« 新たなステージ(11/6 Jユースカップ FC岐阜U-18) | トップページ | 冬の足音(11/23 Jユースカップ 浦和レッズユース@三保) »

PSM 2/26 アルビレックス新潟

まだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
という訳で(?)、今年もPSMが始まる季節になりました。

このオフにも、DFを中心に移籍する選手が出て、不安を抱えています。
そうは言っても、約2ヶ月ぶりのサッカー観戦。
浮き立つような気持ちでアウスタに向かいました。

エスパルス 0−0 アルビレックス新潟

(今回は、当日のツイートを中心にまとめます。長文です)

  • 11:50  アウスタに到着してます。新しいユニが売ってたり、着てる人もいるけど、自分が予約したユニはどこに行ったんだ?? »»

3月1日に届きました…て、どうでもいいか。

  • 12:45  アウスタ、晴れてきて、暖かくなってきた。油断してマスク持って来なかった…。風はいつもと逆だけど、微風。 »»

いつもはホーム側からアウェイ側に吹いている風が、アウェイ側から吹いていました。
前半はホーム側からアウェイ側に向かって攻めます。

 
 

前半:

  • 13:05  姜の1ボランチかな。新潟のキックオフで開始です。 »»

もうちょっと詳しく書くと、GKに林。CBには平岡と岩下。SBは右に犬飼、左に河井。
ボランチは姜(かん)。その前に枝村と小林大悟。
右FWに大前元紀、左FWに高木俊幸。1トップに高原でした。

新潟のGKは、かつて在籍していた黒河で、名前がアナウンスされた時には拍手が起こりました。

  • 13:17  高原からの左クロス、元紀のヘッドはわずかに左。 »»
  • 13:18  今のところ、エスパルスが押し気味。犬飼や河井も面白い上がりだし、元紀もいろいろな所に顔を出してる。エダもいい感じ。 »»

元紀は中盤まで戻ってパスを出したり、中央に顔を出したり、面白い動きをしていました。枝村も攻守に積極的な動きでした。
そんなエスパルスでしたが、危険な場面もありました。

前半25分頃、新潟の左CK、ゴール前にいた選手に収まりました。GKの至近距離からシュートを打たれましたが、なんとかCKに逃れました。

  • 13:34  大吾が奪って高原が中央からシュートも、キーパーキャッチ »»

大吾じゃなくて大悟です。失礼しました。
その大悟は、試合開始直後にも狙い済まして奪い、速攻の起点となる場面があって、
…この位置に大悟を置くのも「あり」だなあ。
そう思いました。

  • 13:35  右からのクロスに、裏を取った俊幸ボレーも外れた. »»

前半35分頃には、右CKをニアで岩下がヘッド。ボールは枠に行っていましたが、DFがクリア。
次の右CKも、ファーにいた岩下を狙ったものでしたが、これもクリアされ、得点できません。

前半38分に、姜が犬飼へ出したパスをカットされます。速攻を受けそうになったところで犬飼が倒してしまい、警告。
犬飼にはちょっと気の毒だった…。

このファウルの後、右サイドをブルーノ・ロペスなどに何度も衝かれ、ファウルすれすれのプレイでしのぐ場面や危ない場面が続きました。

  • 13:54  前半終了、0ー0。犬飼や河井のSBを初めて見たけど、落ち着いてるなあ。それから、大悟が2列目に入ると、高い位置でボールを奪える。これはアリじゃないかな? »»

 
ハーフタイムにはオレンジウェーブGIRLS Youthのパフォーマンスがありました。
かなりレベルが高くて驚いたんだけど、なんでオレンジウェーブじゃなかったんだろう?パルちゃんもいなかったし…あ、もちろん、メインはサッカーです。

 
 

後半:

  • 14:04  海人、キャラ、吉田豊、伊藤翔がイン。後半開始。 »»

補足すると、GK・林に代わって海人、平岡に代わってヨン ア ピン(キャラ)、犬飼に代わって吉田豊、高原に代わって伊藤翔と、一気に4人を代えました。
言い忘れていましたが、この試合の交代は6人まで認められていました。

  • 14:07  キャラが左CBで岩下が右CBに回ったみたい。 »»

