« GWの午後。(5/4 広島カープ) | トップページ | 「血の法明戦」(5/26 法政ー明治2回戦) »

記念の日。(5/5 広島カープ)

「ああ、引退するのか…」
松井「さん」の引退セレモニー開始がアナウンスされると、ため息混じりに言いました。今さらだけど。
そんな時に言われました。
「あの日は『パルサーボウル』だったな」
そうだ。
あの日も、この東京ドームにいた。
ドラフト会議で長嶋監督がくじを引き当てた、あの日…。

あれから20年近く。
いろいろなことがあったけど、振り返ってみると、あっという間だった気がする…

 

この日は試合前、松井さんの引退セレモニーと、長嶋さんと松井さんの国民栄誉賞授賞式が行われました。
そこから書いていきたいと思います。

ジャイアンツ 1−0 カープ 

(以下、いつもよりも長文です)

セレモニーが始まると、引退する松井さんがあいさつ。
意外なことに、謝罪の言葉から始まりました。
「もう二度と、ここに戻ること許されないと思っていました…」
…馬鹿なことを言うんじゃないよ。
松井がジャイアンツに戻ることを、どれだけ心待ちしていたか知らないんだな。
11年前、銀座パレードで撮った写真を、何年も待ち受けにしていたことも…(知る訳がありません)。

ここで、松井の現役時代の思い出を書きたいところですが、止めておきます。
神宮球場で打撃練習を見た時、恐怖を感じたこと。
西武球場での日本シリーズ、外野手の「アシスト」で、ホームランになったこと。
「ON対決」となった日本シリーズ開幕戦での、特大ホームラン。
鋭いライナーに「(外野を)抜けろー」と叫んだら、言い終わらないうちに、少し横のスタンドに突き刺さったこと…

こういったことは、胸にしまっておき…大分書いちゃったな。

 

その後、オープンカーでゆっくり一周。
ライトスタンドの前に差し掛かると、松井コールが起きました。

Photo

近くに来ると、声をかけました。
「松井、ありがとう!」
告白すると、これは11年前、銀座でかけた言葉と同じ。ボキャブラリー無いな。

次いで、隣で満面の笑みを浮かべている、あのお方に声をかけました。
「監督~」
そう言って手を振りました。
…そう言えば、自分は長嶋監督のことを、ただ「監督」と呼んでいたっけ。
そう気づいたのは、帰りの電車でのこと。
そのくらい、自然に出た言葉でした。

 

引退セレモニーが終わると、国民栄誉賞の授賞式。
長嶋「監督」と松井「さん」から、2人の人柄が出るようなあいさつ。
どちらも素晴らしかった。

そして、2人には、王さんと衣笠さんから花束の贈呈。

Photo_2

たしか、これが花束贈呈の写真だったと思う…(自分でもわからなくなった…orz)

 

最後に始球式。
先ほどまでスーツだった2人が、ユニフォームに着替えて出て来ました。
55番の松井さんがマウンドに上がると、打席には3番の長嶋さん。キャッチャーは原監督。

Photo

松井さんが投げた球は、内角高めに。
…あ、当たる!
思わず息を呑みましたが、ボールは内角ぎりぎりで、長嶋監督は片手で大きなスイング。
大きな歓声が起こりました。
…冷やっとさせやがって。

ともかく、これだけで「お腹一杯」という感じ。
「これ、試合始められるの?」
その言葉に、
…全くだ。
そう思っていると、守備につくジャイアンツの選手が飛び出してきて、急ピッチで肩を作り始めました。

 

1回表:
試合開始は14時8分頃だったと思う。
意外にも、少し遅れただけでした。

マウンドに上がったのは、この試合にふさわしく、エースの内海。
スタメンを書き忘れていましたが、前日と同じです(手抜き)。
広島の先発はバリントンでした。

1アウトから、2番・菊池はショートへの内野安打。
すると、内海は梵にボール2。
…おいおい。
それでも、最後はセカンド正面のゴロ。ダブルプレイに打ち取りました。

 

3回表:
1アウトから、石原はセンター前にヒット。
そして、打順は投手のバリントン。
…バントなんてできるのかな?
そんなことを考えていると、バリントンは2球目をバスターして、ライトへのファウルフライ。

これでしのいだように見えましたが、1番・赤松の時に暴投(だと思う)で、2死2塁。
「…」
先制点を防ぐため、外野が前に出ます。
赤松はサードゴロ。
今度こそ、しのぎました。

 

3回裏:
恒例のダンスは「ゴジラのテーマ」でした。
アナウンスされたとおり、曲に合わせて、速いテンポでタオルを回します。
終わったところで、友人が禁断の一言。
「これダンスか?」
し、知らないって。

そんなこんなで始まった攻撃。
先頭、7番・村田の打球は鋭いライナーで、レフト左に伸びました。
「行け、行け、行け」
打球はレフトの頭を越えて、2塁打。

8番・脇谷はセカンド正面のゴロ…それでも、村田はなんとか3塁に進みます。

9番・内海はうまくセンター返ししたように見えましたが、セカンドが追いついて2アウト。
3塁走者の村田は、今度は自重。
それで、周りから不満めいた声も上がりましたが、村田の脚では仕方がない気もする…。

長野もセカンドゴロに倒れ、 この回も無得点に終わりました。

 

4回裏:
「!?…つい、きらり~光る♪」
突如、松井の応援が始まりました。
「いきなりでびっくりしたよ」
終わった時に、そんなことを言い合いました。
応援の方も、この日は特別仕様だ。

