいいんじゃないか?」
と言うと、
「また長沢か?」と返されてしまった。
もう山形戦でのことはもう忘れてくれよ…

後半28分、兵働から淳吾に交代。

その数分後、DF裏に走った岡崎に、岩下からロングパスが出る。
「行け、行け!」
ボールを受けた岡崎はDFを振り切るとシュート。左隅に決まって5−1。
ダメ押しとなる得点に、周囲にいた3〜4人とハイタッチ。
一方で、席を立って出口の方に向かう人もいました。

後半40分、ヨンセンに代わって長沢。
「…本当に長沢だよ」
なんだかんだ言って、長沢とは縁があるのかも。

その後、岡崎や長沢が決定的なシュートを放ったものの、決まらなかった。
5−1で試合終了。

 

選手のあいさつが終わると、いよいよ勝ちロコ。
まず枝村コール。「無茶ぶりだよ」と言っていると、次はテルコール。「…無茶ぶりはどこまで続くんだ?」
伊東テルとパウロが入ると、ついに健太コール。
健太監督が途中からダッシュで入ってきた。

この勝ちロコから「王者の旗」を歌って、いつもの3倍の(公式発表)花火が終わるまでの時間は、まさに至福の時でした。

 

4点差はダービー史上初とのことです。ある意味、ダービーだったからこそ、この点差になったように思います。もう1〜2点取っていてもおかしくなかったけど。

それにしても、昼のSBSカップでは日本6−1静岡だったから、1日で13のゴールを見たことになります。こんなにゴールを見た日は今までなかったし、今後もないだろうなあ。

|

« 早朝の地震 | トップページ | さあ、走り出せ!(9/5 ヤクルトスワローズ) »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/46004586

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的大勝(8/22 ジュビロ磐田):

« 早朝の地震 | トップページ | さあ、走り出せ!(9/5 ヤクルトスワローズ) »