« 5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(後編) | トップページ | 2018年大晦日に »

リーチ。(12/22 インカレ決勝 駒澤大学@駒場)

…ちょっとホテルを調べてみるかな。
水曜日。
サッカーのインカレ準決勝で、堀池監督率いる順天堂大学を延長戦の末に破ったと聞くと、軽い気持ちで調べ始めました。
…あ、1件空いてる。あ、取れちゃった。
 
夏に体調を崩して以来、人の多い場所は避けていたのですが、だんだん気持ちが傾いてきました。
そして、決断しました。
…よし、行こう!
42年ぶりのインカレ優勝を見るために。
 
…というわけで(?)、久しぶりに更新してみます。

法政大学 1−0 駒澤大学

(以下、長文です)

決勝の相手は、駒澤大学。
準々決勝で、西澤健太君や三苫君がいる筑波大を破っています。
というか、私はちょっと古い人間なので、駒澤大学には強豪で、苦手なイメージがあります。
 
そんな駒澤大学に対する、法政のスタメンは以下のとおりです。
GK、吉田君。
DFは右から、黒崎君、前谷君、加藤君、高木君。
ボランチは末木君と大西君。
右に紺野君、左に森君、トップ下にディサロ君。
1トップに松澤君。
…これはBS朝日の放送を参考にしました。
期待の上田綺世(あやせ)君は、この試合もベンチスタートでした。
 
 
前半:
いろいろあって、着いたのは前半15分過ぎ。
…ユニフォームは白か。
法政はメインスタンドから見て、左から右に攻めていました。
もっとも風は無風で、空は曇っていたから(雨がポツリポツリと来ていたくらい)、あまり関係なさそうでした。
 
前半20分頃、駒澤側に座ってることに気づいて、やや法政側に席を移した直後。
駒澤のカウンターから、シュートがバーを直撃。
…あぶね。
そう思っていると、隣の人は残念そう。
…駒澤か?
まあ、ハーフウェイ付近の席だったから、不思議ではないんだけど…
 
着いた当初、法政有利に見えた試合は、ここに来て駒澤が支配しているようでした。
「相手へーす(ペース)」
とメモに書きつけたくらい。
 
それでも前半30分を過ぎると、法政もシュートを打ったり、右サイドの紺野君が個人技で魅せたりと、徐々に巻き返します。
しかし、いずれもシュートは枠を外れ、ゴールできません。
 
前半40分過ぎには、法政の右クロスをディサロ君が落とすチャンスも、GKが対応。
前半44分頃には、右CKや、その後にも高い位置で奪うチャンスがありましたが、結局、無得点で前半を終了。0−0。
 
…悪くないな。
駒澤に支配された時間もありましたが、守りきり、流れを取り戻したのはいい感じでした。
中でも紺野君のドリブルが効いていて、ボールを持つのが楽しみなくらいでした。
一方で、ちょっと気になったのは、前の2人。
…松澤君とディサロ君は合ってないのかな?
どうも、どちらかがボールを落としても、違う方向に走り出しているように見えて…
 
ハーフタイム中のツイートには、そうした気持ちが…

あ、全く書いてないな。

レインジャケットを取り出して着込み、周りの人が屋根の下に移動したのを見て、空いた席に移動。
これで気兼ねなく(以下略)

 
後半:
駒澤大学のキックオフで、後半開始。
法政はメインスタンドから見て、右から左に攻めます。

後半5分過ぎ、左スローインから中へクロスが上がります。
中で法政の選手(松澤君だった)がヘッドで狙いましたが、わずかに右。
「ああ…」
決定的なチャンスに声が出ました。
 
後半10分過ぎ、後ろからのパスにディサロ君が飛び出し、CKを獲得。
そのCKから立て続けにチャンスを迎えますが、ここも得点できません。
 
後半15分頃、駒澤の右(こちらの左サイドからの)クロスをCBが触って跳ね返すと、右サイドで拾った紺野君がドリブルで仕掛けます。
ハーフウェイ付近まで行ったところで倒されて、FKを獲得。
直後、法政が選手交代。
松澤君に代わって上田君。
期待の上田君の登場に、拍手が起こります。
…松澤君はディサロ君と噛み合っていなかったから、これで状況が変われば。
そんなことを思います。
 
そして、すぐに上田君が存在感を見せます。
後ろから、スペースに蹴られたボール(おそらく左のディサロ君を狙ったもの)に、上田君が追いつきます。
「速っ!」
そう言ってしまったくらいのスピード。
 
