« 2016年1月31日 | トップページ | 2016年3月7日 »

2016年2月13日

煌めき。(9/27 法政ー慶應2回戦)

この日は遅刻。
「今頃、打ち込まれてるんじゃない?」
ようやく神宮球場の近くまで来た時、友人にそう言われました。
ちょうどその時、ブラスバンドの音が聞こえてきました。
「ん?『チャンス法政』が聞こえるけど」
その言葉を無視して、友人は続けました。
「なぜわかるかというと、おれの経験がそう告げているんだ」
「どういう経験をしたんだ」

球場の敷地内に入ると、チャンス法政は終わり、そして。
「ん?(法政の)校歌が聞こえてきたけど」
「7回になったんじゃない?なぜわかるかというと(以下同文)」
…そんなバカな。
試合開始から、まだ1時間も経っていません。
…いったい、どんな経験をしてきてるんだよ…

もっとも、友人が悲観的になるのもわからないでもありません。
というのも、前週の東大との対戦では、もう少しで勝ち点を落とすところまで追い込まれ、前日の慶應1回戦には敗北。
この秋の法政は、どうも波に乗れないようでした。

 

さて、遅くなりましたが、法政―慶應2回戦について書いていきます。
まあ、この試合については、上に書いたように遅刻。
さらには9回表が終わったところで球場を出ていて、とても偉そうにブログを書ける立場にはありませんが、書いておきます。
こっそりと、メモ代わりに。

法政 4−1 慶應

(以下、長文です)

続きを読む "煌めき。(9/27 法政ー慶應2回戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月31日 | トップページ | 2016年3月7日 »