« 現実になる場所。(4/24 広島カープ) | トップページ | 5/4 練習試合 静岡産業大@三保 »

寒風と太陽。(4/25 広島カープ)

前日 の余韻がまだ抜けないまま、再びドームにやってきました。
この日はデーゲーム。
まだまだ風は冷たかったけど、青空が広がり、ドームの屋根がもったいない感じがしました。

いつものように子どもの姿が多く見られました。

ジャイアンツ 8−2 カープ

25番ゲートを入って階段を下りた通路に置かれた台には、昨日来れなかったファンからのものと思われる花が供えられていました。

ジャイアンツの先発は1軍に上がったばかりのオビスポ。広島の先発は小松。ライトに廣瀬がいて、また1塁塁審(だったと思う)が深谷で、法政OBが多いなと少しテンションが上がりました。

 

1回裏:
坂本が内野安打で出塁すると、松本はサードへのファウルフライに倒れたものの、小笠原がライトスタンドへホームラン。2-0。

2回表:
先頭の4番・栗原がショート坂本のエラーで出塁すると、末永もライト前にヒット。無死1・2塁。
6番に入った廣瀬は3塁方向にバント。オビスポが処理したんだけど、どう見ても間に合わない3塁へ投げようとして、結局1塁もセーフ(記録はバントヒット)。無死満塁になってしまった。
7番・小窪の打球は、鋭いライナーとなってレフトへ。ラミレスは一度前に出てから後ろに下がってジャンプ。両手を伸ばしたけど頭を越されてしまい、2塁打。走者2人が還って、同点。2-2。

続く石原は浅いセンターフライ。小松も前進守備のセカンド脇谷へのゴロで、3塁走者は動けない。前日3安打(しかも2塁打2本)の東出もセカンドゴロ。なんとか2点でしのぎました。
「運がよかった」
内野が前進守備を布かなかった石原の打席では浅いフライで、小松の打席で前進守備を布いたところセカンドゴロ。逆だったら勝ち越し点を与えていた…とのこと。

2回裏:
2死から8番・脇谷が四球。
とはいっても、次は投手のオビスポ。これで3回の攻撃は1番からになる…そう思っていたときでした。
オビスポの打球はあっという間にレフトオーバー。クッションボールの処理が早くオビスポは1塁止まりだったけど、2死1・3塁。
この勝ち越しのチャンスに坂本だったけど、残念ながらショートゴロに倒れました。

3回表:
先頭の梵にヒットを打たれると、1死1塁となって、4番・栗原の打球は三遊間へ鋭い当たり。
ヒットだ…そう思った次の瞬間、坂本がキャッチすると素早くセカンドに送球してアウト。
「おー」
と歓声を上げていると、脇谷は1塁に素早く送球して併殺。ピンチになるはずが、一瞬で切り抜けました。

3回裏:
先頭の松本がヒットで出塁すると、小笠原もレフト前ヒットで無死1・3塁。これにラミレスも三遊間を破るヒットで続いて、1点を勝ち越し。3-2。
なおも無死1・2塁だったけど、このチャンスは長野、由伸と三振に倒れ、得点できませんでした。

4回表:
交代が告げられました。長野に代わって亀井がライト。
「?? ケガか? それともさっきの三振のせいか?」
ケガではありませんように…。
この回はオビスポが三人で打ち取りました。

4回裏:
広島の投手は、この回から上野に交代。
小松は3回で球数が50球を超えていて、苦しいピッチングだったけど、ここで代えてくるとは思わなかった。
先発させた以上、もう少し任せてあげてほしかった。もちろん、身びいきだけど。

1死から投手のオビスポ。
前の打席でヒットを打って気をよくしているのか、初球をものすごい空振り。
「あちゃ…」
その直後でした。再び強振したバットにボールが当たり、ライナーとなって、レフトスタンドぎりぎりに飛び込んでいきました。4-2。

さらに坂本が四球で出塁しましたが、松本がショートゴロ併殺に倒れました。

5回表:
交代が告げられました。松本に代わって谷がライトに入り、亀井がセンターに回りました。
「また?? ケガじゃないだろうなあ…」
この時は分かりませんでしたが、松本は本当にケガでした(左太もも裏の筋膜炎で翌日に抹消)。
嫌な感じでしたが、この回もオビスポが抑えました。