そのすぐ後には、右サイドで紺野君がドリブル。
グラウンダーの速いクロスは駒澤DFに引っかかりましたが、
…これで法政に流れがきそうだな。
そんなことを思います。
 
もっともその直後、危険な場面。
法政ゴール前での混戦から駒澤にボールがこぼれ、シュートされましたがわずかに左。
「あっぶね…」
これも、思わず声が出ました。
 
後半20分過ぎ、左からのクロスが中央の上田君に入ると、上田君は胸トラップから前を向いてシュート。
…決まった。
そう思い、腰を浮かせかけましたが、GKが至近距離で反応して右CK。
…あれを止めるか。
ちょっと驚きました。

 
…法政の方がいいサッカーをしているのに。
次第に焦れてきました。
…このまま延長戦になったら、3日前、準決勝で延長戦を戦っている法政が不利だ。
 
そんな後半25分過ぎ、法政の選手(森君だったらしい)がミドルシュート…も、バーを直撃。
…これも入らないのか。
そう思った次の瞬間、こぼれたボールにディサロ君が素早く反応。
息を呑む間もなく、ボレーシュートをゴールに決めました。
「おお!」
思わず立ち上がって叫ぶと、ディサロ君は遠く、バックスタンドで応援する部員達の所まで走って行き、喜びを爆発させました。1―0。
まあ、この行為でディサロ君にイエローが出たんだけど。
 
さらに後半30分過ぎにもチャンス。
右サイドのスペースにボールが出ると、法政の選手(黒崎君かな?)が追いついてクロス。
これを、ペナルティエリア内に進入した上田くんが胸トラップからゴールを狙いましたが、ブロックされました。


その後、FKからチャンスを作られる場面もありましたが、法政の選手は集中して駒澤の攻撃に対応。
それを見ているうちに、いろいろな感情が込み上げてきました。
10年前、本田拓也らを擁しても届かなかった、インカレ優勝。
…去年、総理大臣杯優勝という実績を持って臨み、それでも届かなかった、インカレ優勝。
届きそうで遠くに思えたインカレ優勝に、まさに届こうとしている。
…それも当たり前のように、勝つべくして勝とうとしている!
ちょっと、信じられない気持ちでした。
 
後半41分頃、法政の選手(誰かわからなかった)が右クロス。
中央で上田くんがヘディングシュートも、わずかに左に外れ。
…惜しい。
そう思いながら、拍手を送ります。
 
後半44分頃、ディサロくんから青柳くんに交代。
大きな拍手が起こると、ピッチを出たディサロ君もスタンドに向かって、拍手で応えました。
 
さらに末木君から鳥居君、紺野君から橋本陸君と立て続けに交代し、4分の追加タイムを消化
…と思われた、その時。
駒澤が速攻を仕掛け、左(こちらの右)サイドからクロス。
ところが、クリアするはずの選手(CB)が足を滑らせて、触れません。
…あ!!
肝を冷やしましたが、駒澤の選手にはわずかに合わず、ここもなんとか防ぎました。
間もなく試合終了。1−0。
試合が終わった瞬間、勝った法政の選手も何人かピッチに崩れました。

しばらくあってから、法政の選手達は観客に挨拶し、相手ベンチに挨拶。
それから改めてスタンドの観客に挨拶し、ベンチに戻ったところで、喜びを爆発させました。
 
 
この後、監督、主将とインタビューがあったんだけど、一番喜びを爆発させたのが、決勝点のディサロ君でした。
「最高でーす!」
と、どこかで聞いたような言葉。
最後にはバックスタンドを向いて、
「お前ら、最高だぞ!」
と他の部員達に向かって叫びました。

Photo

Photo_2

Photo_3

バックスタンドで声援を送っていた部員達に、「チャンピオン」のボードを渡したのにはちょっとグッときました。
 
 
さて、試合の感想です。
駒澤の攻撃を的確に守ったことが勝因で、上田君の投入で流れを呼び込んだことがキーポイントだったと思います。
ただ、一番思うのは、「ハードワークは裏切らないんだなあ」ということ。
ディサロ君は終始、積極的にプレスをかけ続けていて、あの瞬間も素晴らしい反応で詰めていました。
そういう選手が泥臭くゴール(※)したことに、報われた気がします。
※シュート自体はかっこいいです。
 
何はともあれ、サッカーも大学日本一。
今まで野球やラグビー、アメフトの大学日本一を見てきましたが、
…あのサッカー部が、ついに大学日本一か。
そういう思いがします。
私の在学中には、関東大学サッカーリーグ戦の1部にもいなかったから。
そこからここまで来たのは、長山監督や部員達を始め、ここに至るまで地道に努力をしてきた関係者のおかげでしょう。
そういう意味も含めて、改めて。

 
  42年ぶりのインカレ優勝、おめでとうございます!

|

« 5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(後編) | トップページ | 2018年大晦日に »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

法政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27053/67525086

この記事へのトラックバック一覧です: リーチ。(12/22 インカレ決勝 駒澤大学@駒場):

« 5/12 JAMSTEC横須賀一般公開(後編) | トップページ | 2018年大晦日に »