« 日くれて…。(8/25 浦和レッズ@エコパ) | トップページ | 2年目対決。(9/2 横浜DeNAベイスターズ) »

覚醒のとき?(9/1 横浜DeNAベイスターズ)

ドームの通路を歩いていた時、急に言われました。
「テレビで見ると、色が違う気がするんだよな」
…ん??
その視線の先を見て、気がつきました。話は、復刻ユニフォームのことでした。
「うちのテレビが壊れているのかなあ?」
席に着いて、選手がグラウンドに出てきた時、その意味がわかった気がしました。
「たしかに、テレビで見るより、黄色いなあ」


このシリーズは、「レジェンド ユニフォーム シリーズ」。
セントラルリーグの各球団が、昔のユニフォームを着てプレイするというもの。
ちなみにジャイアンツは1981年で、ベイスターズは1998年の復刻ユニフォームを着用していました。

ジャイアンツ 9−1 ベイスターズ

(以下、長文です)

「レジェンド ユニフォーム シリーズ」に合わせて、攻撃の時には、2回「復刻応援」をしてから現在の応援を行いました。

選手により、誰の「復刻応援」するかは決まっていて、それは次のとおりでした。

長野=吉村、谷=簑田、坂本=篠塚、阿部慎之助=松井、村田修一=村田真一、矢野=井上真二、藤村=緒方、ホールトン=ガリクソン。

上に書いた選手に、矢野の次に大田が入ったメンバーが、この日のスタメンです。

比較的新しいのは「松井」や「村田真一」だけど、それでも、10年ぶりくらい。
懐かしい選手ばかりです。

ジャイアンツの先発は、ホールトン。
…何回目だよ。
そんな気持ちになりました(この試合を入れて、今季9試合中、4試合でした)。

 

横浜の先発は、左腕の田中健二朗。
常葉菊川が優勝した時の投手で、ちょっと楽しみでした。

この田中に対して、ジャイアンツ打線は、先ほど書いたとおり、右打者を多くしていました。

 

1回表:
「深いな…」
たしかに、ライト矢野の守備位置は深いように思えました。
その1番・内村はライト前ヒット。まあ、定位置でもヒットだったと思う…。

2番・荒波は、バントの構えをしますが、決められません。
それでも盗塁されて、無死2塁のピンチ。
ところが、荒波は打ち上げて、ライトフライ。助かった…。

続く下園は、ファーストライナー。バットを折っただろうか?
ラミレスは、明らかな敬遠(キャッチャーは立たなかったけど)。
5番・後藤をサードゴロに打ち取り、しのぎました。

1回裏:
三者凡退に終わりました。

田中健二朗は緩い球が多く、タイミングが合わないようでした。
「高校時代は、もっとストレートが多かった気が…」
というと、聞き返されました。
「えっと…誰だっけ?」
「常葉菊川の…」
ま、そんな昔の話をしてもしょうがないか。

 

2回裏:
先頭の阿部慎之助は、ファーストの左を破るヒット。
5番・村田は、センター左前に弾き返します。
…え!?
2塁に止まると思われた阿部は、一気に3塁を奪います。

この無死1・3塁のチャンスに、矢野謙次。
「井上真二」の曲から入ります。歌い終わったところで、ある疑念が。
「まさか、名前が似てるからか?」
…他に、理由が考えられない。
そんなことを言っているうちに、矢野はショートライナー。

大田が打席に立つと、チャンステーマ「バタフライ」。
この大田がセンター前に弾き返し、先制しました。1ー0。

そして、8番・藤村。
「あんな前だよ」
その声に、横浜の外野を見ると、極端な前進守備。
走者が2塁にいるとはいえ、1死1・2塁。藤村の打球は、外野を越えないと考えてるのだろう。
友人が続けます。
「また、頭を越されないとわからないらしいな」
その言葉が通じたのか、藤村はセンターオーバーの3塁打。1塁走者までホームイン、3−0。
「本当に、学習しないな」
ん?もしかして…
「この前の3塁打は、(8月30日の)中日だけど…」
「え?そうだっけ?」
…やっぱり勘違いしていたか。

この後も、長野が四球を選ぶなどチャンスがありましたが、追加点は取れません。

それでも、オーロラビジョンを見ると、どの選手も緩い球を狙い打ちしているようで、見事な攻撃でした。

 

3回表:
1アウトから、1番・内村はセーフティバント。
サード・村田が前進して拾いましたが、うまく決められました。1死1塁。

2番・荒波の打球は、ファーストの左へのゴロ。
これに大田が飛びつくと、2塁へ送球して、アウト。
一瞬、抜けるかと思ったほどの強い打球。
…意外にやるなあ。
そう思いました。
なにしろ、この1週間前に観た時には、大田はセンターを守っていたので…。

下園もセカンドゴロに打ち取って、この回も0点に抑えました。

3回裏:
この回は緩い球が打てず、2アウト。
打順は、村田に回りました。
「…なんだっけ?」
一瞬、復刻応援が誰か、わからなくなりました。
「『扇の要』だよ」
…それは、村田善則じゃないか(「村田真一」の復刻です)。

そんなことを言っていると、この村田が、センターの右、ギリギリの所に飛び込むホームラン。4−0。
貴重な追加点でした。

 

4回表:
横浜の攻撃は、ラミレスから。
…あ。
ラミレスの鋭い打球を見て、ため息をついて首を振りました。
見なくても、スタンドに飛び込んだことは明らかでした。4−1。
すると、言われました。
「自分らが来ると、打つんだよなあ…あの軌道だよなあ」
…全くだ。
あの打球、あの軌道を、何回見たことだろう。

