« 11月の夜。(11/7 アルビレックス新潟) | トップページ | バーンアウト…(11/23 Jユースカップ2回戦 柏レイソルU-18@アウスタ) »

2年ぶりの歓喜?(2/16 SDTカップ ジュビロ磐田@愛鷹)

「前に来たのは、震災の前だったんだよなあ…」
試合前に、そんなことを言い合いました。

前回のSDTカップに来たのは2年前、2011年の2月。
あれから、いろんなことがあったなあ…て、こんなことばかり書いてる…。

なにはともあれ、2ヶ月半ぶりのエスパルスの試合。
今年もメンバーが大きく替わり、フォーメーションも変わったと聞いて、どんなサッカーをするのか楽しみでした。

もっとも、今回は簡単にまとめます。
なにせ、PSMだし、12-13シーズンもまだ残ってるし…

エスパルス 1−0 ジュビロ

(以下、長文です)

  • 到着。明治野球部のキャンプは明日からなんだな。愛鷹だけ(ry
    posted at 11:44:26

…えっと、不適切な発言、失礼しました<(_ _)>。

 

試合前、スコアボードに先発メンバーが表示されました。
そこには、「ムラマツダイスケ」の文字。
「タイスケだよ」
て、ブログを見ると、2年前にも同じツッコミを入れてる…。

しかし、今回はこれで終わりません。
「27 ヨシダユタカ??」
えーと、背番号27番は廣井で、吉田豊は28番です。
念のため。

 

さて、エスパルスの先発メンバーは、GK・林、CBに平岡、ヨン ア ピン(キャラ)、右SBに吉田豊、左SBにイ・キジェ。
3ボランチに、村松大輔、杉山浩太、イ・ミンス。
右MFに石毛、左に高木俊幸、1トップにバレー。

ホーム側からアウェイ側に強い風が吹いていて、一時は雪もちらつきましたが、キックオフの頃には、日が差してきました。
それでも、
「風がなくなれば、今までで一番、暖かいかも…」
なにせ、今までSDTカップは曇りや雨続き。
寒かった記憶しかない…。

 

前半:
ジュビロのキックオフで試合開始。
エスパルスは、アウェイ側からホーム側に攻める逆風です。

前半5分過ぎ、右サイドで石毛がドリブルを仕掛けて、倒されます。
このFK、キジェがニアに蹴ると、バレーがヘディングシュート。
一度はGKにブロックされましたが、こぼれをゴール右に蹴り込みました。1−0。
「『ダイスケ』だ」
そう言ってしまった、意地の悪い自分。
ゴールは、村松大輔(たいすけ)です。

 

…浩太が中、右に大輔、左にミンスの3ボランチね。
さて、ちょっと冷静になって、フォーメーションを見ました。
ゴールを決めた大輔が好調で、何度も前線に攻め上がります。
それでも、やはり3ボランチと、その前の3人の間に距離を感じました。

前半18分頃、キャラが奪うと、そのまま上がりました。
ここから、大きく左へサイドチェンジ。
上がって来ていたキジェが、左足ボレーでゴールを狙いましたが、これはふかしてしまいました。
それでもスタンドはどよめき、大きな拍手が起こりました。

しかし、次第にジュビロがボールを回すようになりました。
DFの裏を取られる場面もありましたが(とくに右サイド)、シュートは打たせません。
それを見て、
「ジュビロも出来上がってないんだろうな…」
そんなことを言い合いました。

前半32分頃、中央、少し距離のある所からのFK。
俊幸が直接狙いましたが、大きく上に外れました。

前半40分頃には、石毛がうまく絡んでボールを奪い、右サイドをドリブル。
そこから柔らかいクロスを上げると、俊幸がヘッドで折り返して、中のバレーへ。
バレーのシュート(?)はブロックされましたが、こぼれをミドルシュート(浩太かな?)。
これも、わずかに上。

それでも、「石毛秀樹」コールが起きました。

結局、このまま前半を終了。1−0。

  • 前半終了、1-0。勝ってるし、個々にいいプレイもあるけど、もう少しできるかな?ま、勝とう。
    posted at 14:51:57

「もう少しできるかな?」というのは、もう少し「チームとして」できるのではないか、という意味です。

相手に回される時間が長かったことで、いらついていたんだと思う。
うん、単純だ、自分も…。

それにしても。

  • 石毛は上手くなったな。というか、攻撃的な位置に入って、本領発揮というところなのかな?
    posted at 14:53:12

 

