« 長い戦いの末に…(12/29 名古屋グランパス@エコパ) | トップページ | 広島戦でのPKについて »

J開幕(3/6 サンフレッチェ広島@広島)

久しぶりの更新です。
天皇杯が終わってから、このブログも約2ヶ月間冬眠していました…

そうしているうちに、早くも3月。
いよいよ春眠の季節…
じゃなかった、今年もJリーグの開幕です。
アウェイ(広島)なので、残念ながらTV観戦ですが…

 

簡単に試合を振り返ってみます。
いきなりPKで失点してしまった前半。広島の固い守りに、なかなかシュートまで持っていけず、かえって速攻を受ける始末でした。

後半はうまく修正して圧倒的に押し込む展開でした。
サイドから何度もチャンスを作りながら点が取れない時間が続くと、太田(69分、児玉)、大前(81分、兵働)、辻尾(86分、市川)を相次いで投入。そしてロスタイムに右FKから大前が同点ゴール。アウェイの開幕戦を1-1の引き分けで終えました。

 

失点の場面は不運だったように思います。
ミスと言えばミスかもしれないけど、雨に濡れたピッチであのボールの処理は難しいと思うし、しかも、まだ固さのとれない開幕戦の前半2分。これは不運と言うしかないんじゃないかと。

それにしても驚いたのは、あのPK。
「ボールを置いた人」=「PKを蹴る人」と勝手に思い込んでいたんだけど、別でもかまわないんだ…

 

今年から導入した「4−3−3」について。
前線の人数が増えたことで得点力アップ!…と行けばよかったんだけど、前半を見る限りでは、うまく機能しているようには見えませんでした。
ただハーフタイムで修正したのか、後半は両サイドを中心に押し込み、ボランチの本田拓までも攻め上がって分厚い攻めを見せました。
この試合1試合で、よい部分と悪い部分の両方見られたのは収穫だと思うので、次のホーム開幕戦に生かしてほしいです。

 

レフリングで気になった点も1つ。
この試合、ジャージを引っ張る反則を厳しくとっているようでした。今年からそうなったのか、この試合だけかは分からないけど(もちろん、自分の気のせいかもしれない)、念のため確認する必要があるかもしれません。

 

それにしても、やっぱり大前は持っているなあ。

|

« 長い戦いの末に…(12/29 名古屋グランパス@エコパ) | トップページ | 広島戦でのPKについて »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/47741794

この記事へのトラックバック一覧です: J開幕(3/6 サンフレッチェ広島@広島):

« 長い戦いの末に…(12/29 名古屋グランパス@エコパ) | トップページ | 広島戦でのPKについて »