5番・後藤には、四球。
ノーアウトのランナーを出して、ピンチになりかけましたが、筒香、高城、梶谷と打ち取りました。

4回裏:
「大田(の復刻応援)は誰だろう?」
そんなことを言っていると、「闘魂こめて〜」でした。
「なんだ…」
ちょっと、ガッカリ。

この大田は、三遊間を破るヒット。
藤村は、大きなセンターフライに倒れましたが、ホールトンはバントエンドラン。これが決まって、2死2塁。

このチャンスに、長野は、センター前に抜けるヒット。
大田が2塁からホームイン。5−1。取られてすぐ、取り返しました。

谷の打順で、チャンステーマ「ファイター」。
上手くライト前に流し打ちましたが、これはキャッチされました。

 

5回裏:
横浜の投手は、小林太に代わりました。
先頭の坂本は、低めの球をうまく流し打って、ライト前ヒット。
すると、坂本は盗塁。慎之助はセンターフライで、1死2塁。
それでも、5番・村田はセンター前に弾き返して、1点を追加。6−1。

矢野には代打・石井。
石井がライト線に入る2塁打を放って、チャンスを広げます。1死2・3塁。

7番・大田はセンター返し。
セカンド左を破った打球は、センターの右を抜けていき、2塁打。走者2人がホームイン。8−1。

「あんな打球、見たことあるか?」
「ビバ」を歌い終わったところで言われました。
センターが左に寄っていたことを考えても、まさか外野の間を抜けるとは思わなかった…。

藤村の打席で、チャンステーマ「Gフレア」がはじまりましたが、藤村はピッチャーゴロ。
ホールトンも三振に倒れました。

6回表:
2塁打を放った石井がファーストに入り、大田はセンターに回りました。
「松井みたいだな…」
たしかに、大きい背中に「55」は、松井を思い起こさせるものでした。

下園はセンター深いところへのフライ。
大田がランニングキャッチ
「うまいなあ。」
そんなことを言っていると、また深くへのフライ。
そして、大田はこれもキャッチ。
今度は、自分が言いました。
「今日は、大田の日だなあ…」
3回の好プレイに、タイムリーを含む3安打。
大田が、目立つ試合でした。

 

7回〜8回表:
7回は、両チームとも三者凡退。
8回表も、ホールトンが横浜を三者凡退に抑えました。

 

8回裏:
この回の攻撃が始まる前、原監督の復刻応援をしました。
それも、「嵐を呼べ〜♪」の方ではなく、最初の「エイトマン」の方。
さすがに、若い方は付いてこれないようだった…。

代打が出た関係で、左腕の大原がマウンドに上がりました。
「毎日、投げてるなあ…」
そう言われました。
たしか、前日も投げています。

藤村が三振に倒れた後、ホールトンに代打・松本。
松本は「松本匡史」の曲。
「走れ、走れ、2塁ベースへ〜♪…ん?」
松本の打球は、右中間へ伸びました。
外野が前目だったこともあって、松本は2塁を回って、スライディングすることなく、3塁へ。

長野のところで、チャンステーマ「ライディーン」。
その長野はライト右へ弾きかえしました。1点を追加。9−1。
谷もヒットで続き、1死1・2塁。

坂本のライトフライで2死1・3塁となり、打順は、守備から入っている實松。
この實松は「山倉」でした。
そこからヒッティングマーチを1回挟んで、チャンステーマ「ライディーン」。
しかし、實松は、ファーストファウルフライに倒れました。

「失礼な話だなあ…」
そんな話をしました。
…復刻応援で「山倉」をやるのなら、本人の応援歌を作ってあげようよ。
そう思いました。
實松がジャイアンツに来て、もう何年も経つのだから…。

 

9回表:
隣の女性が、急にカメラを構えました。
ちょっと邪魔になってることに気づいて、慌てて前を空けます。
お目当ては、ライトに回った長野でした。
考えてみれば当然のこと。
この女性は長野のレプリカを着ていて、長野のボードを掲げていたのだから。
…鈍感だったな。
そう思いました。

長野の他にも、坂本が下がり寺内など、守備が大きく変わりました。

マウンドに上がったのは、田原。
田原は、下園、ラミレスと三振に打ち取ると、後藤武敏はサードフライ。
サードに回っていた大田がキャッチして、試合終了。9−1。
最後まで、大田だった…。

 

「しかし、復刻応援、あまりやっている人がいなかったな」
2次会を終えて、通路に下りた時に言われました。
盛り上がっていたのは、自分と同世代のおっさ…一部の人たちだけで、あとは…
「復刻応援が終わると、声が大きくなった…」

「松井」や「村田真一」から10年余り。
…そんなにファンが入れ替わっているのかなあ??
そんなことを思いつつ、話題を変えました。
「しかし、復刻ユニフォーム、違和感ないなあ…」
この30年間、ずっと、このユニフォームで戦ってきた気がするくらいでした。
「芝に映えるよね」
…たしかに。これに戻しちゃえばいいのに。

こんなことを思うのも、一部のおっさんだけなんだろうな、きっと。

82G-Po(ジーポ)

 

さて、今回のもらい物です。
「レジェンド ユニフォーム シリーズ」のチラシ?です。

Photo

バッグに入れてたら、しわくちゃになってしまった…。
失敗、失敗。

|

« 日くれて…。(8/25 浦和レッズ@エコパ) | トップページ | 2年目対決。(9/2 横浜DeNAベイスターズ) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/55567226

この記事へのトラックバック一覧です: 覚醒のとき?(9/1 横浜DeNAベイスターズ):

« 日くれて…。(8/25 浦和レッズ@エコパ) | トップページ | 2年目対決。(9/2 横浜DeNAベイスターズ) »