« 痛みと夢(11/16 天皇杯 ガイナーレ鳥取) | トップページ | 2011-12シーズン観戦まとめ »

道、半ば…(11/20 柏レイソル)

きつい朝でした。
前日、甲府の応援(ジュビロ@ヤマハ)に行っての2連戦。
しかも、前日の試合は土砂降りの大雨。
…もうちょっと、布団の中でぬくぬくしていたい。
そんな気持ちを振り払って、いや、振り払えなかったけど、アウスタに向かいました。

エスパルス 1−2 柏レイソル

(以下、長文です)

それでもアウスタに着くと、気持ちが一転。
天候にも恵まれて、気分がよくなりました。

  • 10:34  アウスタ到着してます。2日連続のJ。やっぱり、アウスタはいいなあ。 »»

いや、前日のヤマハスタジアムが悪いというわけではないけど、やっぱりアウスタに比べると…。

 

エスパルスの先発メンバーは、GKに山本海人。CBは岩下とボスナーのコンビで、右SBは村松大輔、左SBは太田宏介。
ボランチにはヨン ア ピン(以下、キャラ)。その前にユングベリと枝村。
右FWに大前元紀、左FWにはアレックス。高原が1トップに入ります。

太田宏介は、この試合で100試合出場ということで、花束の贈呈がありました。

 

風がホーム側からアウェイ側に強く吹いていましたが、半袖でも十分か、というくらい暑い日でした。
後から知ったことですが、11月なのに夏日だったようです。


前半:
エスパルスボールでキックオフ。
前半は風上、ホーム側からアウェイ側に攻めます。

「柏はわかってるなあ…」
とつぶやいたのは、後半、傾いた太陽を背にして戦うことを選択したからです。

 

前半15分頃、元紀のパスを受けた高原が、右サイド深くからシュートを放ちますが、これは左に外れました。

前半20分頃には、左からのクロス、中央で枝村が後ろ向き(?)にヘディングシュートを放ちますが、これはGKがキャッチ。

前半25分頃には、パスの出しどころがなく、岩下がロングシュート。これもGK正面でした。

前半30分頃には、左クロスを枝村が(アレックスと重なっていたかも)ヘディングシュート。これもGKがキャッチします。
ただ、前線に飛び出してシュートを放つ枝村に、
…持ち味を発揮してるなあ。
と思いました。

前半35分頃、左サイドから宏介がミドルシュート。しかし、これは右に外れました。

前半35分、柏の速攻を受けます。
こちらの左サイドからドリブルで持ち込まれます。2人が対応していましたが、
右サイドを上がってきた選手に2人ともつられてしまい、中を空けてしまいました。
「あ!」
…決まった。
そう思いました。
が、ペナルティエリア手前から放ったシュートは、わずかに左に外れました。

 

柏はカウンター狙いのようでした。
守備を固める柏の前に、ボールは支配するものの、なかなかゴール前まで持って行くことができません。
ボールを奪うと柏は、中盤の左右に位置するレアンドロ ドミンゲスとワグネルが速攻を仕掛けてきます。

北嶋を何度かオフサイドにするなどしてしのぎましたが、息詰まる時間が続きました。
そして、あっという間に時間が過ぎて行きます。
…前半のうちに点を取りたいのに。

そう思っていた前半40分過ぎ。
ユングベリが左中で受けると反転。
「おお!」
思わず声が出てしまったほどの、鋭い切り返し。
これを栗澤が倒し、警告。

この、約30mのFKを蹴ったのは、ボスナーでした。
「おーっ!」
ボスナーの強烈なキックがゴール右に突き刺さりました。1−0。


間もなくハーフタイムとなりましたが、いわゆる「ボスナー砲」の興奮は冷めませんでした。

  • 14:00  前半終了、1−0。FKからボスナー砲炸裂。生で初めて見た。ユングベリの切り返しもすごかった。 »»

その後で付け加えました。

  • 14:01  後半、風下で逆光だけど、勝つ。 »»

 

後半:
選手が円陣を作るなか、ユングベリが少し遅れて出てきました。そして、さらに遅れて、岩下…
岩下のチャントが起こります。
「なんで、ここで岩下なんだ??」
そんなこと、自分に聞かないでくれ…

柏は、一度に2人を代えてきました。
北嶋に代わって澤、栗澤に代わって茨田。 

 

後半4分、大輔の右クロスに、中央の元紀が裏に抜け出してシュートも、GKにブロックされます。

さらに後半10分頃、右から内に切れ込んだ元紀がペナルティエリア内で倒されますが、ノーホイッスル。
騒然とした雰囲気になりました。
(後で見た映像だと、ノーホイッスルでも仕方ないかな)

こんな感じで、なかなか追加点が取れない中、後半12分、エスパルスは最初の選手交代。
枝村に代わって高木俊幸。
「(アウトは)枝村か…まあ、後半は存在感が無かったからな」
と言った後で気づきました。
…それも枝村の持ち味じゃないか。
この交代に伴って、アレックスが中の中盤に入り、俊幸が左MFに入りました。