1アウトから、坂本はレフト右へヒット。
しかし、慎之助は1塁ベース付近へのゴロで、3ー6ー3のダブルプレイ…。
どうも、攻撃がつながりません。

そして、試合開始からここまで、1時間弱。
「早いなあ…」
そう言われると、こう返さざるをえません。残念ながら。
「とくに、こっちの攻撃が…」

 

6回裏:
先頭・内海はボテボテのセカンドゴロ…それでも、内海は全力疾走。
すると、セカンドからのグラブトスが、ファーストの頭上を大きく超えました。
記録は内野安打で、無死1塁。

「微妙だけど、送るかな?」
作戦を訊かれてそう答えた直後、長野は強行して、三振。 松本も三振…。

それでも、3番・坂本がセンター前に抜けるヒット。

2死1・2塁となって、4番・阿部慎之助を迎えると、今年できたばかりのチャンステーマが始まりました。
「つ~きすす~め♪」
1回歌うか歌わないかでした。
慎之助は初球を打って、高く弾むファーストゴロ…。

結局、この回もチャンスを逃しました。

 

7回裏:
先頭のロペスが捉えました。
「行け!行け!行け!」
レフトへ伸びた打球、オーバーフェンスを確信すると、タオルに手を伸ばしました。
そして、見知らぬ近くの人とグータッチ。1―0。

まだロペスのホームランに沸いていたときでした。
亀井も初球を捉えましたが、セカンド・菊池が真上にジャンプしてキャッチ。
「本当に上手いなあ、あのセカンド」
前日の試合といい、友人はどうも菊池に魅せられたようでした。

この後、村田、脇谷と倒れ、1点で攻撃を終わりました。

 

8回表:
…次で100球か。
スコアボードを見てそう思った直後、石原に、レフト前に弾き返されました。

すると、ロペスがマウンドへ。
前日、マシソンの時にもマウンドに行っているけど、
…ロペスは何語で話してるんだろ?
くだらないことを思いました(英語です、たぶん)。

 

バントで送って1死2塁となると、代打・小窪。
この小窪は、3ボール1ストライクから打って、三遊間へのゴロ。
坂本が押さえましたが、どういうわけか2塁走者がスタート を切っています。
坂本から3塁の村田に送って、タッチアウト。
「おっしゃ!」
立ち上がって叫びました。

菊池もショートゴロに打ち取ると、マウンドを降りる内海に、「内海」コールが送られました。
…さすがエース。
そう思いながらも、
「あの走塁に助けられたなあ…」
そんなことを言い合いました。

 

9回表:
8回裏に内海に代打が出たため、西村がマウンドに上がりました。

先頭・梵の打球は、ファーストへ。
ところが、ロペスがこれを弾いてしまい(記録はもちろん、エラー)、無死1塁。
「西村が投げると、これがあるんだよな…」
西村を推してる友人が、いらつきながら呟きます。

4番・廣瀬はレフト前に鋭く弾き返し、あっという間に無死1・3塁のピンチ。

ここで、代打・松山はショート右へのゴロ。
坂本がバウンドを合わせて取ると、バックホーム。
飛び出した3塁走者・中東をはさんでタッチアウト。1死1・2塁。
まあ、こういう場面での、3塁走者の判断は難しいところだ…

ところが、一息ついたのもつかの間。
堂林の代打・丸に四球を与え、とうとう1死満塁…。

それでも栗原はサードゴロ。村田がホームに送球して、2アウト。

このタイミングで、原監督が出てきました。
そして、ピッチャー交代、山口。
…こういう場面で、いきなり(マウンドに)上げられるのもどうだろう?
そう思いましたが、山口は安部をショートゴロに打ち取って、試合終了。1−0。
…こんな場面で起用されても、いつもと同じように抑えるんだな。
少し呆れながら、再び、近くの人とグータッチを交わしました。

 

ヒーローインタビューはもちろん、ロペスと内海。
内海の「今までで一番緊張した」 という言葉が意外。
去年だけでも、CS、日本シリーズの重要な場面で投げていて、WBCの日本代表にも選出されていたのに。
もっとも、意外でも、その気持ちはわかる気がする…

 

「あ、懐かしい」
そう言ったのは、ジャビットたちとの絡みが終わった時、ドームに、「果てしない夢を」が流れたから。
長嶋監督も参加した、この歌が流れる中、2次会が始まりました。

「ヒーロー」の内海やロペスの応援が終わると、「ホームラン、松井」コール。
そこから応援歌を歌いました。
「ホームラン、ホームラン、松井。燃えろ〜」
後で言い合うことになるのだけど、まるで昨日も歌ったかのような感覚、そんな不思議な感覚にとらわれました。

10年ものブランクがあるのに…
あ、去年、「復刻応援」 で歌ったか。

 

60G-Po(ジーポ)+10(マイヒーロー:内海)

 

最後に、今回のもらい物を貼っておきます。
記念の試合だけあって、今回は大量にいただきました。

Gdp

Photo_3

Photo_4

あ、「2013.5.5」て、「3」と「55」が入ってるのか。
今になって気づいた…

|

« GWの午後。(5/4 広島カープ) | トップページ | 「血の法明戦」(5/26 法政ー明治2回戦) »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/57319438

この記事へのトラックバック一覧です: 記念の日。(5/5 広島カープ):

« GWの午後。(5/4 広島カープ) | トップページ | 「血の法明戦」(5/26 法政ー明治2回戦) »