« 思惑外れ。(5/4 DeNAベイスターズ) | トップページ | 12/9 あかつきトークライブ番外編 »

諦めたら…(11/18 北海道コンサドーレ札幌)

  • 寒いっすね…。 せめて雨が止むといいんだけど。
    posted at 11:47:24
  • 到着。なかなか混んでますね。
    posted at 12:21:05

11月とは思えないくらい寒く、雨の降る日。
それでも、到着した時にはかなりの行列で、ちょっとびっくり。
…まあ、そうなるか。
と思い直したのは、この日勝って、サンフレッチェが負ければJ1残留が決まるという、大一番だったから。
そもそも自分自身、居ても立っても居られずにやってきた訳だし。
 
久しぶりの観戦となった、札幌戦を書いていきます。
今季、これがまだ2試合目だったりする…

エスパルス 0−2 北海道コンサドーレ札幌

(以下、長文です)

  • スタメンメールきた。 頼むよ。(まあ、TLには流れてきてたけど)
    posted at 13:28:50

冒頭にも書いたとおり、この日は残留を賭けた大一番。
そんな試合に臨むエスパルスのメンバーは、以下の通りです。
GKに六反(ろくたん)。
DFは、清水、犬飼、二見(ふたみ)、松原后(こう)。
MFは、河井、竹内、デューク、白崎。
FWに、金子と北川航也(こうや)。
 
怪我で長期離脱していた河井が前節から復帰していて、そこに期待していました。
ちなみに、この「前節」は3週間前。
この中断期間に、どう立て直したか(あるいは立て直せなかったか)も気になるところでした。

対する札幌には、エスパルスと所縁のある選手が2人。
かつて在籍した小野伸二と、練習に参加したことがある、チャナティップ。
さすがにチャナティップの時には拍手はなかったものの、小野伸二の名前がアナウンスされた時には、大きな拍手が起こりました。

  • 札幌さん、気合い入ってるな。 こっちも気合い入れとこ
    posted at 14:48:12

この札幌も、勝ち点3を上げればJ1残留が決定。
それで声援も大きなものでした。

Photo

写真のとおり、キックオフの頃には雨も弱まり、風も弱くなりました…これでも。
ポンチョとレインジャケットの重ね着で、雨と寒さをしのぐ中、試合が始まりました。

 
前半:
エスパルスのキックオフで前半開始。
前半は、ホーム側からアウェイ側に攻めます。

立ち上がりから、札幌が支配。
メモに「向こうの動きよい」と書いたくらいで、札幌はセカンドボールへの寄せも速く、ボールを拾い続けては攻めてきます。

ほとんどボールに触ることができないまま、チャナティップなどに左(こちらの右)サイドから持ち込まれ、ジェイにボレーシュートを打たれました(前半2分頃、これは六反がキャッチ)。

前半10分頃、ボールを奪われて速攻。
こちらの右サイドスペースに展開されます。
…あ、ヤバい。
そこから、ファーにアーリー気味のクロス。
「クリア!」
思わず叫びましたが、飛び込んできたのはジェイ。
完全に競り負けてしまい、ジェイのヘディングシュートがゴールに突き刺さりました。0-1。
…やはり保たなかったか。
そんな考えが頭をよぎります。まだ10分なのに。
とにかく、気を取り直して応援を再開。

直後、中央でエスパルスの選手(金子だった)が倒されてFKを獲得。
左ポストの方へ蹴って折り返しを狙いましたが、そのまま流れました。
失点直後の同点のチャンス、そして最初のチャンスを生かせず、バンと手を叩きます。

その後、札幌の前にピンチがありましたが、徐々に、
…対応してきたかな?
と思い始めました。
札幌のボール回しに、ほとんど触ることができなかったのが、少しずつ「ひっかかる」ようになっていて…

前半17分頃、ハーフウェイ付近、航也にボールが入ります。
前を向こうとしたところ、後ろから引っ張られましたが、これを振り切ってつなぎます。
最後に左サイドから后が、
…クロス?シュート?
よくわからないボールを入れましたが、大きく外れてゴールキック。

前半21分頃には、后のグラウンダーのクロスからチャンスを作り、最後は裏に抜けてシュート
…も、枠を外れました(もっとも、これはオフサイドだった…)。

前半25分頃、航也にボールが入ると、航也が前を向いたところで倒されて、FK獲得(このプレイで河合に警告)。
…(風は)フォローだな。
旗はホーム側からアウェイ側にたなびくようになっています。
位置は少し左、やや距離のある所から直接ゴールを狙いましたが、わずかに上。
キッカーは航也だったらしい。

前半31分頃、右からファーポスト付近にアーリークロス。
キャッチしようとしたGKと、エスパルスの選手が競り合ってボールがこぼれ…
…入っちゃった!
 
…これはゴールか?
遠目でよく見えなかったため、まず、ファウルの可能性を考えました。
それでレフリーを見ると、センターライン方向を指しています。
…ゴールだ!
立ち上がって喜びましたが、なにやら揉めています。
…え?え?
結局、ファウルで再開。
…最初のは何だったんだ?
騒然とした雰囲気になりました。

前半38分頃、左(こちらの右)サイドからつながれて、ペナルティエリア内をチャナティップがドリブル。
…あ、ヤバい!
そこから、さらにファーにつながれると、ジェイが今度は脚で合わせてゴール… 0-2。

気を取り直して、「清水」コール(ピンチの時のあれ)を始めましたが、周りは凍りついたまま。
それで、いつもは試合中にしないツイートをしました。

  • まず1点返そう
    posted at 15:42:25

直後、札幌のDFが痛み、中断。
数分間の中断の後、河合から進藤への交代がアナウンスされました。
遠目によく見えなかったんだけど、このプレイで白崎に警告が出てる…。

