« 2年ぶりの歓喜?(2/16 SDTカップ ジュビロ磐田@愛鷹) | トップページ | 練習試合 2/24 アルビレックス新潟 »

バーンアウト…(11/23 Jユースカップ2回戦 柏レイソルU-18@アウスタ)

  • 12:45  アウスタ、到着してます。雨は上がったということでいいかな。もう、降らないでください(^人^) »»
  • 12:53  あ、Jユースカップ、柏戦に来ています。13時からです。 »»

2ヶ月ぶりのユースの試合は、Jユースカップでした。
野球にかまけてて、ユースの観戦が減ってしまってたな、自分…

今回も遅くなってしまいましたが、書いていきます。

エスパルスユース 2−5 柏レイソルU-18

(以下、かなりの長文です。また、時間はおおよそのものです)

11月11日に、11―0という「ポッキースコア」で大勝し、予選グループを1位で通過したエスパルス。
この試合が、決勝トーナメントの初戦でした。
準決勝で敗退した前年の悔しさはまだ残っていて、
…今年こそ。
と意気込んでいました。
選手でもないのに。

 

アウスタに到着してすぐ、メンバーがアナウンスされました。
…書ききれない。
幸いなことに、アストロビジョンに表示されました。

エスパルスの先発メンバーは、GK・髙木和(たかぎわ)、CBに西村佳祐と鈴木準弥、右SBに江井(えねい)、左SBに水谷拓磨(たくま)。
ボランチに佐藤飛天(ひてん)、その前に宮本航汰(こうた)と西澤健太。
右MFに柳沢拓弥(たくみ)、左MFに北川航也(こうや)、1トップに加賀美翔。

…1年が多いな。
ふと気になって数えてみると、4人も。
先が楽しみということにしよう…

対戦相手の柏は、18日に1回戦を戦っていて、中4日です。

ポールに掲げられた旗は、北東からの風にたなびいていましたが、ピッチレベルではほとんど無風。
朝からの雨も上がり、南西の雲間から、まぶしいくらいに陽が差していました。

 

前半:
柏のキックオフで試合開始。
前半はホーム側からアウェイ側に攻めます。

開始直後、柏7番・吉川がドリブルで切れ込む場面があるなど、柏が支配したように見えました。

そんな前半5分、中盤で水谷拓磨がドリブルして、中へ。
宮本航汰がワンツーで裏に抜けて、シュート…も、これは飛び出してきたGKがブロックして、ボールがこぼれました。
「後ろ!」
こぼれたのは航汰の後ろでしたが、そこにいたのは加賀美。
加賀美が無人のゴールに蹴り込み、先制。1−0。
立ち上がって、叫びました。いつものことですが。

その直後、センターライン付近で飛天が倒してしまい、FKを与えます。
柏は短くつないできましたが、しっかり守って、最後はキャッチ。
そんな中、加賀美のチャント(かつての北嶋のチャントをアレンジしたもの)と「ガニャー」が歌われました。

前半9分には、大きなサイドチェンジから、北川航也が左から内に切れ込み、シュート(かクロス)。
これはゴールの右に外れましたが、「航也」コールが起きました。

前半11分頃、航也から加賀美へパス。その加賀美から右にはたきますが、誰もいません。 それでも、このボールを拾って、最後は江井がワントラップからボレーシュート。
しかし、これはゴールを外れました。

この頃のメモに、

「ボールは回されている。柏、右サイドの7番(吉川)中心。でも、速攻しかけてる」

とあります。
ここまでシュートの場面を中心に書いているため、エスパルスが押しているように見えますが、油断のならない展開でした。

 

前半14分頃、西村が右にパス(たぶん江井に)。
しかし、これをカットされると、西村は強引に奪いにいって倒してしまい、イエロー。
左サイドからのFKを与えてしまいましたが、これはクリアしました。

前半21分頃、DFの間で受けた、柏7番・吉川がゴール前でドリブル。
後ろからタックルして、ボールはゴールラインを割りました。
タックルしたのは、たぶん、準弥。
恐る恐るレフリーを見て、ファウルを取っていないことを確認してから、
「危ねぇ…」
と声が出ました。