5回裏:
広島の投手は、この回から篠田。
先頭の3番・小笠原が左中間に2塁打。さらにラミレスもうまく流し打って右中間に2塁打。あっという間に1点を追加。5−2。
阿部がショートゴロに倒れ1死3塁となった後、さらに亀井も左中間に2塁打。6−2。
高橋由伸と脇谷は倒れました。

6回表:
タイムリーを打ったラミレスのコールをすると、ラミレスは「ヨロコンデ〜」のパフォーマンスで応えました。
そうしていた時、交代が告げられました。阿部に代わって鶴岡。
「大丈夫なのか…」
試合の半分が終わった所での捕手の交代。まだ4点のリードしただけ。ケガではないのだろうか。ケガでなくても、ここで代えてしまって、万一ということはないだろうか。

1死からヒットと四球で1・2塁のピンチを迎えましたが、廣瀬をショートゴロ併殺に打ち取りました。

7回裏:
「闘魂こめて」が終わった後、少し様子がおかしいなと思ったら、最前列の方がイルカ(小笠原の応援に使うもの)をグラウンドに落としたようでした。それをライトの廣瀬が拾って返しました。
そんな場面がありつつ…

広島の投手は青木勇に交代。
その青木勇は、いきなりラミレスに死球。代走に鈴木尚広。
その後、鶴岡、亀井と外野フライに倒れたけど、7番・高橋由伸はライトポール際に2ラン。8−2。
復活のホームランに、ライトスタンドは沸きました。
この回が終わった所で高橋由伸はベンチに下がりましたが(代わりに小林雅英が入り、ファーストにはイ・スンヨプ)、ベンチに向かって由伸コールを繰り返しました。

9回表:
歓声が大きくなりました。
マウンドには3番手の星野真澄。去年(09年)の育成ドラフト1位で入団し、3月に支配下登録選手となって、少し前に1軍に上がったばかりの左腕。そして、これが初登板でした。

廣瀬がセンターフライに倒れると、小窪は四球。
広島の応援は、ある意味で一線を越えたようでした。
「イッパツ、イッパツ、イーッパツ!」
真面目に応援しているとは思うけど、なんというか、独特の味があるというか…

石原はショートゴロ併殺で試合終了。8−2。

 

ヒーローインタビューは、当然、オビスポでした。
まず気分を聞かれると、
「ゲンキ、ゲンキ」
一番よかったところを聞かれると、
「ホームラン」
ジャイアンツの外国人投手が打ったホームランは、ガルベス以来11年ぶり。そして、その年にガルベスは4本を打ったと伝えられると、
「バッターじゃないので…」
…自分からホームランの方に話を持っていったんじゃないか!
と突っ込んでしまいました。心の中で。

 

2次会ではまず、ヴィーナスがポンポンで「V」「5」の文字。
「? まだ4連覇していないけど…」
とボケてしまいましたが、これは「5連勝」の意味でした。

その後、いつものようにジャビットのパフォーマンス、活躍した選手の応援(オビスポ、由伸など)と続きました。

「5ビバ」が始まるころ、ドームの芝の上に多くの親子連れが入ってきました。「ファミリー・オープンフィールド」と言って、試合後のグラウンドでキャッチボールをするという企画です。
そのキャッチボールの合間に、ライトのフェンス際に子どもを立たせて、オレンジのタオルで一杯のライトスタンドを背景に写真を撮る親子が何組もいました。

 

87G-Po(ジーポ)

|

« 現実になる場所。(4/24 広島カープ) | トップページ | 5/4 練習試合 静岡産業大@三保 »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/48219951

この記事へのトラックバック一覧です: 寒風と太陽。(4/25 広島カープ):

» 広島カープを応援 [みな子のブログ]
カープを語りたーい! [続きを読む]

受信: 2010/07/17 07:47

« 現実になる場所。(4/24 広島カープ) | トップページ | 5/4 練習試合 静岡産業大@三保 »