この日、先発を外れた高木俊幸には、積極的な動きを期待していました。
しかし、いつもの俊幸とは違うようで、周りと合わず、どこか空回りをしている感じでした。

 

後半15分過ぎ、ロングスローからCKが続きます。
何回目かの左CKを、ファーサイドで折り返され、工藤のヘディングシュートが右隅に決まりました。1−1。
柏の選手にうまく体を入れられて、うまく対応できなかった…。

徐々に、柏が支配する時間増えました。
こうなると、中盤の立て直しが必要に思えました。
そんな後半22分、杉山浩太が呼ばれました。アウトは高原。 
…高原はハードワークして、何度もつぶされていたから、仕方ないか。
この交代に伴って、アレックスが1トップに入り、浩太が中の中盤に入りました。

この交代も裏目に出ました。
高原が下がったことで、ボールが前で収まらなくなったからです。



後半24分頃、右サイドから速攻を受けます。
エスパルスは人が足りず、完全に崩されてたしかヘッドで決められます。
…とうとう決められたか。
そう思いましたが、オフサイドの判定。
「助かったあ〜」

後半28分頃、ボールを追っていた柏の選手が、突然顔を押さえて倒れます…誰も触っていないのに。
すると、笛が吹かれて、レフリーはFKの指示。
「え!? ちょっと待てよ」
スタジアムが騒然としたのはもちろん、双方のスタッフと一部の選手が互いに詰め寄り、騒然としました。

 

後半30分過ぎ。柏が裏に蹴ったボール、最初は岩下が体を入れてゴールキックにしようとしますが、奪われそうになってクリアしようとしてファウル。
膝を叩きました。
「…なにやってんだか」


次第にエスパルスは柏の攻撃を止められなくなり、柏に一方的に攻められるようになりました。

そんな後半40分、柏の速攻を受け、右サイドからシュートを許します。
一度は海人が防ぎますが、ファーサイドにこぼれたボールをレアンドロ ドミンゲスがヘッド。
このボールにも、海人はびっくりするような反応を見せてかきだそうとしましたが、そのままゴールに吸い込まれました…。1−2。とうとう、逆転…。


ここで宏介に代わって永井。
「え!? 宏介??」
下がるのが宏介だということが意外でした。
運動量は落ちていなかったのに…

それでも、この交代は当たりでした。
永井とアレックスの2トップになったことで前への圧力が強まり、再びエスパルスが支配するようになりました。

後半44分頃、中央、ペナルティエリアすぐ外の位置でFKを獲得。
再びボスナーが蹴りましたが、今度は左に外れました。

追加タイムは4分。
しかし、最後のCKもクリアされ、試合終了。1−2。

 

選手があいさつに回ったとき、メインスタンド前で、選手と観客がトラブっているようでした。
岩下だったろうか??

  • 15:04  試合終了、1−2。逆転負け。勝ちきるのは難しいな… »»

 

「こんなに混むんだなあ、忘れていたよ」
久しぶりのホームでの敗戦。
ということで、2万人近くの観客が一度に帰り始め、道路はごった返していました。

途中、どこからか声が聞こえてきました。
「…汚いサッカーをしなきゃ、勝てないんだよ」
…それは絶対に違う。
エスパルスのサッカーを否定されたような気がしました。
てか、そもそも、後半の失点はどちらも「汚いサッカー」とは無縁のものだったし…。

  • 17:28  帰宅しました。あの人数で負けると、渋滞がすごいなあ。それにしても、昨日の甲府と、現地2連敗は凹むなあ… »»
  • 17:32  とりあえず、ユニは予約したし、サッカーキングも買ったから、ミッション・コンプリートさ、と言ってみる… »»


 

さて、今回のもらい物&買った物です。

J

右側、「Jリーグサッカーキング」はスタジアムで先行販売されたものです。
表紙から想像できるとおり、エスパルス一色でした。
(※12月下旬頃まで、静岡の戸○書店に平積みされていたけど、まだあるのかな?)

その隣、下の方に見えるユニフォームのようなものは、「おりがみ」です。
ボランティアの方が作られたそうで、1つ頂いてきました。

「エスパルス後援会〜」のチラシの右上に、ほんの少し顔をのぞかせているのは、コナミのカードです。
入っていたのは、横浜FMの兵藤慎剛選手でした。
エスパルスの選手だったら、もっと大きく載せたのに…。

|

« 痛みと夢(11/16 天皇杯 ガイナーレ鳥取) | トップページ | 2011-12シーズン観戦まとめ »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/53291580

この記事へのトラックバック一覧です: 道、半ば…(11/20 柏レイソル):

« 痛みと夢(11/16 天皇杯 ガイナーレ鳥取) | トップページ | 2011-12シーズン観戦まとめ »