このCKのピンチも、GKがキャッチしてしのぎます。

前半24分頃、右からのクロス、DFと競り合いながら航也が奪ってシュート。
しかし、このシュートは力なく、キャッチされました。

このシュートで傷んだ航也に、「航也」コールが起こりました。

前半26分頃、左サイド、拓磨の裏を取られます。
それでも、相手のシュート(?)を拓磨がブロックして、こぼれたボールは髙木和がキャッチ。
「拓磨」コールが起こりました。

 


柏は両SBを上げている一方、エスパルスは両サイド(と中盤)は下がりつつも、ラインは高く保っていました。
このため、両チームの選手が、エスパルスの最終ライン付近に集中していて、
…人口密度が高いな。
そんなことを思いました。まあ、くだらない感想です。

前半36分頃、左クロスをクリアして、柏の右CK。
マイナスの、グラウンダーのキックを、中で1人スルー(かな?)。
これを、ファーから走り込んで来た選手がシュートして、ゴール右に決められました。1−1。

前半40分頃には加賀美、前半42分頃には拓弥が、いずれも右サイドからシュートを放ちましたが、決められません。

前半45分頃、左(こちらの右)サイドから速攻を受けます。
深い所からクロスを入れられましたが、どちらの選手も触れないまま、ゴール前を抜けて行きました。
「危ない…」
どこからか、そんな声が聞こえてきました。

まもなく、前半終了。

  • 13:50  前半終了、1-1。前半5分くらいに、こぼれを加賀美が押し込んだんだけど、前半35分くらいにCKから蹴りこまれた。柏が回す時間が長いという…。 »»
  • 13:52  柏は7番の吉川君?が上手いなあ。こっちは航也がいいと思う…。 »»

 

後半:
風は弱くなったものの、雲は厚く、冷え込んできました。
エスパルスのキックオフで、後半開始。
後半はアウェイ側からホーム側に攻めます。
「リバイブ」が流れる中、エスパルスのベンチでは、早くも2人が着替え始めました。

後半6分頃、左CKを獲得。キッカーは西澤。
ショートコーナーから、ファーポスト付近にクロス。
これを航汰がボレーシュート…も、ジャストミートせず、ゴールの右に外れました。
「ああ…」
あちこちから、ため息のような声が上がりました。もちろん、自分も。

後半8分頃、左サイドを航也がドリブル。
ペナルティエリアの外、45度くらいの所から、ミドルシュート。
…ちょっと高いか?
そう思った次の瞬間、このシュートがゴールに突き刺さりました。 2−1。
「おお!」
叫んで立ち上がりました。
ピッチでは、選手が重なり合って喜んでいて、 「ガニャー」が再び始まりました。

後半12分頃には、DFのこぼれを航汰がミドルシュート。
これは、わずかに上に外れましたが、 「航汰」コールが起きました。

 

しかし、ここからまた押し込まれるようになり、後ろのラインに人が並ぶようになります。

後半17分頃、柏が右(こちらの左)サイドからクロス。
DFがブロックして上がったボールを、GKが右ポスト付近でキャッチ…と思いきや、これがゴールラインを割っていたということで、柏の右CKに。

この右CK、ニアの選手がヘッドで合わせると、ゴール左隅に入りました。2−2。
エスパルス側から「リバイブ」が始まりました。

後半22分頃、柏は左CKを獲得。中央でヘディングシュートされますが、これは上に外れました。

その直後、エスパルスは選手交代。西澤に代わって藤嵜。
藤嵜はそのまま、西澤のポジションに入りました。

後半24分頃、右サイドで江井と柏・5番が接触。
バックスタンドに近い場所だったこともあるけど、「ゴン」というような音が聞こえてきました。 FKを獲得しましたが、2人とも倒れたまま。
「今、音が聞こえて来たよな…」
観客が囁き合い、心配しましたが、しばらく中断した後、2人とも立ち上がりました。

後半43分頃、飛天から左の航也へ。
航也は中へとつなぎますが、その後で滑ったようで、しばらくピッチに座ったまま。
近くにボールが来ても、追えません。
…そんなに疲れてるのか。
考えてみれば、当然です。
試合が始まってからずっと、サイドを何度も駆け上がっては戻っての繰り返しだったのだから…。

