« 2013年6月11日 | トップページ | 2013年7月3日 »

2013年6月22日

「血の法明戦」(5/26 法政ー明治2回戦)

「『平均得点は7点だから逆転できる』て、応援団が言ってたんだよ」
信濃町駅から神宮球場に向かう途中、前日の試合に行った友人から「報告」がありました。

前日の1回戦、一時は2−5とリードされながらも、打線が爆発して逆転勝ち。
ついに、歴史的な10戦全勝での優勝に王手をかけました。

それでなくても、五月晴れの日。
青空の下、うきうきするような気分でした。

頭では、
「まだ安心できない。ここからが本当の勝負だ」
とわかってはいても。

 

またまた遅くなってしまいました。
この試合は、自分にとって忘れがたい試合になりました。
それで、文も(書く時間も)長くなってしまって…
以上、言い訳でした。

法政 5−5 明治

(以下、かなりの長文です)

続きを読む "「血の法明戦」(5/26 法政ー明治2回戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月11日 | トップページ | 2013年7月3日 »