« 負の連続。(5/23 オリックスバファローズ) | トップページ | ベテラン。(6/20 中日ドラゴンズ) »

乗れない波。(6/19 中日ドラゴンズ)

約1ヶ月ぶりの観戦です。
交流戦も終わり、リーグ戦再開後の2試合目…なんだけど、この日はワールドカップ、日本−オランダ戦の当日。
この東京ドームでも野球が終わった後、パブリックビューイング(PV)があるということで、いつもと違った雰囲気がありました。

例えばA社のショップでは、店頭に日本代表のレプリカユニフォームを並べ、店員も青いレプリカを着ていました。
また、ドームの中でもPVのチケットを販売していました。

そんな中、いつもと同じように試合が始まりました。

ジャイアンツ 4−7 ドラゴンズ

(以下、長文です)

中日の先発は吉見。巨人は左打者を並べました。交流戦中、高橋由伸が入ることが多かった2番には、脇谷が入りました。
ジャイアンツの先発はゴンザレス。なかなか調子が上がらないけど、一度帰国してリフレッシュしているはず。

外は夏のような暑さだったけど、空調が効いているドームの中は快適…ということは全くなく、すぐに汗だくになりました。
中日の応援にはトランペットが復活していました。

 

1回表:
「あ…」
先頭の荒木が叩きつけた打球は、大きく弾んでサード小笠原の上を越えていって、2塁打。
これで制球を乱したのか、それとも、元々悪かったのか分からないけど、ゴンザレスは大島の足にぶつけてしまい、無死1・2塁。
気の毒なことに大島はベンチに下がり、代走に藤井が出ました。
ゴンザレスは、続く森野にも全くストライクが入らずに四球を与えてしまい、あっという間に無死満塁となってしまいました。

ここで4番、この日誕生日の和田(5打席全部で「ハッピーバースデー」をかけられたから覚えている)を迎えました。
ゴンザレスは、ここから和田とブランコを連続三振に打ち取りました。
行けるかも…
そう期待を持った直後、野本は追い込みながら、押し出しの四球。0−1。
気持ちを落ち着けようとビールをグイと飲んだその時。堂上が初球をライト前に弾き返して、3塁走者がホームインしました。0−2。
「…」
それでも、ライトの長野が前寄りに守っていたため、2塁走者がホームインすることは阻止しました。
谷繁はセカンドゴロに打ち取って、ようやく1回の守りが終わりました。

1回裏:
1死から、2番・脇谷はレフト線に鋭い打球を放ちました。レフトを守っていた和田がダイビングキャッチを試みて失敗、脇谷は一気に3塁まで進みました。

前進守備の上を抜けて、小笠原の打球はセンター前に鋭いライナー。センターの藤井が飛び込んで押さえたけど、審判の判定はワンバウンド。1点を返しました。1−2。
なおも1死1塁のチャンスだったけど、ラミレスはサードゴロ併殺。1点止まりでした。

2回裏:
先頭の阿部が鋭いライナー。センターに伸びていき、藤井はしばらく見てから慌てて下がり、最後はジャンプしてキャッチ。
ドーム中がどよめきました。
この後、亀井にヒットが出たものの、無得点に終わりました。

3〜4回表:
ゴンザレスは立ち直ったのか、3回、4回と三者凡退に抑えました。

4回裏:
先頭の阿部が高く打ち上げました。少し詰まり気味だったけど、落ちたのはバックスクリーンの右。2−2。
「詰まった」当たりで、バックスクリーン横まで運ぶのだからすごい。しかも、2試合連続のホームラン。
追いついて、一気に畳み掛けたいところだったけど、後は3人で打ち取られました。

5回裏:
1死から坂本はショート前へのゴロ。荒木がさばいたけど、1塁へ悪送球。珍しいこともあるもんだ。1死2塁。
脇谷のときに、この日初めてのチャンステーマ「Gフレア」。
相手のミスにつけ込みたいところでしたが、脇谷はライトフライ、小笠原はファーストゴロに終わりました。

6回表:
先頭のブランコに2塁打を打たれた所で、ゴンザレスがマウンドを下りました。
1回表の内容を考えると、よくまとめたなあという感じ。ベンチに下がる時、スタンドから拍手が起こりました。

2番手に上がったのは久保。好調なんだけど、その分、登板数も多くなっているのが心配。
この久保が野本に四球を与えてしまい、無死1・2塁のピンチ。
7番・堂上直はバントを試みました。キャッチャー前に落ちたボールを阿部がサードに送球、さらにファーストに転送して、あっという間に併殺に仕留めました。
谷繁も三振で、0点でしのぎました。

6回裏:
先頭・ラミレスが捉えた打球は、あっという間にグラウンドの上を横切り、一直線にレフトスタンドに突き刺さりました。3−2。
「すごい…」
オーロラビジョンのリプレイ映像を見て、ため息が出ました。
もう何年も前の広島戦、松井のホームランが自分のすぐ横に突き刺さった時のことを思い出しました。