 

追加タイムに入る頃、やや右の位置で、FKを獲得。
このキックを、ファーで西村(だと思う)がヘッド。
…入った。
そう思って、立ち上がりそうになりました。
実際、枠に飛んでいましたが、ライン上でDFがクリア。
「ああ〜」
ため息のような声があちこちから上がりました。

後半47分頃、ボールを奪って速攻。右サイド拓弥からのクロスを藤嵜が折り返しますが、これはGKにキャッチされました。

まもなく、後半終了。

  • 14:51  2-2で、これから延長。かなり疲れてるけど、がんばれ! »»

 

延長戦:
両チームの選手は、ピッチに座ってストレッチ。
冷え込んで来たので、ジャケットを着込んで延長に備えます。
「延長は10分(ハーフ)だってよ」
そんな声が聞こえてきました。

エスパルスのキックオフで、延長前半開始。
ホーム側からアウェイ側に攻めます。 再び「リバイブ」が始まりました。

キックオフ直後、こちらの右サイドで奪われると、そこから柏に右につながれます。
この右(こちらの左)サイドからグラウンダーの速いクロス、これを中で蹴り込まれ、とうとう逆転。2−3。
「オフサイドだろ!」
周りから、そんな声が上がりましたが、自分にははっきりわからなかった…。

この失点後、エスパルスは交代を1人用意。

そんな延長前半2分頃、左の拓磨からパスを受けた藤嵜が、前を向いてニアにシュート。
これはGKが右に飛んでキャッチ。
直後、江井もミドルシュートを放ちましたが、上に外れました。

エスパルスは選手交代。佐藤飛天から岡田匠馬。
この交代で、航汰がボランチに下がり、岡田匠馬がその前に入りました。

延長前半7分頃、西村が奪うと、そのままオーバーラップ。
ヒールでパスを出しますが、これは柏の選手に当たりました。

延長前半8分頃、柏に左から右(こちらの左)へとつながれると、柏の10番をフリーにしてしまい、 ニアに蹴り込まれました。2−4。これで2点差…

追加タイムは1分でしたが、あっという間に終わりました。

 

延長後半、アウェイ側からホーム側に攻めます。
キックオフ直後、エスパルスは選手交代。江井から浅沼。航汰から森主。

浅沼がボランチに入り、森主は、その前に入ったようでした。

その浅沼が相手選手を倒してしまい、こちらの右サイドでFKを与えます。
壁は5枚。ファーへのクロスは、そのままゴールラインを割りました。

この頃になって気づいたんだけど、拓弥が右SB、航也が右MFに回っていました。

延長後半5分、GK・髙木和から八谷に交代。

延長後半9分頃かな?柏の速攻を受けます。
こちらの左サイドで落とすと、走り込んで来た選手がGKとの1対1を決めて、2−5。

追加タイムは2分。
西村がトップに上がり、2トップに近い形で攻めますが、まもなく終了。2−5。

直後、航也がピッチに座り込みました。

 

選手がサポーターに挨拶に来た時、エスパルスコールで返しました。
すると、八谷がピッチ上に崩れるようにうずくまっていたけど、この辺の事情はわかりません。

それを見届けた後、荷物をまとめて、アウスタを後にしました。

  • 15:26  延長終わって、2−5。延長始まってすぐの失点からゴールを重ねられた。最後は、西村もトップに上げたけど、返せなかった…。 »»

帰りの電車の中で、もう一度、ツイートしました。

  • 16:05  北川航也の、左サイドからのミドルシュートは、本当に凄かったんだよ。(なんの脈絡?) »»

告白すると、この試合で完全に、北川航也に魅了されてしまいました。

|

« 2年ぶりの歓喜?(2/16 SDTカップ ジュビロ磐田@愛鷹) | トップページ | 練習試合 2/24 アルビレックス新潟 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/56174194

この記事へのトラックバック一覧です: バーンアウト…(11/23 Jユースカップ2回戦 柏レイソルU-18@アウスタ):

« 2年ぶりの歓喜?(2/16 SDTカップ ジュビロ磐田@愛鷹) | トップページ | 練習試合 2/24 アルビレックス新潟 »