« 2017年大晦日に | トップページ

弱気は…(5/27 広島カープ)

いきなり話が脱線しました。
溜めていた、2017年の観戦(まだ5月)を書いていきます。

かなり日が経ってしまったし、試合内容もアレなので、手短に…

ジャイアンツ0−9カープ

(以下、長文です。結局、長くなってしまった)


ここまで広島には1勝8敗。
昨年後半…というか、澤村が打たれてサヨナラ負けして以来、広島の勢いが止められない感じです。
さらにジャイアンツ自体の調子もよくなく、前日まで9試合連続でホームランが出ていません…
 
もちろん、そうも言ってられません。
ということで、ジャイアンツはスタメンを変えてきました。
長野−立岡−坂本−阿部慎之助−マギー−亀井−脇谷−小林。
とくに亀井の名前がアナウンスされると、周囲はどよめき、大きな歓声が起こりました。
かえって、
…そんなに、ホームランメールを見てないのか?
とも思ったくらい。
 
ジャイアンツの先発投手は、宮國。
前回の観戦(GWのベイスターズ戦)に続いての先発で、
…またかよ。
と思ったのは内緒。

広島の先発投手は、九里。

試合前には、慎之助が通算2,000試合出場ということで表彰式があり、スタンドからは慎之助コールが起きました。

2000

携帯のカメラを望遠にして撮ってみたけど、まるでダメ。。
よく見ればわかるように、この日も橙魂デー。
オレンジのユニフォームを着用していました。

 
1回表:
宮國は先頭・田中にいきなり四球。
菊池はショートゴロに打ち取りますが、丸にはストレートの四球。
あまりの状況に、開始早々、苛立ちます。
 
鈴木誠也はライトフライでしたが、安部にはまたまた四球で、2死満塁のピンチ。
それでも、エルドレッドを空振り三振。
「しゃ!」
思わず叫びました。

 
1回裏:
「いや、電車で寝過ごして…」
と言い訳しつつ、友人が到着。
そんな中(?)、1アウトから立岡がストレートの四球で出ましたが、坂本は見逃し三振。それも3球三振…
 
4番・慎之助は外角高めの変化球に空振り三振。
連続三振で、無得点に終わりました。
「びびってもしょうがない。振っていかなければ。」
そう言う友人に言葉を返します。
「宮國がびびってる気がするんだけど…」
と、友人が叫びました。
「今、スコアボードを見て気づいたけど、ヒット0ということは、全部フォアボールのランナーか!」
気づいてしまったか。

 
2回表:
1アウトから會澤に2塁打を打たれると、2死3塁となった後、宮國が捕まります。
まず、田中がセンター前タイムリー。0−1。
菊池が1・2塁間を破るヒットで続き、丸と鈴木誠也はレフト前にタイムリー。0−3。
あと1アウトなのに、止まらない感じ。
結局、この回に3点を失いました。


3回表:

選手の交代がアナウンスされました。
亀井に代わり、レフトに石川。
「え!?」
思わず声が出ました。
亀井は2回裏に打席に立って四球を選んでいて、特に問題があったとは思えません。
が、
…このタイミングで交代するということは…
 
意識が亀井にいった直後。
エルドレッドが捉えた打球は、打った瞬間にそれとわかるホームラン。0―4。
 
さらに松山にもヒットを打たれ、
「どうしたらいいんだろうね?」
そう訊かれましたが、自分にも答えがわかりません。

それでも會澤をサードゴロ、ダブルプレイ。
九里も三振で、なんとかしのぎました。
 
 
3回裏:
宮國がそのまま打席に立ったことで、微妙な空気が漂いました。
当然、代打が予想されたからで…
その宮國は2球目を打って、サードゴロ。
「初球を打たなかっただろうな?」
電話をしていた友人に訊かれ、
2球目くらいだと応えると、
「ならいいや」
…なにがいいんだか。

長野はショートゴロ、立岡もセカンドゴロで、三者凡退に終わりました。

 
4回表:
ということで、この回も宮國が続投。
しかし、この回もよくありません。

先頭・田中を四球で出すと、菊池にも三遊間を破られ、無死1・2塁。
丸の打球は、セカンド左へのゴロ。
脇谷が走ってきた1塁走者に手を伸ばしてから、1塁に送球。
いずれもアウトのコールで、2アウト。
…2塁の判定をめぐって、抗議がありましたが。

ともあれ、2死3塁。
無失点も見えてきましたが、そううまくはいきません。
 
鈴木誠也の打球はレフト線。
…ファウルだ。
そう思った直後、レフトスタンドから歓声が聞こえてきました。
「え?入ったの!?」
タイムリー2塁打となって、0―5。
 
安部の四球の後、エルドレッドがセンターの右に弾き返して、2人がホームイン。0―7。
「もう、ダブルプレイ関係ないじゃないか!」
そんな、自嘲的な声が聞こえてきました。
宮國はここでマウンドを降り、左腕の池田に交代。
池田は代打・堂林にヒットを打たれながらも、なんとか抑えました。

