« 苦しんで、5連勝(10/6 立教ー法政1回戦) | トップページ | 唐突な決着(10/7 横浜DeNAベイスターズ) »

巡り合わせ?(10/6 横浜DeNAベイスターズ)

立教ー法政1回戦の後、神宮球場から東京ドームに移動。

近いとはいえ、なんだかんだ時間がかかってしまい、ドームに着いた時には、試合は始まっていました。

まあ、その、すでに消化試合だったことだし…

ジャイアンツ 6−0 ベイスターズ

(以下、長文です)

ベイスターズの先発は、左腕のブランドン。

ということで、ジャイアンツのスタメンは右打者を中心としたものでした。
6番・矢野、7番・中井、8番・大田。
そして、ジャイアンツの先発投手は、澤村でした。

以上、ホームランメールで知った情報です。

 

1回裏:
ホットドッグで腹ごしらえをして、席に向かおうとして、やめました。
すでに攻撃は始まっていて、総立ちで熱い応援中。
奥の方の席に、のこのこ行ける雰囲気ではありません。

そこで、階段の下で、ジャイアンツの攻撃が終わるのを待つことにしましたが、攻撃は一向に終わる気配がありません。

そうしているうちに、村田の2塁打が出て、2点を先制…したようです。2ー0。

さすがに焦れて、グラウンドを覗いて見ると、横浜の先発・ブランドンは間合いまで長いようでした。
…早く投げてくれよ。
と、ブランドンにいらいらしていると、中井が三振に倒れて、攻撃終了。
ようやく、席に向かいました。

2回裏:
先頭の大田は、ボール3からセンターフライ。
打ったのは、高めの球。
「狙う球ではあるんだよな」
その言葉に、うなずきました。

この回は、三者凡退に終わりました。

3回裏:
藤村の打球は左中間、外野の頭上をふらっとこえていきます。
この左中間2ベースで、無死2塁。
坂本はセンターフライ。そんなに深くなかったのですが、藤村はサードへ。
慎之助はセンターへ打ち上げます。
「ああ…」
意外にも、この詰まった打球がフェンス際まで伸び、犠牲フライ。3ー0。

5番・村田も、鋭いライナー性の打球。これも深い所まで飛びましたが、センターがキャッチ。
村田は、この前日に33打席ぶりのヒットを放ち、ホームランを打ったばかり。
この打席はアウトでしたが、
「復活してきたな」
そんなことを言い合いました。

 

4回裏:
この回から、横浜の投手は田中健二朗に代わりました。
「あれ?前、先発してなかったっけ?」
そう聞かれて、
…よしよし、覚えたな。
と、ほくそ笑みます(何様?)。
(※田中健二朗は9月1日の試合で、先発しています)

この田中健二朗から、先頭の矢野は三遊間深い所への内野安打。
中井もライト線へのポテンヒットで続いて、無死1・2塁。

大田はショートゴロ。
…ダブルプレイか。
そう思いましたが、1塁はセーフ。
思わず拍手してから、慌てて止めました。
「あ、拍手してる場合じゃないや」
それにしても、大田は足が速い。

澤村は初球スクイズ…しましたが、ホームでタッチアウト。
これで、チャンスは潰れたように見えました。
ところが、長野はライト線にポテンヒット。これで2塁から大田が還り、4ー0。
…なんだ、この展開は?
そう思っていると、友人に言われました。
「勝ってるときはこんなもの」
まあ、そうなんだけど…

藤村はショートゴロに倒れました。

 

5回表:
2回〜4回と三者凡退できた澤村ですが、先頭の、渡辺直人に四球を与えます。
しかし、ここから小池をライトフライ。高城をセカンドゴロでダブルプレイ。

結局、3人で終わりました。

6回表:
ピッチャーは宮國に代わりました。
おそらく、クライマックスシリーズに向けた調整でしょう。

宮國も、この回を三者凡退に打ち取りました。

7回表:
1アウトから、中村にヒットを打たれます。
それでも宮國は、井手をセカンドゴロ併殺に打ち取りました。
ふと、
…この井手も、イースタンの試合(@島田)で見たなあ。
そんなことを思い出しました。

 

7回裏:
「お!来い、来い!」
先頭、長野の打球はレフトに伸びました。左中間スタンド中段に飛び込むホームラン…まあ、いつものように途中でボールを見失ってしまい、オーロラビジョンで知ったのですが。5−0。

この後、藤村、坂本が連打。
慎之助はファーストゴロに倒れましたが、由伸は四球を選び、1死満塁。

しかし、谷は、ショートへのインフィールドフライ。
松本の打球もライト線に飛びましたが、これはライトがランニングキャッチ。
結局、ホームランによる1点で攻撃を終わりました。

8回表:
マウンドに上がったのは、福田。
それを見て、訊かれました。
「西村はどうなんだろう?」
西村はセーブ王争いをしていて、それで西村が気になるようでした。
もっとも、点差が開いているため、この試合ではセーブがつきそうにもありません。
そんな話をすると、友人が思いつきました。
「あ、福田がランナーを出せばいいんだ」
…おいおい。

福田は、簡単に2アウトを取ります。
高城の代打、下園に四球を与えましたが、代打、後藤武敏は三振。
期待に応え(?)、きっちり抑えました。

 

8回裏:
マウンドには、山口が上がりました。

この回先頭の大田は、ピッチャー返し。
コロコロと転がったボールを、二遊間深いところでセカンドがキャッチしますが、内野安打。

1死1塁となった後、長野は三振でしたが、大田がスタート。
キャッチャーが2塁に悪送球して、一気に3塁に進みます。

この2死3塁のチャンスで、2番・藤村。
…藤村なのに、ショートが深いなあ。
と思っていると、藤村がレフト前に、ライナーで弾き返しました。6ー0。
失礼しました。

坂本はレフトフライでした。

9回表:
最終回は、高木京介がマウンドに上がりました。

1アウトから内村にヒット。
筒香のセカンドゴロで、2死2塁。

そして、4番・中村。
京介が1球投げたところで、外野が前に出ました。
…ホーム勝負か。
この高木京介も、無失点記録が続いていました。
おそらく、その記録に配慮してのものでしょう。

中村はセカンド後方へのフライ。藤村がキャッチして、試合終了。6−0。
 

 

ヒーローインタビューは、長野と澤村でした。
長野はこの日の2安打で、最多安打のトップに立ちました。
その話しを振られると、
「明日、勇人が3安打して、二人で取れれば」
というような答え。
つい、
「明日、ノーヒットのつもりかよ」
と突っ込んでしまいました。

この決着がどうなるか、この時には知る由もなく…。 

ところで、もう1人のヒーロー、澤村。
今年最初の観戦だった、交流戦のロッテ戦(@QVC)から調子を崩してしまいた澤村。
その澤村が、最後の最後で復活したようでした。
この澤村の復活は、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、アジアシリーズで大きな意味を持つことになりますが、それはまた別の話。

この時には、自分の観戦と照らし合わせて、
…これも何かの巡り合わせかな?
そう思っただけでした。

間違いなく、「勘違い」ですね…。

 

67G-Po(ジーポ)

|

« 苦しんで、5連勝(10/6 立教ー法政1回戦) | トップページ | 唐突な決着(10/7 横浜DeNAベイスターズ) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/55839348

この記事へのトラックバック一覧です: 巡り合わせ?(10/6 横浜DeNAベイスターズ):

« 苦しんで、5連勝(10/6 立教ー法政1回戦) | トップページ | 唐突な決着(10/7 横浜DeNAベイスターズ) »