後半:
前半途中から、風はアウェイ側からホーム側へと変わり、また逆風です。
個人的には、再び曇って、冷えこんできたのがきつかった…。

後半開始早々、バレーが奪うと、中の俊幸にパス。
俊幸はうまく収めてバレーに戻しますが、シュートは大きく右に外れました。
そんな中、昔のバレーの話になりました。
「平塚で、あのDFを3人くらい抜いて決めたゴールだよ。あんなのができれば…」
※05年、平塚競技場でのナイトゲームの話。これはブログに書いてなかった…

後半5分頃には、大輔が右からゴール前に、柔らかいクロス。
ゴール前に一人スライディングしていきましたが(石毛らしい)、GKにキャッチされました。

後半8分頃には、左からのクロス、バレーがDFと競り合って後ろにこぼれ、角度の無い所から石毛がボレーシュート。
これは、ゴール右に外れました。

立て続けにエスパルスがチャンスを作りましたが、後半も徐々にジュビロが支配するようになりました。
これに対して、エスパルスがカウンター(むしろ、ショートカウンターかな)を狙う展開となりました。

 

後半10分頃には、ペナルティエリアわずかに外、やや左(こちらの右)でFKを与えます。
ファーを狙ったキックは、林がパンチングして防ぎました。

後半15分頃には、縦パスに石毛が反応。
DFの裏を取って、ゴール左からシュート。
今度は、GK・川口が防ぎます。

後半20分過ぎ、ジュビロが選手交代。一度に2人の交代で、山本から松浦、前田から金園。
それを見て、
「あれ?こっちは交代しないのかな?」
と言い合いました。PSMだから、交代枠も多いはず…

そんな後半30分頃、エスパルスは最初の選手交代。石毛から瀬沼。
すると、バレーはわざわざ石毛の所まで行き、抱擁。
バレーコールと石毛秀樹コールが起きました。

この交代に伴い、バレー、瀬沼の2トップに俊幸のトップ下というフォーメーションに変更したようでした。

 

後半37分頃、右サイドに蹴ったボールが、バレーの前にこぼれました。
…来た!
DFを振り切って、ゴール前に突進するバレーの姿が浮かびました。昔のように。

しかし、バレーは他の選手の上がりを待ち、さらに中へのパスもDFに当ててしまいました。
「やっぱり昔に比べると、重たいんじゃ…」
そんなことを言い合いました。

後半45分頃、エスパルスは2人目の交代。俊幸から八反田(はったんだ)。
俊幸に拍手が起こりました。
交代で入った八反田はトップ下に入りましたが、いきなりサイドまでボールを追いかけます。
その姿に、
「(試合に)出たくて出たくてたまらなかったんだろうな…」
勝手に気持ちを想像して、つぶやきました。

追加タイムに、3人目の選手交代。バレーから伊藤翔。
ピッチを後にするバレーに、大きな拍手が起こりました。

まもなく試合終了、1−0。

 

「この試合では、ちょっと何とも言えないな」
試合を振り返って、そう言いました。
冒頭にも書いたように、今年のチーム、今年のサッカーがどうか見たくて行ったのに、全く役に立たない感想ですね。
でも、
「どっちも、まだ調整中だし…」
仕方ない。

 

試合後、一応、表彰式がありました。

posted at 17:11:49

あれ? よく見たら、カップが見切れてる…


気を取り直して、他の写真も貼っておきます。

Photo

小さくてよくわからないけれど、カップを受け取っています。

Photo_2

そして、カップを掲げて喜ぶ選手たち。

2年前、

インタビューが終わると、カップを掲げ…ないで、そのまま係員に返してしまう小野伸二。
一応、もう少し喜んでいるふりをしようよ…(元の記事はこちら

などと書いたんだけど、まさか、ここまで喜んだふりをする喜ぶとは。
やっぱり、これくらいやった方がいいよね…。

|

« 11月の夜。(11/7 アルビレックス新潟) | トップページ | バーンアウト…(11/23 Jユースカップ2回戦 柏レイソルU-18@アウスタ) »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/56779000

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりの歓喜?(2/16 SDTカップ ジュビロ磐田@愛鷹):

« 11月の夜。(11/7 アルビレックス新潟) | トップページ | バーンアウト…(11/23 Jユースカップ2回戦 柏レイソルU-18@アウスタ) »