追加タイムは3分。
…負傷者が出た割に短いな、2失点もしてるのに。
と思ったのは内緒。

追加タイムも終わり近く、左サイドで后が倒されて、FKを獲得。
このFKから、エスパルスの選手とGKが競り合ってこぼれます。
…押し込め!
しかし、最後のシュートはバーの上。
「なんでだよ!」
思わず、声が出ました。

直後に前半終了、エスパルス側からブーイングが起こりました。

  • 前半終了、0-2。 この期に及んで、点差でガタガタするような試合ではない。
    posted at 15:55:59

ハーフタイムには雨も止み、かなりの人がポンチョを脱ぎました。
 
航也が出てくると、ホーム側のポストに向かいました。
まずメインスタンド側の左ポスト、次にバックスタンド側の右ポストに。
顔を近づけて、何か祈りを込めているようでした。

 
後半:
札幌のキックオフで、後半開始。
後半はアウェイ側からホーム側に攻めます。

後半の頭から、「マーチ」を繰り返します。

後半2分頃、右ライン際をデュークがドリブルで仕掛ける場面。
ふいにユングベリを思い出します。
…あの甲府戦の仕掛けはすごかったな。
相手が何もできないままに奪ったゴール。
あれからたった数年なのに、恐ろしく遠い昔に感じる。
このドリブルからのパスもあっさりカットされました。

後半4分頃、航也にボールが入り、前を向こうとしたところで倒され、FKを獲得。
「マーチ」は、大きな「ゴール」コールに変わりました。
やや右、距離がある所からのFK、ファーポスト付近に蹴りましたが、折り返すことができず、ゴールキック。

後半7分頃、右CKを獲得。
ニアで合わせたボールが、ゴール右上に。
!?
しかし、ここもGKが指先で触って向きを変えます。
…これも入らないのか。
そこからカウンターを受けましたが、なんとか防ぎました。

その後もチャンスはあったものの、得点はできません。

後半14分頃には、右サイドライン際でハンドの反則があって、FKを獲得。
ここから立て続けにCKのチャンスがあり、その度に「ゴール」コールを繰り返しましたが、クリアされました。

もうすぐ後半20分という頃、周りがどよめきました。
「3人呼ばれた!」
「一気に3枚替え!?」
…3枚替えなんて、聞いたことないよ。本当かよ?
 
そんな中、エスパルスの選手が右からのクロスを、中でヘッド。
これはジャストミートした強いシュートでしたが、GK正面でキャッチ。
…これもダメかよ。
そんなことを思います。

直後、エスパルス最初の選手交代。
白崎に替わって長谷川悠。
3枚替えではなく、普通の交代。

後半22分頃、中央やや右、距離のある所でFK獲得。
河井が蹴ったボール、ファーサイドで折り返して、そこからシュートしますが、DFに当たります。

後半25分頃、犬飼のファウル(そして警告)の直後に、エスパルスが選手交代。
金子からテセ、河井から村田。
今度は「2枚替え」。
…攻撃的にしてきたな。
そんな交代で、デュークが左サイドに回りました。
航也も中盤に下がったと思うけど、こちらは確信はありません。

後半31分頃、テセが競り合ったボール、相手が脚でクリアしようとして、悠へ。
これを反転シュートしましたが、これも他人正面でキャッチ。

後半33分頃、左サイドで后が倒されてFK獲得。
ここでは「ゴール」コールではなく、「グリコ」を続けます。
…今まで「ゴール」コールで取れなかったから、グリコに変えたのかな?
そう思いましたが、それでも得点できません。
 
その後は、CKやFKのチャンスの度に「ゴール」コールを送りますが(後半35分、後半42分頃)、どうしても点を取ることができません。
次第にタイムアップの時間が近づいてきます。
 
 
「いつ諦めたのか?」
「いつ『負ける』と思ったのか?」
そう訊かれるかもしれません。
でも、本当に、最後の瞬間まで負けるとは思わなかった。
この試合はそういう試合で、最後まで応援した
…そう言いたい所だけど、目の前の状況、応援に没頭して、考えないようにしていただけかもしれません。
 
追加タイムは5分。
エスパルスがボールを奪って、裏へスルーパス。
飛び出した村田が一度諦めるようにスピードを落とした後、再び追いかけて、ライン際からマイナスのクロス。
航也が後ろから(おそらく村田の再加速を見て)飛び込んできて、あわやという場面でしたが、これもクリアされました。
 
最後の最後で、微妙な気分になるプレイが出てしまい、試合終了。0―2。

ここから先は、あまり書くことがありません。
というのも、あまりはっきりと覚えていないから。
雨具をしまって、いそいそと帰り支度を始め、意外にすんなりバスに乗ったと思う。

  • もうすぐ離脱。 虚ろだ。。
    posted at 17:15:15

どうも、自分で思った以上に、ダメージを受けていたようです。

ダメージは続きます。
翌週には村田、枝村、河井が相次いで故障。
そして、ホームの新潟戦で2−0からの逆転負け…。
残留争いは、最終節に持ち込まれました。
戦いはまだ、続いている…

 
さて、今回の貰い物です。

Photo

今回はチキンラーメン。
毎年ありがとうございます。

|

« 思惑外れ。(5/4 DeNAベイスターズ) | トップページ | 12/9 あかつきトークライブ番外編 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/66062666

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めたら…(11/18 北海道コンサドーレ札幌):

« 思惑外れ。(5/4 DeNAベイスターズ) | トップページ | 12/9 あかつきトークライブ番外編 »