« アメフトの(試合の)話をしよう | トップページ | 5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(後編) »

5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(前編)

…あ、今年もJAMSTECの一般公開行けるじゃん。
そう思ったのは4月頃だったでしょうか。
…なに、「しんかい6500」実機の公開もあるの!?行くしかない。
と、すぐに追浜行きを決めた次第です。

そして、一般公開当日。
追浜駅を降りてシャトルバスの待機列に向かうと、そこには長い行列。
…あれ、去年よりも列が長い…。
ようやくバスに乗り込み、正門前に着くと、
…あれ、去年より(以下同文)
去年の3倍くらい長かったと思う。

雨だった去年と違い、天気に恵まれたからなのか。
はたまた、こんなゲームとのコラボがあったからなのか。
Photo
原因はよくわかりませんが(たぶん両方な気がする)、その人出にいろいろ苦しむことになりました。
とにかく、写真を中心に、見聞きできたものを書いていきます。
(以下、長文です。)

入場すると、そこには支援母船「よこすか」の姿。 
Photo_2
この写真では見切れていますが、この時すでに長蛇の列。
咄嗟に、考えを巡らせました。
…去年の経験では、午後になると空いてくるはず。後にしよう。
これが重大な判断ミスになるとは、この時には思いもよりませんでした。

とにかく、こうして「しんかい6500」の元へ。 
Photo_4
初めて見る、「しんかい6500」。
 
でも、深海展などで模型を見てきたせいか、初めてという気がしません。
Photo_3
 
それでも場所を変え、何枚も写真を撮りました。
Photo_5
やっぱり、目が行くマニュピュレータとバスケット。
 
それから、
Photo_6
こんな感じで、中が見えるようにもなっていました。
 
Photo_7
関連して、バラストや浮力材も置かれていました。
 
それから「しんかい6500」の覗窓も。
Photo_8
厚さが138mmとも140mmともいう(その場に2つの数字があった)、アクリル製の窓。
 
興味本位で、窓の「内側」から覗いてみましたが、こんなにクリア。
Photo_9
ドラマの「海に降る」はまだ見れていませんが、そのうち見たいものです。
いや、有○架純さんが見たいわけでは…あるけど。
 
 
閑話休題。
この「しんかい6500」の近くに「中の人」がいて、いろいろ説明してくれました。
「しんかい6500」の特徴は、直径2mにもなるチタン合金製の耐圧殻。
ここに人が入り、覗き窓から直接、肉眼で見ることができる。
緊急時に備え、5日分の酸素を積んでいて…
 
…ん?
「5日分の酸素を積んでいるということですが、万が一の時の救助方法はあるのですか?」
つい、聞くと、
「あまり聞かれたことなかったなあ…」
と言いつつも、教えてくれました。

  1. 先ずは重りを全て落とす。
  2. ボルトを爆破して(だったと思う)、腕(マニュピュレータ)やバスケットを分離する。
  3. ハッチ後方(だったかな?)から50mのロープを伸ばす。母船から1万mのロープを伸ばして引っ掛ける。

これなら深雪(「海に降る」の主人公)も安心だ。
もちろん、こんなことは今までやったことがないそうです。
 
ところで、後で知ったのですが、話を聞いた方は「しんかい6500」のパイロット。
…変なことを聞いてしまったな。
と後悔しました。
そりゃ、誰もあんなことを聞かないはずだ。
 
 
…「しんかい6500」の話を長々としてしまいました。
まとまりがありませんが、今回はここまでにして、他の場所は次回にしたいと思います。
 
 
最後に、この写真を貼っておきます。
去年の「リベンジ」に成功した数少ないもの、
Photo_10
名物の「ちきゅうカレー」。
見ての通りドライカレーなのですが、ピリッとした辛さと、卵焼きの甘さとが合わさった独特の味でした。

…ええ、福神漬けは大量に使用する貧乏性です。(何の話だ)

|

« アメフトの(試合の)話をしよう | トップページ | 5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/66777258

この記事へのトラックバック一覧です: 5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(前編):

« アメフトの(試合の)話をしよう | トップページ | 5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(後編) »