« 薄曇り…(9/27 慶應—法政2回戦) | トップページ | 野球は続く…(10/3 広島カープ) »

雨、上がる?(10/3 立教−法政1回戦)

この日の試合開始予定は、11時。
その少し前に神宮球場に着きましたが、強い雨が降っていました。
「(試合を)やるのか、これ?」と中をのぞきこむと、スタンドから何人もの人が下りてきました。
後からわかったんだけど、試合開始が遅れたため、雨を避けてきた人たちでした。
結局、試合は11時39分に始まりました。

法政 1−3 立教

(以下、長文です)

試合が始まる頃には、雨はほとんど止んでいました。
「時間通りにできたんじゃないか」と思うほど。
その一方で、試合中にいきなり降り出す場面もあって、困った天気でした。
この天気のせいか、前週とは打って変わって、内野席も空席が目立ちました。
風は、レフトからライトに吹いていました。

 

法政の先発は加賀美(かがみ)。
打線は少し変えて、1番に成田、6番に加治屋(かじや)、8番に加賀美が入り、9番にサードで難波。
捕手は慶應戦と同じで、5番ファーストに石川、7番捕手で廣本が入りました。
立教の先発は戸村。

慶應との対戦で連敗してしまった法政。
この日は、応援団も応援を少し変えたりしていました。

 

1回表:
加賀美の球速は140キロ前後でした。
先週と比べて、特別よくなっているようには見えませんでした。
ときどき100キロ前後のスローカーブを多用したものの、なかなかストライクに入りませんでした。
それでも2死をとったが、3番・五十嵐にセンター前ヒット。
そして、盗塁。思わず「投げるな!」と叫んだほど完璧なスタートだったけど、廣本からの送球がよく、きわどいタイミングでした。
この2死2塁の場面で、4番・岡崎がライト前ヒット。0−1。あっさり先制されてしまいました。

1回裏:
戸村の前に、三者凡退に打ち取られました。

3回裏:
7番・廣本が四球。この試合、初めての走者。
8番・加賀美がバント。当たりは強かったが、1塁方向にきっちり決めて1死2塁。
難波のセカンドゴロで、1死3塁。
しかし、成田が打ち上げてしまいました。
戸村は素晴らしいピッチングでした。とくにスライダー(だと思う)の切れは凄かったです。
それでも、カーブらしき球が高めに抜ける場面もあって、
「必ず、チャンスはあるはずだ」
と思っていました。

4回表:
先頭の五十嵐にセンターオーバー2塁打。
この後のピンチは防ぎました。
ピンチのときはいつもそうなんだけど、この時も加賀美は球速を増したようでした。

4回裏:
和泉が1・2塁間を破る。打球がかなり速く、あっという間に抜けて行きました。
3番・多木がバントで送って、1死2塁。
4番・松本雅がライト線一杯に入る2塁打。同点。その後は抑えられた。

5回裏:
廣本がセンター前ヒット。
加賀美はバントの構えだったけど、2球目(だったと思う)でヒッティングに切り替えて、センター前に落としました。無死1・2塁。
ここで難波はバント。ファーストがもの凄いチャージをしてきて、3塁封殺。どのくらい凄いチャージだったかというと、ピッチャー前(やや3塁方向だったかも)のバントを捕ったほどです。
続く1番・成田はセカンドゴロで2死1・3塁。
成田に代走・喜多。
「…1番打者に代走とは珍しい」
思わず、つぶやいてしまいました。
和泉は四球で、2死満塁。
ここで戸村の球速は上がったようで、多木は高めの球に手を出して三振。

6回表:
1死から、またしても3番・五十嵐がレフト前に落とすヒット。
この試合3安打目なんだけど、立教が放ったヒットは5本。
「(五十嵐は)よほど加賀美に合うのか、もともといい打者なのか」
まあ、3番に起用されるくらいだから、後者の可能性が高い気がする。

ただ、加賀美も立ち直って、序盤より球威が増したようでした。そして、スローカーブも決まるようになっていました。こういったところは、さすがです。
後続は抑えました。

7回裏:
2死から、代走から入っていた喜多が打席に立ちました。
「前は違ったよなあ…」
と言ったのは、巨人・松本哲也のように「天秤」にしていたこと。
残念ながらセカンドゴロに倒れました。

8回裏:
1死から多木が四球で出塁。代走に中尾が出ました。
しかし、そのかいもなく、4番・松本雅がセカンドゴロで併殺に終わりました。

9回表:
1死から3番・五十嵐がヒットで出塁。ついに4安打目。
1回に盗塁を許している加賀美は、走者のことも気になるようでした。
すると、その直後、4番・岡崎の鋭い打球はレフトスタンドに吸い込まれました。1−3。

残念ながら、もう時間でした。
「逆転するのを見られないのが、残念だ」
そう言い残して席を立つと、ドームへ向かいました。

 

9回裏、法政は得点することができず、3連敗となってしまいました…
自分が、この秋に観戦した試合全てに負けているわけです。
凹むなあ…

加賀美はよく立ち直ったと思うんだけど、3番・五十嵐と4番・岡崎のコンビにやられたのが痛かったです。

一方の、立教・戸村投手もよかったです。
スライダー(らしき)球の切れが凄かったことは書きましたが、途中からはストレートの球速も増し、抜ける球もなくなりました。

素晴らしい投手戦でした。
これで勝てたらよかったんだけど…

 

話は逸れますが、気がつくと、喜多のことを特別な目で見ていました。
喜多については、少しキツい感じで書いてしまったこと があって、それ以来、心の奥で気にかけていたようです。
その後、大学選手権決勝慶應戦 で、懸命にプレイする姿を見て、成長を感じた部分もあって、ひいきするようになったようです。
最近は出番も減っていて、また、秋シーズンも残り少なくなってきましたが、悔いの残らないようにがんばってほしいです。
もちろん、他の4年生も。

|

« 薄曇り…(9/27 慶應—法政2回戦) | トップページ | 野球は続く…(10/3 広島カープ) »

スポーツ」カテゴリの記事

法政」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/46384894

この記事へのトラックバック一覧です: 雨、上がる?(10/3 立教−法政1回戦):

« 薄曇り…(9/27 慶應—法政2回戦) | トップページ | 野球は続く…(10/3 広島カープ) »