« 三日吹く風。(8/29 広島カープ@マツダ) | トップページ | 長谷川健太監督の退任を聞いて »

背水。(10/23 中日ドラゴンズ@ナゴヤドーム CS第4戦)

この日で、CSファイナルステージも第4戦です。
連敗で王手をかけられてから1つ勝って、この日を迎えました。
急にチケットが手に入り、また試合を観戦できるよろこびを感じつつ、名古屋に飛びました。

そうは言っても、一抹の不安も…。
というのは、過去3年、CSで決着がついた試合を全て見ています。
「まさか今年も…」
そんな不安がありました。

この日の席はレフト。
レフトと言ってもビジター席ではなく、巨人ファンと中日ファンが入り混じっている席。
幸運にも、自分の周りには巨人ファンが固まっていましたが、真後ろだけは中日ファンの方で、つぶれた声で声援を送っていました。

ジャイアンツ 3−4x ドラゴンズ

(以下、長文です)

前日勝ったジャイアンツですが、この日は打順を少し変えていました。
1番に坂本が戻り(腰を痛めたとのことで、ファイナルステージでは代打のみだった)、前日まで1番を打っていた脇谷が2番に入りました。
7番・センターに矢野、8番ライトには偵察要員で東野が入っていました。
まあ、ここで相手の先発が読めないのは、ちょっと苦しいところです。
 
先発はグライシンガー。CSのファーストステージに中継ぎで登板して以来。ただ、その時には制球を乱してあまりよくなかった…
中日の先発は山本昌。そのためか、キャッチャーには小田が入っていました。
 

1回表:
坂本、脇谷と倒れ2アウト。
ここから、小笠原がライト前に弾き返すヒット。
ラミレスもライト線を破る2塁打。2死2・3塁と先制のチャンス。
が、阿部は三振に倒れました…。

 
1回裏:
偵察要員が入っていた8番・ライトには谷が入りました。

先頭の荒木にライト線を破られました。レフトからだとよく分からなかったけど、どうも処理が遅れたようで、3塁打。
それでもグライシンガーは大島を打ち取ると、森野のファウルボールは、小笠原がカメラマン席に身を乗り出してキャッチ。2アウトになりました。

そして4番・和田。
追い込んでから、和田の打球はレフトポール際へ。
「切れろ!切れろ!」
その叫びが通じたのかどうか、わずかにファウル。胸を撫でおろしました。
結局、和田は三振。
無死3塁のピンチを、なんとか無失点でしのぎました。
 
2回裏:
先頭のブランコに内野安打を打たれました。
ここから野本、井端を打ち取り2アウトになりましたが、小田にヒットを打たれて、2死1・2塁。

打順は、投手の山本昌。
「(第2戦でタイムリーを打った)吉見みたいに打て!」
後ろの中日ファンからそんな声が聞こえてきました。
…それは虫が良すぎるだろう。
グライシンガーは、山本昌を三振に打ち取りました。

3回:
3回はどちらも三者凡退。
山本昌のペースにはまっているような、いやな感じがしました。
もっとも、グライシンガーが立ち直ってきた(ように見えた)のはいいことでした。

 
4回裏:
1アウトからブランコに四球。
続く野本はライトフライに打ち取りましたが、これも強い打球でした。
…代えた方がいいんじゃないかな。
そう思ったのは、グライシンガーの球が浮いてきているように見えたからです。
続く井端にはヒットでつながれて、2死1・2塁。
 
8番・小田のところで、外野はかなり前に出ました。
1・2塁という状況を考えれば、外野は深く守って大量失点を防ぎたいところです。
にも関わらず、先制点を防ぎにいかざるを得ないのは、王手をかけられた苦しさ。
そして、小田の打球は、その浅いレフトとセンターの間を抜けていきました。1塁から井端までホームイン。0−2。

5回表:
先頭、高橋由伸の打球は、あっという間にライト前に抜けていきました。
続く矢野の打球は三遊間。
「抜けろ!」
思わず叫んだのが効いたのか、この打球もレフト前に抜けて、無死1・2塁。
8番・谷の打席からチャンステーマ「ファイター」。
谷は完璧なバントを決めて、1死2・3塁とチャンスを広げます。

グライシンガーに代打・長野。ここで、投手は山本昌から河原に交代。
その河原はボールが先行します。
…四球でもいいかな。
そんな想いが、胸をよぎりました。
長野も同じ気持ちだったとは思わないけど、外角いっぱいの球を見逃して、三振。
坂本もセカンドゴロで、この回も点を取ることができませんでした。
 
6回:
ジャイアンツは高木−マイケルとつないで、中日は河原が5回、6回を投げ、ともに0点に抑えました。
試合は、ついに終盤を迎えました。
 
7回表:
この回から、マウンドには左腕の高橋が上がりました。
先頭の阿部がヒットで出塁するも、高橋由伸が三振、矢野がセンターフライで、2アウト。
それでも、谷がレフト線を破り、阿部は一気に3塁へ。谷は2塁…と思ったら、レフトの返球が早く、慌てて1塁に戻ります。
 
マイケルに打順が回ったところで、代打・亀井。
このCS、というか、今年ずっと不振だった亀井。
…そろそろ打ってくれ!
そういう思いの中、チャンステーマ「スパルタンX」が始まりました。
気に入っている応援であること、自分の印象では点を取っている応援ということもあって、力が入りました。
もっとも、この応援は北海道の応援団が来ている時だけ使う応援。自分にとっては約1年ぶり 通算でも4回目くらいで、少し間違えてしまった…。
 