この後、イ・スンヨプの四球と長野の三遊間を破るヒットで、2死1・2塁のチャンス。
打順が久保に回った所で代打・高橋由伸。ドームの歓声が高まり、内野席のあちこちからフラッシュが焚かれました。
高橋由伸はライト前ヒットでつないで、満塁。

坂本が打席に入ると、再びチャンステーマ「ファイター」が始まりました。
その坂本の打球は、センター前への浅い当たり。
落ちる…
そう思いましたが、藤井がダイビングキャッチ。
藤井はここまで危なっかしいというか、打球の判断に苦しんでいるようだったのに、ここでファインプレーが出るなんて…。

7回表:
久保に代打が出たため、この回から豊田がマウンドに上がりました。
豊田は代打・新井を打ち取った後、荒木には右中間を破る2塁打を打たれました。
藤井のショートゴロは打球が緩く、荒木は3塁に進み、2死3塁。
3番・森野に対して、左腕の山口がマウンドに上がりました。
が、初球をセンター前に弾き返されてしまい、あっさり同点。3−3。
この日誕生日の(しつこいか)和田は抑えました。

8回表:
この回も山口がマウンドに上がりました。
山口は悪くないように見えたけど、どういう訳か嫌な感じがして、「前の回(同点に)追いつかれなかったら、越智だったかな」
とつぶやきました。
その直後。ブランコが打った打球がライトの方に伸びてきて、頭上を越えていきました。3−4。
しばらくして誰かがつぶやいた。
「あ、ツインアーチだ…」
両チームからホームランが出たら、M社のビッグ○ックが無料になるというサービスなんだけど、さすがに喜んでいる人は誰一人としていませんでした。

8回裏:
先頭の阿部がライトスタンドへソロホームラン。この試合2本目。4−4。
さらに2死から、長野の打球もバックスクリーンへ伸びました。 
入った!
そう思いましたが僅かに足らず、フェンス直撃の2塁打。
山口には代打・工藤。
すると、中日のライトがセカンドのすぐ後ろまで出てきました。
これにちょっとイラッときました。打席に立つのが投手ならともかく(8回表の浅尾の打席で、ジャイアンツも同じ守備をとった)、左打者の工藤で、ライトを前に出すなんて…。

工藤が放った打球は強烈で、ブランコが弾きました。慌ててボールを拾ったブランコは1塁に向かいましたがセーフ。2死1・3塁。
このチャンスに、またしても坂本を迎えて期待がかかりましたが、サードゴロ。どうにも坂本にヒットが出ない…。

9回表:
マウンドに上がったのはクルーンでした。
勝っている場合はもちろん、同点でも9回に投げることが多いので、予定通りの交代だったと思います。
クルーンは荒木、藤井を打ち取って2死。
ここから森野に粘られて、最後はライト線2塁打。この日誕…和田には四球で、2死1・2塁。
「あ…」
ブランコにはレフトスタンドに、打った瞬間に分かる当たり。2打席連続の3ラン…。4−7。
クルーンがホームランを打たれるなんて、いつ以来だろう?
自分の中では、08年に中村紀に打たれて以来です。

9回裏:
岩瀬がマウンドに上がりました。
併せて、中日は守備にも大きく変更がありました。あまりに多くの交代で混乱してしまったのか、場内アナウンスが途中で途切れてしまい、しばらく間がありました。

先頭の脇谷は、センター前に抜けるヒットで出塁。
その脇谷がスタートを切った時、小笠原もセンター前に抜けるヒットを放って、一気に無死1・3塁のチャンス。
岩瀬は高めに浮く球も多く、あまり調子がよくないようでした。
4番・ラミレスは、ドライブのかかった強烈な打球を1塁線に放ちました。
抜ける!
その次の瞬間、ファーストがライナーをキャッチ。飛び出した代走の寺内も戻れず、併殺…。
続く阿部は力無いファーストゴロに倒れ、試合終了。4−7。

 

なんか、自分が観戦すると、いつもブランコにホームランを打たれている気がする…。
ホームランが全部ソロの一方で、チャンスにヒットが出なかったのも痛かった。

 

人混みの中を出口に向かいました。PVのチケットを売る声だけが、通路に大きく響いていました。
外に出ると、両チームのファンと日本代表のユニフォームを着た人で混雑していました。
「日本代表(のサポーター)と中日ファンと区別がつかないなあ…」
そんなことを言いながら駅に向かいました。

 

51G−Po(ジーポ)

|

« 負の連続。(5/23 オリックスバファローズ) | トップページ | ベテラン。(6/20 中日ドラゴンズ) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/48681712

この記事へのトラックバック一覧です: 乗れない波。(6/19 中日ドラゴンズ):

« 負の連続。(5/23 オリックスバファローズ) | トップページ | ベテラン。(6/20 中日ドラゴンズ) »