 
4回裏:

攻撃前、ジャイアンツは円陣を組みました。
すでに手遅れの感がしないでもありませんが、やるしかありません。
しかし、先頭の坂本は見逃し三振。
「2回目じゃないか!」
後ろから、そんな声が聞こえてきました。
実際、これは衝撃で、坂本が2回も見逃し三振をするなんて珍しい…
 
それでも、慎之助が1・2塁間を破るヒット。
「初ヒットだ」
などと言い合いました。ようやく。
が。
マギーはサードゴロで、ダブルプレイ。
結局、3人で攻撃を終わりました。

 
5回裏:

先頭・石川がサードへの内野安打で出ると、脇谷も四球で、無死1・2塁。
すると、早くも小林に代打、相川。
この相川にもボールが先行しましたが、打ち上げて浅いライトフライ。

代打攻勢は続きます。
…あの体型は…
池田には代打、村田でした。
「え?もう使っちゃうの」
でも、使う気持ちもわかります。
この後、走者が2人溜まる状況がどれだけあるか…
村田はうまく合わせたようにも見えましたが、セカンド後方へのフライ。

長野が四球で歩き、2死満塁としましたが、立岡はサードフライ。
この試合最大のチャンスに、無得点で終わりました。

 
6回表:

ジャイアンツの投手は桜井がアナウンスされました。
「え?」
これまた声が出ました。
「先発で出すんじゃなかったの?」
友人は疑問をストレートに口にしました。
「どうしてこんな(以下自重)」

この桜井が捕まり、再び広島の猛攻が始まります。
先頭・丸に2塁打を打たれ、無死2塁。
続く鈴木誠也はファーストゴロ、カバーの桜井に送ってアウ…審判はセーフのコール。
「ええ!」
思わず叫びました。
足がベースから離れたと判定されたようですが、ビデオで見ると微妙な判定。
それにしても最近の広島戦では、このような変なプレイが多い気がする…(記録は内野安打)。

続く安部が四球で無死満塁とされると、エルドレッドにも四球で押し出し… 0−8。
堂林にはライトへの犠牲フライを打たれ、0−9。
 
會澤と九里を打ち取って、2点で止めました。

 
6回裏:
攻撃の前に「サイクロン」。
いつもは投手交代時に行う応援ですが、
「(投手が)打席に立ったから、間ができるからな」
と言うと、
「今日はタオルを回していないからやったんじゃない?」
身も蓋もない友人。
 
2打席連続見逃し三振の坂本は、ここではファーストフライ。
慎之助はいい感じで捉えたようにも見えましたが、ライトがウォーニングゾーンでキャッチ。
「うまく打ってるんだけどなあ」
思わず、口走ります。
 
この後、マギーがセンター前に抜けるヒットを打ちましたが、石川はセンターフライ。
ここも無得点で、攻撃を終わりました。

 
8回裏:
女性の応援団員が
「応援で点を取りましょう!」
と言うのに対し、
「『満塁ホームラン3本で逆転です』とか言わないな」
などと混ぜっ返す自分。
元ネタは大学野球です(例えばこれ)。念のため。
 
とはいえ、あまりの点差に内野席は青、空席が目立つようになっていました。
 
そして1番・長野からだったこの回も、九里の前に3人で攻撃終了。
大体、満塁ホームランがどうこう言った後、本当に満塁ホームランが出た試しが…

 
9回裏:
広島の投手はブレイシアに代わりました。
 
1アウトから、マギーがセンター前に抜けるヒット。ようやくこれでチーム4安打目。
しかし、石川はセンターフライ、脇谷は初球を打ち上げて、レフトフライ。
試合終了。0−9。
「ひっでえな…」
思わず、こぼしました…

 
長い試合でした。
一方的な試合展開、それも攻撃時間がほとんどない展開に、実際の試合時間(公式記録では3時間15分)以上の長さを感じました。
 
それで帰ってしまった人が多かったのか、通路はそれほど混んでいませんでした。
…負けたにも関わらず。
かくいう自分たちも、負けた悔しさは余りなく、
「今日はしょうがないよ」
などと言いながら帰りました。
正直、この頃には「負け」に慣れ始めていたのだと思う…

 
29G-Po(ジーポ)
オーロラビジョンに表示された時、「低っ!」と叫んでしまった…

|

« 2017年大晦日に | トップページ

ジャイアンツ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/66184742

この記事へのトラックバック一覧です: 弱気は…(5/27 広島カープ):

« 2017年大晦日に | トップページ