そんな(?)期待のかかった亀井でしたが、ボール球に手を出した後、ショートフライ…

7回裏:
マウンドに上がったのは、クルーン。
ずっとクローザーをしていたクルーンですが、このCSでは中継ぎ。
そのクルーンは、先頭の谷繁に四球。
ここから1死2塁のピンチを迎えましたが、0点でしのぎました。

8回表:
先頭の坂本がセンター前に抜けるヒット。
「サカ…ハヤト!」
「ハヤト」とコールする名古屋の応援に、なかなか慣れない。
続く脇谷も1・2塁間を破って、無死1・3塁のチャンス。
流れが来ているのか、小笠原の打席の時に、バッテリエラー。
ボールは前にこぼれたものの、脇谷は2塁に進み、無死2・3塁。
 
その直後。小笠原の打球はライトへ伸びました。
「いけ!」
が、フェンスギリギリのところでライトがキャッチ。
「ああ…」
それでも、タッチアップからようやく1点を返しました。1-2。
ビバが始まったところで我に返り、慌ててタオルをつかみました。ビバが終わると、前の人とグータッチ。
 
ここで、中日の投手は高橋から浅尾に交代。
なおも1死3塁のチャンスでラミレスだったけど、ショートゴロに倒れました。
CSファーストステージ第2戦のように、つなごうとしたんだろうか。
 
8回裏:
山口がマウンドに上がりました。
山口は、このCS、クルーンに代わってクローザーを任されています。
が、この状況で投手をケチってもしょうがない。
 
2死1塁から英智にヒットを打たれ、2死1・2塁。
井端を迎えたところで、外野は極端な前進守備。小田にタイムリー2塁打を打たれた時よりも前で、ラミレスはショートのすぐ後ろでした。
…怖いなあ。
結局、四球で2死満塁。
続く谷繁にも、際どい球もあったものの、四球。押し出しで、再び2点差となってしまいました。1-3。
なおも満塁のピンチでしたが、藤井はセカンドゴロに打ち取りました。
 
9回表:
先頭の高橋由伸が鋭くレフト前に弾き返し、出塁。
続く矢野の打球はレフトへ伸びました。
「入れ!」
スタンドまではわずかに届きませんでしたが、これが2塁打となって、高橋由伸は1塁から一気にホームイン。2-3。
この辺りから、ずっとチャンステーマ「Gフレア」。
というか、8回、9回とずっと「Gフレア」をやっていた気がする…
 
谷は、再び素晴らしいバントを決めて、1死3塁。
打順が山口に回ったところで、代打・松本。
初球、浅尾が投げる瞬間、矢野が慌てて3塁ベースに戻りました。
「??」
2球目も動きがぎこちない。
すると、矢野に代走が出て、鈴木尚広が出ました。
おそらく、ゴロゴー等でのホームインを狙ったもの。
 
3球目。松本の打球は1・2塁間へ。
…抜けてくれ。
その願いは届かなかったものの、セカンド右へのゴロになり、3塁から鈴木尚広が帰って同点。3-3。再び、前の人とグータッチを交わしました。
ただ、先攻であること、引き分けでも中日の日本シリーズ出場が決まることを考えると、一気に勝ち越しておきたいところ。
「レフトへぶちこめ、ハヤト」
そういうコールをしましたが、坂本は三振に倒れ、同点で9回裏を迎えました。
 
9回裏:
マウンドには久保が上がりました。
久保は、先頭の荒木をサードゴロ。
しかし、代打に出た、ルーキーの中田亮には四球。
久保らしくないことなんだけど、中田亮はかなりの巨体で、前日も強烈な打球を飛ばしたばかり。四球を与えてしまうのも、少し分かる気がしました。
…代走は出さないのかな?
と思っているうちに、森野にも四球を与えて、1死1・2塁。
 
そして、4番・和田。
和田の鋭い打球がレフトへ。
…やられた! いや、これはラッキー。
打球の方向に、ラミレスがいるのが見えました。
少し前に出たラミレスは、突然、手を伸ばしてジャンプ。しかし、打球はその上を越えていきました。
「ああ…」
声ともため息ともつかないようなものを出し、浮かしかけた腰をどしりと落としました。
ベースを回るランナーと、頭上を飛ぶテープがぼんやりと見えました。
3-4x。
サヨナラ負け…
 
 
試合が終わった後も、セレモニーを呆然と見ていました。
周りの巨人ファンとは、
「来年、ドームで」
とあいさつを交わして別れました。
セレモニーが終わったとき、後ろの中日ファンともあいさつを交わしました。
中には「裏切り者」と言う人もいるかもしれないけど、自分たちジャイアンツファンの一団を相手に、1人で応援を続けた彼には脱帽でした。
それから、まだ人が多く残るナゴヤドームを後にしました。
 
 
正直、CSが始まる前は「1ゲーム差とはいえ3位。日本シリーズなんておこがましい」
そんなふうに思っていました。
ところが、いざ始まってみるとかなり熱くなりました。
その分、反動で急に疲れた気がしました。
そして、しみじみ思いました。
 
…明日は、試合が無いんだなあ。

 
 
選手、関係者の皆さま、1年間お疲れさまでした。

|

« 三日吹く風。(8/29 広島カープ@マツダ) | トップページ | 長谷川健太監督の退任を聞いて »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/49833630

この記事へのトラックバック一覧です: 背水。(10/23 中日ドラゴンズ@ナゴヤドーム CS第4戦):

« 三日吹く風。(8/29 広島カープ@マツダ) | トップページ | 長谷川健太監督の退任を聞いて »