その他は、そのまま代わった選手の位置に入りました。

白崎も、大悟のいたポジションに入りました。
しかし、トップの位置でハードワークしていた高原が下がったことでボールが収まらなくなり、次第に新潟に押されるようになりました。

  • 14:35  (徐々に新潟の流れになってきてるなあ。ここが勝負どころ) »»

新潟がボールを持つ時間が増え、このツイートの直後には、矢野貴章のミドルシュートがポストを直撃する場面もありました。

後半39分頃、左サイドを河井がドリブルで駆け上がると、新潟の選手が倒し、警告。
このFKも、その後のCKも決めることができません。

  • 14:47  右エダのクロスに白崎が飛びこんだけど、惜しかった。 »»

ほんの少し届かず、GK・黒河にキャッチされました。

  • 14:50  吉田豊のクロスを元紀がヘッドもキャッチさた。 »»

このチャンスは決定的でした。
それで興奮して…というわけでもないけど、「れ」が抜けてますね。

その後も、樋口から白崎にパスが出たものの、足を取られてしまった場面、完全に裏を取られたものの、1対1を海人が止めた場面等多くの見せ場がありました。
が、結局、スコアレスのまま試合終了。

  • 14:56  試合終了、0ー0。後半出場の吉田豊はよかった。姜はまだまだかな。狙われそう… »»

 

今回はPSMということもあって、応援することよりも「観る」ことに重点を置きました。
それでも試合を見ながらツイートするのは難しかった…。
普段、実況されてる方には頭が下がるばかりです。
どんな技を使ってるんだろう??

 

話が逸れました。
今年初めてのPSMなので、全体的な印象を書いてみたいと思います。

何と言っても一番は、DFにやりくりできるメドが立ったかな、ということです。
移籍と故障者で、一番心配していたのがDFでした。
新人で、しかもSB未経験だった河井と犬飼が結果を出したことは、大きな収穫です。
まだまだ課題もありますが、2人とも1試合ごとに成長してくれるでしょう。

そして、吉田豊。
犬飼について「落ち着いてる」とツイートしましたが、後半、ブルーノ・ロペスを封じた吉田豊は別格でした。
もっとも、もっと攻め上がる吉田豊が見たい。甲府にいた時のように。

 

一方で、不安が残ったのはボランチです。
姜はいいプレイもあったんだけど、判断に時間がかかったり、連携が合わなかったりする場面もありました。
1ボランチが多いエスパルスでは、どうしても狙われてしまうポジションなので、がんばって早く対応してほしいところです。
キャラのボランチ起用はないのかな?

 

白崎のプレイは初めて見たのですが、高卒のルーキーとは思えないような落ち着いたプレイぶりでした。あのコケた場面は決めてほしかった。ただ、今のところ言えるのはこれくらい。
もう数試合見れば、もう少し特徴とかわかってくると思います(一発で見抜くほどの眼力はない…)。

あと、去年までのメンバーは相変わらずかな。
些細なことでレフリーの心証を悪くしてしまう選手、運動量&スピードがイマイチな選手…(いろいろ自重)
いい部分は伸ばして、悪い部分は改善していってほしいです。

 

香港遠征もあって、今年はシーズン前の試合が多いなあ…と思っていましたが、この試合がもう最後(※)。
ここに来ると、もう1試合、PSMをやりたいところ。
アレックスも入れたベストメンバーで、もう一度、最終調整をしたい…。

とにかく、開幕まで2週間を切りました。
不安もあるけれど、期待しています。

(※こう書いてたら、3月4日に専修大学との練習試合が組まれてました。そこで仕上げていってもらいたいものです)

 

最後に、久しぶりの「もらい物」です。

Photo

今回は、「カップヌードルごはん」だそうです。
日清食品様、ありがとうございます。
さすがにお湯を入れて3分というわけにはいかず、水を入れて電子レンジを使って調理するのだそうです。

ん?
…電子レンジなんて、ないよ!

|

« 新たなステージ(11/6 Jユースカップ FC岐阜U-18) | トップページ | 冬の足音(11/23 Jユースカップ 浦和レッズユース@三保) »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/54081759

この記事へのトラックバック一覧です: PSM 2/26 アルビレックス新潟:

« 新たなステージ(11/6 Jユースカップ FC岐阜U-18) | トップページ | 冬の足音(11/23 Jユースカップ 浦和レッズユース@三保) »